美容」カテゴリーアーカイブ

女性の薄毛や抜け毛の原因や育毛方法は?

女性の薄毛や抜け毛の原因は?

女性の場合、薄毛・抜け毛の原因は主に女性ホルモンが原因なんですね。

出産後に急に髪が薄くなる人が多いのは、ホルモンバランスが変化するためなんです。

ホルモンに影響する薬を飲んだ場合や過労でホルモンバランスが崩れた場合なども薄毛や抜け毛になってしまうんです。

抜け毛の原因となるのは女性ホルモンのエストロゲンで、このエストロゲンは卵胞ホルモンといわれるんです。

これは女性らしい体を作るホルモンなんですね。

肌や髪の潤いを守ったり、女性特有の丸みを帯びた体を作ったり、女性の体全体の健康を支えているんですね。

また、脳や自律神経にも働きかけるんです。

女性が一生のうちに分泌するホルモンの量はティ―スプーン1杯といわれ、このわずかな量に女性の美と健康が関与しているんですね。

この女性ホルモンは増やすことができないんです。

そして、分泌量は年齢と共に大きく変化し、そのピークは20代後半から30代前半、30代後半になると分泌量は徐々に低下し、減少し続けるんです。

卵巣の中の卵胞が減っていき、特に45~55歳には激減するといわれているんです。

女性ホルモンのエストロゲンは、実は妊娠時には増えているんです。

それに伴い髪の毛も増えているんですね。

出産後、エストロゲンは正常な分泌量に戻るため、その結果、増えていた分の髪の毛が元の髪の毛の量に戻ってしまうんです。

そのため、髪の毛が抜けるんです。

ですので、髪の毛が抜けるのは正常なんですね。

そして、抜け毛はホルモンバランスが正常に戻るころ、1年後ぐらいにはおさまるんです。

閉経(更年期)のホルモンバランスの変化でも薄毛や抜け毛になることが多いんです。

これはエストロゲンの分泌が激減することによるんですね。

これは放っておいても改善しないんです。

これも病気ではなく当然のことで、変化が起きていることを受け入れながら対策していくことが大切なんですね。

エストロゲンが増えることはないので、育毛剤や育毛シャンプーを使って育毛してくことが大切なんですね。

そして、育毛対策は継続が大切なんです。

育毛剤や育毛シャンプーの効果が現れるのは半年ごといわれているんですね。

スポンサードリンク

女性の髪の毛の生える周期は?

