ワキガの治し方や子供にしてあげること

ワキガとは

ワキガとは、アポクリン腺の過剰分泌によりわきから特有な臭いを発する状態をいうんですね。

アポクリン腺からの汗は無臭なんですが、低級脂肪酸を含んでいて、それが皮膚の表面の細菌によって酸化され臭いを発するんです。

さらに、アンモニアなども加わって不快な臭いになるんです。

ひとつの毛穴から2本の毛が生えている人などわき毛が密集している人は、アポクリン腺が多い傾向だといわれているんです。

わき毛の量が多く毛太い人はワキガの確率が高いんですね。

ただ、脱毛や剃毛すると臭いが軽減するといわれているんです。

耳の中もアポクリン腺が多いところで、耳垢が湿ってベタベタしている人は、わきにもアポクリン腺が多い可能性があるといわれているんです。

耳の中の毛が太く多い人もワキガの可能性が高いんですね。

また、ワキガは優性遺伝といわれ、両親がワキガの場合は高い確率で遺伝するんです。

アポクリン腺から出る汗は粘り気があり洋服につくと黄ばむので、服のわきの部分が黄ばんだり、茶色く変色している場合にはワキガの可能性が高いんですね。

また、わき毛に白い粉状ものが付いているような場合、これはアポクリン腺から出る汗の結晶である可能性があるんです。

またですね、脂肪が多く肉を好む人ほど臭いが強いといわれているんです。

でもですね、和食中心の生活に変えると、臭いは軽減するといわれているんです。

さらに、ワキガの人は他の人比べて自律神経の不安定な人が多いともいわれているようです。

そして、たばこの臭いと混じったりすると不快さが増すともいわれているんです。

また、化学繊維であるポリエステル、レーヨンは臭いを増強するので、コットンやウールなどの天然繊維は臭いを抑えてくれるんですね。

また、物事を深く考えすぎたり、緊張しすぎると自律神経のバランスが崩れて汗や臭いが増えるといわれていますので、できるだけリラックスするのがいいんですね。

ただですね、アポクリン腺はほとんどの人が持っていて、身体から毒素を出してくれる大切な働きをしてくれるんですね。

手術で取り除く方法もあるんですが、できればメスを入れずに治す方法を取った方がいいんですね。

欧米ではワキガは生理的現象の一つとされ、不快に思う人は少なく治療する人はほとんどいないんですよ。

体臭のきつい白人や黒人は日本人の数倍アポクリン腺が多いといわれているんですね。

ワキガの男女比はやや女性が多いようで、平均発症年齢は男性で18歳、女性で16歳といわれ、性周期とも関係があり、生理中に臭いが強くなることがあるようですね。

また、臭いは汗の量に比例するようで、発症時期は夏が最も多いようですね。

スポンサードリンク

ワキガの治し方とは

ワキガはわきの汗そのものが臭っているわけではなく、わき汗を放置することで雑菌や皮脂などと反応することでワキガに変化しているんですね。

ですので、わきを清潔な状態に保つだけで臭いの発生を抑えることができるんです。

わき汗をかいたらボディシートなどでこまめに拭き取ったり、汗が付着したままの服を長時間着ないようにしたり、消臭効果のある洗剤を使って服を洗うことでかなり臭いを抑えることができるんですよ。

入浴時にはわきを丁寧に洗ったり、さらにはお風呂の湯船に重曹を入れると、弱アルカリ性の重曹には体臭などを中和消臭してくれる作用があるんですね。

家庭サイズのお風呂の湯船に、重曹を大さじ3杯くらい入れるだけですので簡単ですよね。

また、湯船に酢を入れるんです。

酢に含まれるクエン酸は疲労回復だけでなく殺菌効果があり、ワキガの原因である雑菌の増殖や活動を抑えてくれるんですね。

酢を入れる量は湯船に200mlぐらいでいいんですね。

さらに、肉類や乳製品、油分の多い食事は控えるようにするんです。

梅干しやメカブなどのアルカリ性の食品や緑茶はワキガを抑えてくれるんですね。

脂質や動物性タンパク質の多い食べ物を過剰に摂取すると、アポクリン腺を刺激してワキガ臭を強くしてしまうんです。

肉類や油分の多い食事を摂るなら、その倍の野菜を食べるようにしたり、梅干しなどのアルカリ性のものを食べるようにするのがよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

ワキガの子供へしてあげられること

ワキガの発症は思春期が一番多いんですが、小さい子供の頃から臭いが出ることもあるんです。

子供のワキガに気づいたらしてあげることは、肉類や油分の多い食事は控えるようにしてくださいね。

肉やインスタント食品はアポクリン腺を刺激するんです。

魚や野菜、大豆の含まれるものなど食生活のバランスを取ってあげてくださいね。

子供の食生活のバランスを取ってあげることができるのは、お母さんお父さんだけですからね。

ストレスや疲労は汗をかきやすくなるだけでなく、アポクリン腺を刺激するんです。

子供のストレスや疲労がたまっていると感じたなら、無理はさせないようにしてあげてくださいね。

ワキガは汗の量と比例するので、できるだけ汗をかかないように生活している子供もいるようですが、日常的に汗をかく習慣がないと、汗をかいたときの臭いが強くなってしまうんですね。

普段排出されなかった老廃物がわきから一気に出てしまうんです。

臭いのもととなる雑菌が大量に繁殖してしまうんですね。

汗を流すための運動をしなくても、毎日お風呂の湯船につかる習慣をつけさせることで、お風呂で汗を流すようにすると、周りを気にすることもなく臭いも汚れも落とせますよね。

また、毎日、学校に替えのシャツや着替えを持たせてあげると臭いを抑えることができそうですよね。

いろいろワキガについてお話ししましたが、参考にしてくださいね。



Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です