インフルエンザのウイルスの潜伏期間や予防法とは?

インフルエンザの症状とは

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染する感染症なんですね。

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型があり、人に流行を起こすのはA型とB型なんです。

A型は人以外に豚、馬などの哺乳類や鴨、鶏など鳥類などにも感染するといわれているんです。

そして、A型、B型のインフルエンザの流行には季節性があり、国内では例年12月~3月に流行するんです。

短期間で多くの人に感染し、感染者の数は国内で推定1,000万人ともいわれているんです。

症状は咳やのどの痛みなどの呼吸器の症状、高熱、全身のだるさ(倦怠感)、食欲不振などの全身症状なども強いんですね。

また、頭痛、関節痛、筋肉痛など呼吸器以外の症状も伴うといわれているんです。

合併症として気管支炎、肺炎、中耳炎などもみられ、重大な合併症には急性脳症(インフルエンザ脳症)や重症肺炎になるともいわれています。

スポンサードリンク

インフルエンザと風邪の違いとは

風邪はさまざまウイルスなどによって起こる病気で、風邪の症状はのどの痛み、鼻汁、くしゃみ、咳などが中心で、強い全体症状はみられないといわれているんです。

発熱してもインフルエンザほど高熱にはならず、重症化することもないといわれます。

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで起こる病気といいましたが、普通の風邪のようなのどの痛み、鼻汁、咳などの症状もみられるとともに、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身のだるさ(倦怠感)など、比較的急速に同時に現れるんですね。

スポンサードリンク

インフルエンザウイルスの潜伏期間とは

インフルエンザウイルスの潜伏期間はわずか1~2日といわれ、非常に短いのが特徴なんですね。

インフルエンザの兆候は体のだるさ、強い悪寒、鼻腔やのどの乾燥などなんですね。

そして、インフルエンザウイルスは飛沫感染や接触感染により感染するんですね。

発症したことが確認されると、学校への出席はできないと、学校保健安全法という法律で決まっているほどなんです。

また、インフルエンザは発症する1日前から感染力を持っているといわれているんです。

インフルエンザウイルスの潜伏期間が1~2日なので、感染した当日から感染力を持っていることになりますよね。

つまり、発症前から感染力を持っているので、感染拡大を止めることは難しいといわれているんです。

感染力は発症後一週間程度まで持続し、特に発症してから3日ほどでピークに達するといわれているんです。

そして、インフルエンザウイルスは8時間で100倍に増殖するともいわれています。

わずか1つのウイルスが一昼夜24時間の間に、100万個にも増殖するんですね。

インフルエンザウイルスが数千万に達すると症状が現れるんですね。

しかし、発症後3日目以降はウイルスが減少に転ずるともいわれているんですね。

インフルエンザの予防方法は

インフルエンザの予防対策として、有効な手段の一つがワクチンの接種だといわれています。

季節性インフルエンザワクチンは、予防効果が期待できるのは接種から2週間から5か月程度までといわれています。

特に、高齢者や糖尿病の疾患を持つ人には予防接種が勧められるようです。

糖尿病の人は血糖コントロールがよくない状態が続くため、インフルエンザなどの感染症に対する体の免疫機能が低下している場合があるんですね。

インフルエンザワクチンはそのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造されているです。

インフルエンザの予防に十分な免疫を保つためには、毎年ワクチン接種を受けたほうがいいんですね。

ただですね、インフルエンザにかかるにはインフルエンザウイルスが体の中に入ってくるといいましたが、これをワクチンで防ぐことはできないんですね。

ですので、ウイルスを近づけないためには、手洗いやうがいなどが大切なんですね。

感染経路は飛沫感染や接触感染といいましたが、感染者の咳やくしゃみからウイルスを含んだしぶきが飛び散り、周囲にいる人が口や鼻から吸い込むことによって感染するんですね。

インフルエンザが流行してきたら、人込みや繁華街をできるだけ避けることも大切なんです。

人混みに入る可能性がある場合には、ある程度飛沫を防ぐことのできる不織布(ふしょくふ)製マスクをつけることも大切なんですね。

「不織布」とは「織っていない布」のことで、元々、「医療用マスク」の素材として一般的だったようです。

現在では家庭用マスクの大半を、この「不織布」が占めているそうです。

手洗いは手指などについたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法で、外出後の手洗いやうがいは予防のためには大切なことなんですね。

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下してインフルエンザにかかりやすくなるといわれているんです。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使って適切な湿度(50%~60%)に保つと効果的だといわれています。

体の抵抗力を高めるためには十分な休養とバランスの取れた食事も大切なんですね。

さらに、歯磨きもインフルエンザ予防になるそうなんですね。

歯磨きをしないとインフルエンザに感染しやすくなるといわれているんです。

口腔内の細菌は、インフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素を出すといわれています。

口腔を不潔に保っているとインフルエンザに感染しやすくなるんですね。

歯周病による炎症もウイルス感染を促進させるんです。

インフルエンザウイルスは口腔内雑菌の出す「ノイラミニダーゼ」という酵素で増殖するので、口腔内雑菌を減少させることも大切なんですね。

いろいろインフルエンザについてお話ししましたが、参考にしてくださいね。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です