エストロゲンがバランスよく分泌されると髪は健康になるんです。

エストロゲンの働きで髪が生えて抜ける周期が整い、毛の成長期が長くなり1本1本がしっかりと育つんですね。

日本人の髪の毛は平均で10万本あり、毎日50~70本の髪の毛が生え替わっているんです。

秋には少し増えて1日に100本~200本は抜けるんです。

毛の生え替わりは遺伝子の影響もあるといわれていますし、夏バテや紫外線のダメージも影響しているといわれているんですね。

年齢と共に成長期毛の割合が減ってくるため、秋の抜け毛が気になるんですね。

髪は一定の周期で生えたり抜けたりを繰り返していて、このサイクルをヘアサイクルというんです。

髪はある程度成長すると、約3週間の退行期に入って成長が止まるんです。

次の成長期に備えて抜け落ち、休止期に入るんですね。

休止期は3か月でこれが終わると、髪の毛は再び数年間の成長期に入るんです。

このヘアサイクルが正常に保たれることで髪の総数が常に一定に保たれるんですね。

スポンサードリンク

女性の育毛のためのシャンプーのやり方とは

実はですね、正しくシャンプーしていれば抜け毛が増えることはないともいわれているんです。

頭皮は清潔で血行が良い状態に保たれていないと新しい毛は生えないんです。

シャンプーの回数は1日に1回か、2日に1回、乾燥肌の人は元々脂分が少ないので頻繁に洗うと頭皮がカサカサになるんですね。

頭皮の状態をみてシャンプーをお休みする日を決めるのがよいかもしれませんね。

脂性の人は毎日でもいいんですが、1日2回だと皮脂を摂り過ぎるので頭皮が逆に皮脂を過剰に分泌する可能性があるんです。

髪の毛が育つ夜の時間に最もきれいな頭皮でいるために、夜にシャンプーするのがいいんです。

シャンプーの方法ですが、まず髪を洗うためにブラッシングをするんです。

乾いた髪の状態でホコリを落とし、髪の絡まりやもつれを取ることで、シャンプーのときに髪を引き抜いてしまうのを防ぐんですね。

頭皮の皮脂はお湯の温度が高くなれば落ちやすくなり、温度が低ければ落ち方が穏やかになるんですね。

適度なぬるま湯ぐらいの38~39度ぐらいが最適で、熱すぎると頭皮を痛めるし、ぬる過ぎると汚れが落ちないんですね。

シャンプーは髪になじませて指の腹で頭皮を優しくマッサージするんです。

新しく生えてくる髪の毛は摩擦に弱いので、ゴシゴシと頭皮をこすると摩擦で若い毛(新毛)をどんどん抜いてしまうんですね。

指を頭皮にしっかり密着させて、一切こすらず小刻みに頭皮を揺り動かすようにマッサージするんです。

頭皮と指の間に一切摩擦をおこさないように。

頭皮を動かすことで毛穴が絞られ、皮脂が落ちるんです。

頭皮の血行もよくなり、新しい毛が育ちやすくなるんですね。

洗い終わったらシャンプーをきれいに洗い流します。

頭皮にシャンプーが残らないようにすすぎます。

そして、血行がよくなり、きれいになった毛穴には育毛剤などが入りやすくなり、さらに血行がよくなり新毛が育ちやすくなるんですね。

女性の育毛についていろいろ話しましたが、参考にしてくださいね。



おでこやこめかみのニキビができる原因や予防法は

おでこにニキビができる原因や予防法は

おでこには皮脂を分泌する皮脂腺が多く集まっているんです。

皮脂腺とは皮脂を分泌する器官で、男性ホルモンが多くなると皮脂分泌が過剰になるんです。

皮脂は皮膚の表面を覆うことで、乾燥や菌の増殖から皮膚を守る働きがあるんです。

皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まってしまい、皮脂が詰まった毛穴ではアクネ菌が増えて炎症が起こりやすくなるんです。

