骨の成分と骨を強くするには

骨の成分とは

骨の成分は、リン酸カルシウムとタンパク質が70%、コラーゲンを主成分とする有機物が20%、そして水分が10%といわれています。


<スポンサードリンク>

骨を強くするには

骨を強くするには、適度な運動と日光浴、栄養が必要なんですね。

栄養はカルシウムとビタミンDが必要といわれているんです。

日光浴はカルシウムの吸収率を高めてくれるんです。

つまり、日光浴によってビタミンDは皮膚で作られ、そのビタミンDがカルシウムの吸収率を高めてくれるんですね。

カルシウムは腸で吸収されにくいといわれているんです。

ですので、吸収率の高い乳製品や小魚、大豆製品がを摂ることがいいんですね。

また、ビタミンKは骨の形成化を促す働きがあるんです。

ビタミンKは納豆やキムチなどの発酵食品、ホウレン草や小松菜に多く含まれています。

そして、骨は常に生まれ変わっていて、骨が古くなると壊され、新しい骨が作られているんですね。

しかし、骨の材料が不足すると、骨がスカスカになってしまい、骨折しやすくなるんです。

さらには、骨粗しょう症になったりするんです。

骨粗しょう症の予防には、カルシウムを1日700~800ミリグラム摂るのがよいといわれているんです。

この量はあんまり厳密に考える必要はなく、例えば、牛乳やチーズ、ヨーグルトや豆腐などカルシウムが豊富なものを、1日に2品食べるようにすると摂れる量なんですね。

また、加工食品で使われている食品添加物には、リンが多く含まれているんです。

このリンを過剰に摂ると、カルシウムの吸収を妨げるんですね。

また、食塩やカフェインの獲り過ぎは、カルシウムを尿で排出する作用があるんです。

また、骨を強くする運動として、骨に負荷がかかる運動が良いといわれているんです。

これもあまり難しく考える必要はなく、日常生活で散歩をしたり、階段の上り下りなどすることを心がければよいようです。

<スポンサードリンク>

カルシウムを摂る工夫とは

1日3食ちゃんと食べるようにするのがよいといわれています。

当たり前のことですが、カルシウム不足はもちろん、栄養が足りなくなると骨も体も弱ってくるんですね。

また、飲み物は牛乳や豆乳を飲むようにすると、カルシウムが多く摂れるようになりますよね。

コーヒーや紅茶にちょいとたらしもいいですよね。

スキムミルクもカルシウムが豊富に含まれていて、効率よくカルシウムを摂取できるといわれているんです。

スキムミルクは牛乳から脂肪分と水分をほとんど全て除去して、粉末状にしたものなんですね。

つまり、牛乳の脂肪分をメインに作られるバターや生クリームの真逆なんですね。

スキムミルクは牛乳の持つ豊富なたんぱく質とカルシウムを濃縮したものなんです。

また、骨まで食べられる煮干しやじゃこ、骨ごとすり身にしたつみれなども多くのカルシウムが摂れそうですよね。

これらをすりつぶして、粉末にしてふりかけにしてもいいかもしれませんね。

ビタミンDを摂るための工夫とは

ビタミンDは野菜や穀物、豆、イモ類には含まれていないんですね。

ビタミンDが多く含まれているのは、魚類やキノコ類なんです。

シイタケは紫外線にあたるとビタミンDが増えるといわれていて、シイタケを食べるときには、料理をする前に天日で干すといいんです。

干しシイタケも天日で干すと、ビタミンDが増えるんですね。

カルシウムを多く摂ったとしても、ビタミンDが少なければ、十分吸収されないんです。

ビタミンKを摂る工夫とは

ビタミンKは納豆に非常に多く含まれているんです。

また、納豆にはカルシウムやタンパク質も多く含まれているんです。

ビタミンKは緑黄色野菜にも多く含まれ、ビタミンKは脂溶性ビタミンなので、油を使った調理が相性がいいんです。

このビタミンKは吸収された カルシウムを骨に取り込むのを助けてくれるんですね。

骨の成分や骨を強くする方法を挙げてみましたが、参考にしてくださいね。

↓カルシウムの吸収率が違います↓

Pocket
LINEで送る

「骨の成分と骨を強くするには」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です