背中ニキビの原因や痛みや薬や治療方法は

背中ニキビの原因とは

背中ニキビは年齢や性別に関係なくできるといわれ、でき始めは角質や皮脂が毛穴に詰まって黄白色に盛り上がるようです。

症状が進行すると、炎症を起こして痛みを感じるようになるんです。

詰まった皮脂は酸化して黒くなったり、炎症を起こしたニキビが化膿して膿(うみ)がたまることもあるんですね。

そして、悪化することでニキビの跡が残りやすくなるんです。

背中には皮脂腺が多く、ニキビが発症しやすいんですね。

原因は皮脂や汗、肌の乾燥だけでなく、不規則な生活、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなども関係しているようです。

これらの要因でホルモンのバランスが乱れて、さらに体のバランスが崩れて、肌の生まれ変わりのリズムも乱れてニキビができやすくなるんですね。

またですね、背中ニキビは「毛のう炎」といわれる皮膚の病気の場合もあるんです。

細菌や真菌(カビ)が毛のう(毛穴)に侵入して繁殖し、炎症を起こし、赤くブツブツしたニキビができるんです。

背中の他に肩、首、デコルテ、胸、太もも、おしりなどにもできるといわれているんです。

一見普通のニキビのように見えるんですが、周りが赤く表面に膿のたまったポケット状のくぼみがあるんです。

原因となる細菌や真菌はもともと人間の皮膚に存在する常在菌のようです。

それらが毛穴に入り込んで繁殖し炎症を起こすんですね。

汗などによるムレ、皮脂の汚れ、傷や摩擦での刺激、枝毛、紫外線などが原因といわれているんですね。

スポンサードリンク

背中ニキビが痛いのはなぜ?

背中ニキビは他の部分より目が届きにくいため、悪化しやすいんですね。

背中は服で擦れて刺激を受けやすく、角栓が詰まってニキビができやすいんです。

背中にニキビができても気づきにくいため、痛みやかゆみを感じて、初めてニキビに気づくんですね。

背中は他の部分より皮脂の分泌が多く、角質も厚くなりがちでニキビができやすいんです。

そして、ニキビが痛くなる原因は炎症によるものなんですね。

内臓の不調がニキビに出ることもあり、その場合には顔よりも背中にできることが多いといわれているんです。

油分の多い食事を摂りすぎて内臓が消化しきれないため、背中ニキビとして外に出てしまうんです。

糖分の過剰摂取も消化に負担がかかるんです。

またですね、背中ニキビはヘルペスの一種であることもあるんです。

ヘルペスウイルスは人間が持っているウイルスで、免疫力が低下したときに突然発症するんです。

皮膚炎の一種で強いかゆみや痛みがあるんですね。

さらにですね、肝機能の低下によって背中ニキビができることもあるようですね。

スポンサードリンク

背中ニキビの薬とは

背中ニキビの症状が軽い場合には市販薬でも治療できるといわれているんです。

背中ニキビの原因によって治療薬も異なるので、原因に応じた成分が配合されている市販薬を選ぶようにするのがいいんですね。

クロマイ―N軟膏(第一三共ヘルスケア)

市販薬で唯一抗真菌成分を配合した皮膚治療薬なんですね。

首、デコルテ、背中などの化膿したブツブツの原因菌に効くようです。

患部を保護して伸びのよい軟膏なのでジュクジュクした患部からサラサラした患部まで幅広く使用できるようです。

クリアレックスWi(第一三共ヘルスケア)

これは臭いやニキビなどの肌のトラブルとなる雑菌を殺菌洗浄してくれるんです。

清潔な皮膚環境を作り肌トラブルを防いでくれるようです。

背中ニキビはアクネ菌が原因で起こる一般的なニキビと異なることもあるんです。

真菌が原因で起こる毛のう炎の場合には、細菌や真菌の感染や増殖を抑えたり、皮膚の炎症を抑えたりする薬を使う必要があるんですね。

背中ニキビの治療方法は

背中ニキビの治療は毎日の生活で治療していくことが大切なんですね。

過剰に出た皮脂や毛穴の詰まりを落とすために、洗浄成分の強い石鹸などを使いゴシゴシ洗うのはよくないんですね。

必要な皮脂まで落とすのは、乾燥肌の原因になってしまうんですね。

そうなると乾燥から肌を守ろうとして、皮脂の分泌が多くなることがあるんです。

炎症を鎮めるためには石鹸をしっかり泡立てて柔らかいタオルで優しく洗うことが大切なんです。

そして、すすぎ残しのないようにすることも。

またですね、背中のスキンケアのためには食事も大切なんです。

ビタミンAは皮膚を強くしたり、細胞の老化を抑制してくれるんです。

ビタミンAを多く含むのは、ホウレンソウ、ニンジン、カボチャ、大葉、海苔などの緑黄色野菜などなんです。

ビタミンB群は脂肪の代謝を促進する働きがあるため、皮脂分泌の抑制と細胞の再生を促してくれるんです。

ビタミンB群を多く含むのは、豚肉、豆類、レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品、魚類などなんです。

ビタミンCは細胞と細胞をつなぐコラーゲンを生成したり、皮膚や血管の老化を抑制してくれるんです。

ビタミンCを多く含むのは、果物、野菜、イモ類などなんです。

ビタミンCは水に溶けやすく、熱にも弱い性質なので生で食べるのが一番なんですね。

背中ニキビについていろいろ話しましたが、参考してくださいね。



Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です