アクネ菌は皮膚に存在する細菌で空気があると生きられないので、毛穴の奥に存在し皮脂の汚れを栄養として増殖するんです。

皮脂の分泌は大人になると落ち着いてくるんですが、ストレスや睡眠不足などホルモンバランスが乱れてくると皮脂が過剰に分泌されるんですね。

それで大人でもニキビができるんですね。

ストレスや睡眠不足は自律神経に影響を及ぼして免疫力を弱めるため、ニキビ菌を増殖させるんです。

ストレスを感じた時に男性ホルモンであるアンドロゲンが体内で増え、男性ホルモンは皮膚を硬くし、皮脂の分泌を促す作用があるので、ニキビの原因となるんですね。

思春期のニキビは、男性ホルモンの分泌が活発になることで皮脂腺が刺激され、必要以上に皮脂が分泌されることが原因なんですね。

思春期は毛穴が小さく分泌された皮脂が詰まりやすいためニキビができやすいんですね。

また、皮脂が少なくなり過ぎてもニキビはできるるんです。

洗顔のし過ぎはニキビの原因となり、皮脂を摂り過ぎると逆に皮脂を分泌する働きが強くなるんです。

また、ニキビの原因として、おでこに触れる髪の毛やシャンプーなども注意が必要なんですね。

髪には汚れやホコリがついていて、アクネ菌の栄養となってしまうんですね。

シャンプーのすすぎ残しもアクネ菌の栄養となるんですね。

スポンサードリンク

ニキビの初期段階が白ニキビといわれ、皮脂がたまって毛穴が詰まった状態で盛り上がり、小さな点になるんです。

白ニキビの毛穴が開いて皮脂が酸化して黒くなるのが、黒ニキビなんです。

シミやホクロのように見えるんです。

白ニキビが悪化して赤く腫れ、炎症が起きた状態を赤ニキビというんです。

アクネ菌が皮脂を栄養にして増殖している状態で治療をしないと、ニキビ跡になることもあるんですよ。

赤ニキビの炎症がひどくなり、黄色い膿が出るのを膿ニキビというんです。

ニキビを作らないためには洗顔が一番大切なんですね。

肌を清潔に保つことが最も大切なんですね。

皮脂やメイク、汗、汚れなどを洗顔できれいに落とすようにするんです。

おでこから鼻筋のTゾーンを中心に、皮脂の多いところから優しく洗っていきます。

決してゴシゴシと洗ってはいけませんよ。

優しく顔全体を洗っていき、洗顔料が顔に残らないように十分にすすぎます。

清潔なタオルで水分だけをとるように優しく拭き取ります。

また、タオルや枕カバーなど顔に触れるものは清潔にしておくことも大切なんですね。

また、髪の毛がニキビに触れていると、髪の毛の雑菌に触れてしまい、ニキビを悪化させてしまいます。

髪の毛がニキビに当たることで刺激されて、悪化につながることもあるんです。

ですので、ヘアスタイルをニキビに触れないようにスッキリすることもよいかもしれませんね。

さらに、野菜を多く摂るようにして便秘を予防することも大切なんです。

便秘になると自律神経の働きが悪くなり、皮膚の血行が悪くなるためニキビができやすくなるんですね。

ビタミンB群には皮脂分泌を抑える作用があり、肌を健康にしてくれるビタミンB2はレバー、イワシ、納豆、豚肉、キノコなどに多く含まれるんです。

ビタミンB6は皮脂分泌を抑え、タンパク質の代謝を助け新陳代謝を促す働きがあるんですね。

ビタミンB6を多く含むのは、牛レバー、バナナ、マグロ、大豆、卵などなんですね。

肉類などの動物性脂肪は摂り過ぎると体内に蓄積し、皮脂の過剰分泌を引き起こすんです。

糖分もエネルギーとして使われなかったものが脂肪分となって蓄積するんです。

また、アルコールや刺激物は毛細血管を拡張させて皮脂腺を刺激するんです。

さらに、睡眠をしっかりとることも大切なんです。

睡眠はただ体を休めているのではなく、成長ホルモンを分泌しながら新陳代謝を繰り返し、皮膚や骨、筋肉などを新しく作ったり修復しているんですね。

睡眠不足では肌の免疫力が下がり、ニキビを悪化させてしまうんですね。

スポンサードリンク

こめかみのニキビができる原因は

こめかみも皮脂腺が多く集まっていて皮脂分泌が盛んな場所なんです。

また、髪の毛が触れることが多い場所でもあるんですね。

髪の毛についているホコリや汚れ、雑菌、シャンプーが毛穴に入り込んでしまい、毛穴を詰まらせアクネ菌の栄養となるんですね。

それとですね、肌にニキビができる原因の一つとして内臓障害が関係しているともいわれているんです。

こめかみは肝臓、腎臓の不調、おでこは胃腸の不調といわれているんです。

肝臓が不調になると栄養を貯蔵したり、解毒したりする作用が低下するんですね。

腎臓が不調になると、老廃物を排泄する作用が低下します。

胃腸が不調になると、消化機能が低下します。

睡眠不足やストレスで体が疲労していると内臓機能が低下し、肝臓に疲労がたまることで血液の浄化機能が低下し、腎臓に疲労がたまると老廃物を排除できなくなるんですね。

そしてですね、内臓の疲れや栄養バランスの悪さによって余分な栄養分や分解、解毒できなかった毒素が血液に乗って、ニキビとして現れるんですね。

ニキビについていろいろお話しましたが、参考にしてくださいね。



背中ニキビの原因や痛みや薬や治療方法は

背中ニキビの原因とは

背中ニキビは年齢や性別に関係なくできるといわれ、でき始めは角質や皮脂が毛穴に詰まって黄白色に盛り上がるようです。

症状が進行すると、炎症を起こして痛みを感じるようになるんです。

詰まった皮脂は酸化して黒くなったり、炎症を起こしたニキビが化膿して膿(うみ)がたまることもあるんですね。

そして、悪化することでニキビの跡が残りやすくなるんです。

背中には皮脂腺が多く、ニキビが発症しやすいんですね。

原因は皮脂や汗、肌の乾燥だけでなく、不規則な生活、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなども関係しているようです。

これらの要因でホルモンのバランスが乱れて、さらに体のバランスが崩れて、肌の生まれ変わりのリズムも乱れてニキビができやすくなるんですね。

またですね、背中ニキビは「毛のう炎」といわれる皮膚の病気の場合もあるんです。

細菌や真菌(カビ)が毛のう(毛穴)に侵入して繁殖し、炎症を起こし、赤くブツブツしたニキビができるんです。

背中の他に肩、首、デコルテ、胸、太もも、おしりなどにもできるといわれているんです。

一見普通のニキビのように見えるんですが、周りが赤く表面に膿のたまったポケット状のくぼみがあるんです。

原因となる細菌や真菌はもともと人間の皮膚に存在する常在菌のようです。

それらが毛穴に入り込んで繁殖し炎症を起こすんですね。

汗などによるムレ、皮脂の汚れ、傷や摩擦での刺激、枝毛、紫外線などが原因といわれているんですね。

スポンサードリンク

背中ニキビが痛いのはなぜ?

背中ニキビは他の部分より目が届きにくいため、悪化しやすいんですね。

背中は服で擦れて刺激を受けやすく、角栓が詰まってニキビができやすいんです。

背中にニキビができても気づきにくいため、痛みやかゆみを感じて、初めてニキビに気づくんですね。

背中は他の部分より皮脂の分泌が多く、角質も厚くなりがちでニキビができやすいんです。

そして、ニキビが痛くなる原因は炎症によるものなんですね。

内臓の不調がニキビに出ることもあり、その場合には顔よりも背中にできることが多いといわれているんです。

油分の多い食事を摂りすぎて内臓が消化しきれないため、背中ニキビとして外に出てしまうんです。

糖分の過剰摂取も消化に負担がかかるんです。

またですね、背中ニキビはヘルペスの一種であることもあるんです。

ヘルペスウイルスは人間が持っているウイルスで、免疫力が低下したときに突然発症するんです。

皮膚炎の一種で強いかゆみや痛みがあるんですね。

さらにですね、肝機能の低下によって背中ニキビができることもあるようですね。

スポンサードリンク

背中ニキビの薬とは

背中ニキビの症状が軽い場合には市販薬でも治療できるといわれているんです。

背中ニキビの原因によって治療薬も異なるので、原因に応じた成分が配合されている市販薬を選ぶようにするのがいいんですね。

クロマイ―N軟膏(第一三共ヘルスケア)

市販薬で唯一抗真菌成分を配合した皮膚治療薬なんですね。

首、デコルテ、背中などの化膿したブツブツの原因菌に効くようです。

患部を保護して伸びのよい軟膏なのでジュクジュクした患部からサラサラした患部まで幅広く使用できるようです。

クリアレックスWi(第一三共ヘルスケア)

これは臭いやニキビなどの肌のトラブルとなる雑菌を殺菌洗浄してくれるんです。

清潔な皮膚環境を作り肌トラブルを防いでくれるようです。

背中ニキビはアクネ菌が原因で起こる一般的なニキビと異なることもあるんです。

真菌が原因で起こる毛のう炎の場合には、細菌や真菌の感染や増殖を抑えたり、皮膚の炎症を抑えたりする薬を使う必要があるんですね。

背中ニキビの治療方法は

背中ニキビの治療は毎日の生活で治療していくことが大切なんですね。

過剰に出た皮脂や毛穴の詰まりを落とすために、洗浄成分の強い石鹸などを使いゴシゴシ洗うのはよくないんですね。

必要な皮脂まで落とすのは、乾燥肌の原因になってしまうんですね。

そうなると乾燥から肌を守ろうとして、皮脂の分泌が多くなることがあるんです。

炎症を鎮めるためには石鹸をしっかり泡立てて柔らかいタオルで優しく洗うことが大切なんです。

そして、すすぎ残しのないようにすることも。

またですね、背中のスキンケアのためには食事も大切なんです。

ビタミンAは皮膚を強くしたり、細胞の老化を抑制してくれるんです。

ビタミンAを多く含むのは、ホウレンソウ、ニンジン、カボチャ、大葉、海苔などの緑黄色野菜などなんです。

ビタミンB群は脂肪の代謝を促進する働きがあるため、皮脂分泌の抑制と細胞の再生を促してくれるんです。

ビタミンB群を多く含むのは、豚肉、豆類、レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品、魚類などなんです。

ビタミンCは細胞と細胞をつなぐコラーゲンを生成したり、皮膚や血管の老化を抑制してくれるんです。

ビタミンCを多く含むのは、果物、野菜、イモ類などなんです。

ビタミンCは水に溶けやすく、熱にも弱い性質なので生で食べるのが一番なんですね。

背中ニキビについていろいろ話しましたが、参考してくださいね。



顔のたるみをリフトアップと美顔器で解消する

顔のたるみをリフトアップで解消する

顔は皮膚と筋肉と骨で構成されていて、顔の土台は筋肉なんですね。

つまり、筋肉が引き上がれば、自然と顔の皮膚も引き上がるんですね。

顔の筋肉は表情筋といい、表情を作る目的の筋肉なんですね。

土台の表情筋を鍛えれば、くっついている皮膚も一緒に引き上がってくるわけなんです。

逆に表情筋が弱って緩むと、表情筋にくっついている皮膚も一緒に緩んでいくんですね。

たるんだ顔をリフトアップするには、表情筋を鍛えなければならないんですね。

まずは、おでこのリフトアップからです。

おでこが凝ると皮膚が緩んでくるらしいんです。

そのたるみが目の上にのしかかり、まぶたが重く垂れて目が小さくなるんですね。

おでこは疲れや緊張が蓄積しやすい部位といわれ、顔の中で最も凝りやすいんですね。

両手の手の平でおでこを覆い、手の平でおでこを上下に動かしマッサージします。

上に動かした時に10秒キープし、下げます。

これを10回行います。

このときに眉毛が上下に動くのを意識します。

両手でおでこを覆うのは、おでこのしわを作らないためなんですね。

やっていくと血行がよくなっていくのを感じることができますよ。

次に目元のリフトアップです。

目元の皮膚はとてもデリケートで、皮膚が薄く皮脂腺も少ない部位なんですね。

加齢によってコラーゲンとエラスチンが少なくなると、ハリがなくなり弾力が失われてしまうんですね。

目の周りの筋肉が衰えることで、ハリが失われた皮膚は重力に逆らうことができず、下へ下へ下がっていくんですね。

これが目のたるみになっていくんですね。

目の周りの筋肉を眼輪筋といい、この眼輪筋は目を閉じる時に使われる筋肉なんです。

テレビやパソコン、スマホをずっと見ていると、瞬きの数が減ってしまいますから眼輪筋が衰えてしまうんですね。

眼輪筋を鍛えるには、まず目をギュッと閉じ5秒間キープし、思いっきり見開きます。

これを3回ぐらい繰り返します。

これだけで目を閉じる筋肉が鍛えられ、目元のリフトアップになるんですね。

簡単でしょ、気が付いたときにでもできそうですよね。

次に頬のリフトアップです。

頬には3つの筋肉があるんです。

頬をふくらましたり、へこましたりする筋肉を頬筋(きょうきん)といいます。

何度か頬をふくらましたり、へこましたししてみてくださいね。

どこの筋肉が鍛えられているかがわかりますからね。

ウインクをした時に上に上がる筋肉を小頬骨筋(しょうきょうこつきん)といい、ウインクを何回か繰り返していると、どこの筋肉が鍛えられているのがわかりますよ。

「せっ」といった時に上がる筋肉あり、これを大頬骨筋(だいきょうこつきん)といい、試しに鏡を見ながら「せっ」言ってみてくださいね。

これも何度が繰り返していると、頬のどこの筋肉が鍛えられているかがわかりますからね。

頬をふくらましたり、へこましたりする、ウインクをする、「せっ」と言う、誰もいない暇なときにでもやっていくと頬の筋肉が鍛えられますからね。

おでこ、目元、頬、この簡単なリフトアップを毎日どこかの時間で行うだけで、顔の筋肉が鍛えられ顔のたるみが取れていきますから、試してみてくださいね。

スポンサードリンク

顔のたるみを美顔器で解消する

顔のたるみを解消する美顔器は多くあるようですが、調べてみるとどれも効果がありそうなんです。

2つほど手頃な美顔器を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ツインエレナイザーPRO2

ツインエレナイザーPRO2にはイオンクレンジングという機能がついています。

これは、イオン(電気)の力で毛穴の奥の汚れをきれいにしてくれるんですね。

美容成分を肌の奥まで浸透させるには、まず肌の汚れをきれいに取り除く必要があるんですね。

イオン(電気)のプラスマイナスの力を利用して、汚れを引き付け吸着するんですね。

洗顔では落とし切れない毛穴の奥の皮脂汚れまでスッキリきれいにしてくれるんです。

次に、超音波とイオン(電気)の力で美容成分を170倍も肌に浸透させるらしいんです。

超音波は、毎秒300万回の振動で肌をマッサージしてくれるんです。

また、イオンはプラスマイナスの電気の力を利用して、肌の奥に美容成分を届けてくれるんですね。

さらに、高周波と超音波の力で肌を温めながら、グイグイ上げてくれるんです。

高周波は肌を肌を温めてマッサージしてくれ、超音波は毎秒300万回の振動で肌をマッサージしてくれるんです。

肌が温まると血行がよくなり、肌を引き上げやすい状態にしてくれるんですね。

次に、化粧水や美容液をつけて美顔器で顔を内側から外側に引き上げていくんですね。

これらの機能は10分ほどで完了するんですね。

美顔器のヘッドの部分には超音波の振動を安定させ、金属アレルギーを引き起こさないようにプラチナメッキを使っているんです。

さびにくく肌に優しいコーテイングヘッドになっているんですね。

上下左右に動く可動式ヘッドにより小鼻の部分など高低差やデコボコのある部分にもピタッと密着し、トリートメント効果を高めてくれます。

ボタン一つで簡単に操作でき、充電式コードレスで旅行先や海外でも使用が可能なんですね。



エステナードソニックROSE

エステナードソニックROSEは、1秒間に100~800万回の超音波でプロのエステシャンの指技のようにマッサージしてくれるんです。

目元、口元、頬のハリ不足等の乾燥部分に肌の水分量に合わせて超音波の振動数を調節し、乾燥している部分に集中的に潤い成分を届けてくれるんですね。

これにも毛穴の奥までクリーニングしてくれるイオンクレンジング機能があるんですね。

この美顔器にコットンをはさんで使用するんです。

毛穴の汚れ、化粧カス、古い角質などがゴッソリ付着するんです。

季節によっては乾燥、湿気、油分など外部の環境変化が肌には影響するんです。

ですので、たっぷりの潤いをじっくりと時間をかけてやっていくことが大切なんですね。

お肌も水分や栄養分が年齢などともに失われるので、毎日のスキンケアは本当に大切なことなんですね。

この美顔器についている薬用のホワイトジェルは美白成分のプラセンタエキスが配合されていて、日焼けによるシミやそばかすを防いでくれます。

また、シミのもとであるメラニンの生成を抑えてくれるんですね。

コラーゲン、ヒアルロン酸も配合され、気になる年齢肌に大切な潤いを届けてくれ、ハリや潤いのある肌にしてくれるんですね。

いろいろ調べてみましたが、顔のたるみをあきらめる必要はなさそうですので、参考にしてみてくださいね。



二重まぶたを自力で簡単に作る方法は?アイプチで作る?男は?

二重まぶたを簡単に自力で作る方法

一重まぶたと二重まぶたの違いは、まぶたの皮膚が折り返るか、返らないかの違いなんですね。

一重まぶたの人はまぶたを折り返りやすいようにすることが、二重まぶたを作る方法なんですね。

まぶたを折り返りやすいようにすることが、自然と二重まぶたになっていくんです。

それにはまず、まぶたのむくみをとることが大切なんです。

マッサージや温タオル、冷タオルを使ってむくみをとっていきます。

マッサージは目の周りを軽くたたいていき、指でなぞっていき、押していきます。

これを3分ぐらいやっていると、目の周りの血流がよくなったいき、温かくなっていきます。

また、温めたタオルと冷やしたタオルを交互に目の上に当てます。

これも目の周りの血流をよくしてくれますので、これだけでもむくみが取れるんですよ。

次に二重まぶたにしたいラインを決めていきます。

まぶたのどの辺りで折り返るのがよいのかを決めます。

自然にまぶたが折り返りやすいラインにしたほうが、二重まぶたになりやすんですね。

次に決めたラインに沿って、爪楊枝やヘアピンでなぞります。

痛みを感じない程度に軽くなぞります。

毎日なぞって皮膚が折り返りやすいように癖をつけていくんです。

1日2回、朝晩3分くらい、無理のない範囲でやっていくんです。

また、絆創膏でアイテープを作る方法もあります。

肌に長時間貼る絆創膏なので肌荒れの心配もなく、しかも低価格ですよね。

まずはまぶたの皮脂をコットンやテイッシュ、油取り紙などで拭き取ります。

次に絆創膏のはく離紙がついたまま、アイテープのような形にハサミでカットします。

カットした後、はく離紙をはがし、二重にしたいラインに貼ります。

これで二重まぶたの癖付けをするんですね。

スポンサードリンク

二重まぶたをアイプチで作る

アイプチは液体をまぶたに塗って、二重を作るコスメなんですね。

なりたい二重幅の位置をプッシャーで押し当てながら、目を開いたり閉じたりしながら決めるんです。

初めての人はなりたい二重幅に、茶色いアイライナーで線を描いてからやるとやりやすいんですね。

二重幅が決まったらアイプチを二重ラインに沿って、薄く塗っていきます。

このときアイプチをつけすぎないように気を付けます。

液体が半透明になってきたら、プッシャーを二重幅に押し当てて、まぶたを食い込ませるようにするんですね。

のりが完全に乾いたら完成で、何度も触らないようにしてくださいね。

アイプチを上手に使うコツは、アイプチを使う前にまぶたの皮脂をふき取ることが大切なんですね。

このひと手間でアイプチが崩れにくくなるんですね。

メイクの後だと化粧品の油分で取れやすくなるんですね。

ですので、アイプチはメイクの前にやるほうがいいんですね。

また、アイプチの液体は塗りすぎないようにするんです。

アイプチを塗るハケについている余分な液は、入れ物のふちで適度に落として、ハケが透けるぐらいがちょうどいいんですね。

液体をつけすぎるとダマになったりするんです。

丸目にしたいときはプッシャーをまぶたの真ん中から目頭へ食い込ませます。

平行二まぶたにしたいときは、目頭から真ん中へ食い込ませるんです。

スポンサードリンク

二重まぶた整形を選ぶ?

二重まぶた整形をする際には、病院選びがやはり大切なようですね。

丁寧なカウンセリングをしてくれるところ、さらに施術後のアフターケアがしっかりしているところを選ぶようにすることが大切なようです。

カウンセリングは、どういう二重まぶたするかを決めたり、金額や施術をする日にちなど決めるんですね。

また、ブジーという仮想の二重ラインを作る医療器具を使って、二重整形をしたらどうのようになるかがわかるんですね。

そして、自分が理想としている二重まぶたを選ぶんですね。

アフターケアについて、施術後の腫れはつきもので、しかも希望していた二重にならなかった場合など、必ずしもトラブルがないわけではないんですね。

そんなときにアフターケアが大切なんですね。

カウンセリングのときに、整形施術後の保証内容を確認しておくようにしておくんです。

カウンセリングの印象がよいところ、保証内容が充実しているところを選んでくださいね。

ところで、二重手術は切開しなくてできるんです。

皮膚を切らずに糸をまぶたに埋め込む手術を埋没法というんです。

メスを使わなくても短時間での手術が可能なんです。

まぶたの内側から糸を止めるので、傷跡も残らないんですね。

メスを使って行う手術を切開法というんです。

しっかりした二重ラインを作り、半永久的に形を保つことができるといわれているんです。

埋没法の平均費用は2万円~10万円で、糸で固定する箇所や止める箇所が増えると金額が変わるようですね。

切開法の平均費用は20万円~30万円のようです。

カウンセリングとアフターケアですからね。



男も二重まぶたにする?

100人の20代~30代の女性にアンケートをしたそうです。

男性の一重まぶたと二重まぶたのどちらが好きか、というアンケートで一重まぶたが好きと答えたのが32%、二重まぶたが好きと答えたのが68%だったようです。

二重まぶたの男性のほうが好まれる傾向があるようですね。

男性が二重まぶたにする場合、アイプチに抵抗があるかもしれませんね。

アイプチを使ったのがばれるのが、嫌だったりするんですね。

寝ている間に癖付けできるアイプチもあるので、これがいいかもしれませんね。

癖付けするので本当の二重まぶたを作ることができて、アイプチがばれることも少ないようです。

ですので、男性には夜用のアイプチがおすすめかもしれませんね。

アイプチは顔の中でも特に敏感な目の周りの皮膚に、直接塗り付けますよね。

人間のまぶたは非常に敏感な部位ですので、アイプチは使い捨てではなく毎日継続的に使うことになりそうですから、値段よりも質で選ぶことが大切かもしれませんね。

もし、アイプチを使ったと疑われたときは、「目のマッサージをするようになって、目のむくみがとれた」とでもいえばいいんです。

継続して使うことで癖付けをするので、一晩でくっきりと二重まぶたになるものではないので、それほどばれることを心配する必要もないんですよ。

早く癖付けしたい場合には日中も使ったほうがいいので、1日お休みの日や長期休暇中は日中も使うほうがよいかもしれませんね。

日中使った場合には、一度落としてから、また夜に塗り直すようにしてくださいね。

二重まぶたを作ることはそれほど難しいことではありませんので、参考にしてみてくださいね。