月別アーカイブ: 2019年1月

七草粥の作り方は?歴史とは?まずいのは?献立は?

七草とは

七草粥は人日の節句(じんじつのせっく)1月7日の朝に、七種類の野草と野菜が入ったお粥を食べる習慣なんですね。

七草とは、せり、なずな、ごぎょう(ハハコグサ)、はこべら(コハコベ)、ほとけのざ(コオニタビラコ)、すすな(カブ)、すずしろ(ダイコン)なんですね。

七草粥を食べる理由は、無病息災、長寿健康を願うためで、青菜が不足しがちな時期に青菜の栄養を摂るためのようです。

お正月のご馳走で疲れた胃腸をいたわるためともいわれていますよね。

七草の効能を知っていますか?

せりは、食欲増進、解熱、健胃、整腸作用。

なずなは、解熱、利尿作用。

ごぎょうは、咳を鎮める作用。

はこべらは、歯槽膿漏予防作用。

ほとけのざは、解熱、解毒作用。

すずなは、利尿、便秘解消作用。

すずしろは、食欲増進、利尿作用。

体によさそうですよね。

スポンサードリンク

七草粥の作り方は?

まずお米を普通に炊きます。

七草はスーパーで売っている市販のものでいいですからね。

すずしろ(ダイコン)とすずな(カブ)は皮ごと食べやすい大きさに切ります。

お湯をわかし、塩を一つまみ入れてやわらかくなるまでゆでます。

ゆであがったら網杓子(ザルのお玉)で取り出しておきます。

ゆでたお湯は葉っぱをゆでるために残しておきます。

葉っぱは水の中でさっと洗い、残ったお湯は再度沸かします。

すずな(カブ)などの太い茎を最初に入れて、火が通れば残りの七草を入れてさっとゆでます。

ザル上げして冷水で冷やし、冷めたら水を絞ります。

絞って水分を抜いたら、粗目に刻みます。

炊いたお米を鍋に入れて、お好みの量の水を入れて火を入れます。

コトコトと中火で混ぜていると、お粥ができてきますので、その中に七草を入れます。

味付けに塩を一つまみ入れて、味をみてくださいね。

これで出来上がりです、簡単でしょ。

スポンサードリンク

七草粥の歴史とは?

七草粥の習慣は中国から伝わったようですね。

平安時代の初期に宮中の行事となり、江戸時代になって庶民に広まったようですね。

古代のお粥は「七種粥」といわれ、その材料は、米、粟、きび、ひえ、みの、ごま、小豆だったようです。

今の7種類になったのは鎌倉時代になってからのようですね。

6世紀頃の中国中南部地方の風俗を記した書物に「正月七日を人日となす。七種の菜を以てあつものをつくる」とあるようです。

7日の人日には七種の若菜をあつもの(熱く煮た吸い物)にして食べると、年中無病でいられると伝えられているんですね。

初春の野から摘んできた生命力のある野草を食べると、7日の人日の日に邪気を祓(はら)えると考えられていたんですね。

七草粥はまずい?

七草粥がまずいといわれる理由は、おそらく七草のアクのせいだと思うんですね。

においが気になったり、葉っぱっぽい味がするのはアクのせいで、下処理をすることで七草のアクをとることができるんです。

七草のセットをスーパーで買うと、パックの中には葉っぱとすずしろ(ダイコン)とすずな(カブ)が入っていますよね。

先ほどいった作り方とは少し違うんですが、特にアクを抜くことに重点を置いた作り方をいいますね。

葉っぱは1センチ幅にザクザクに切り、すずしろ(ダイコン)とすずな(カブ)は2~3ミリにスライスします。

大きければ半月切りやいちょう切りにします。

ここでカットした七草に塩を軽くふって、もみこむんです。

10分ほど放置して熱湯で1分ほどゆでて、ザルにあげて冷水で冷やします。

この塩もみのひと手間で七草のアク抜きができるんですね。

また、これによって葉っぱの色持ちがよくなりますから、試してみてくださいね。

七草粥の献立とは?

さきほど七草粥はまずい?なんていいましたが、アレンジした献立次第ですごくおいしくなるんですよ。

粉チーズをふってタバスコをかけるとイタリアンテイストのピザ風になるんです。

ベーコンを刻んでコンソメスープで煮て、さらに溶き卵を入れてチーズを入れると、なんとカルボナーラ風になるんですね。

鶏がらスープやウエイパーを入れて煮込むと、中華風になりますよ。

さらにそれにネギ、カニカマ、溶き卵を入れるとかに玉風になるんですね。

昆布やカツオだしで煮込むと和風のうまみが出ますよ。

それにお好みで、梅干し、なめたけ、つくだ煮、シラス、のり、揚げ玉、油揚げ、何でもいいんです、入れてやるとさらにおいしくなりますよね。

味付けはめんつゆやみそでもおいしいですよね。

最後にごま油を一振りすると、香りのよい七草粥になりそうですよね。

七草のアク抜きとアレンジで、おいしい七草粥ができますので、試してみてくださいね。

風邪でなぜ熱が出るのか?病院へ行く必要は?原因とは?

風邪でなぜ熱が出るのか?

風邪の時の発熱はどうして起こるのでしょうか?

風邪は主にウイルスの感染によって起こるんですね。

そして、風邪のウイルスは人の平熱程度の温度で増殖しやすいと言われているんです。

風邪をひくと熱が出るのは体温を上昇させて、ウイルスの増殖や活動性を弱めるためなんです。

体温を上昇させると、ウイルスをやっつける白血球などが働きやすくなり、免疫を活性化させるんです。

体温が40度にもなると、風邪のウイルスは増殖しにくくなるんですね。

つまり、人間はウイルスに感染したとき、熱を出して体温を上げるという機能で生き残ってきたんです。

発熱は感染したときに体を守るための自然な体の反応なんですね。

しかし、熱が出ると多くのエネルギーを消耗し、体力が奪われてしまうんです。

熱に伴い悪寒、頭痛、倦怠感といった症状が出るんですね。

この症状は熱を下げるため、または熱が上がった結果起こる症状なんですね。

発熱は体の防御反応であるとともに、体に大きな負担になり、悪影響を及ぼすこともあるんですね。

熱が辛くて仕事に行けない、学校に行けない、家事ができない、そんな時には風邪薬を使って熱を下げたほうがいいんですね。

風邪を治すには体力と免疫力でウイルスに打ち勝つことが必要なので、熱が出るとエネルギーを多く使い、体力が奪われるので、熱が出る風邪は熱を下げないよりも、下げるほうがよいこともあるんですね。

風邪を治すための一番効果的なことは、体を休ませることなんです。

横になって休養し、睡眠時間を十分にとることなんですね。

休養と睡眠が大切な理由は、余分なエネルギーを使わないことによって、ウイルスに打ち勝つ体にしていくことなんです。

体力をつけるには水分補給や栄養補給も大切で、熱が出て汗をかいたときには、脱水症状になりやすいんですね。

そのため、食事は消化しやすく水分が摂れるおかゆやスープがおすすめなんですね。

スポンサードリンク

風邪をひくと病院へ行く必要は?

実は、風邪に有効な治療薬はないといわれているんです。

市販薬であっても、病院で処方される薬であっても、今ある辛い諸症状を緩和するだけのものなんですね。

ほとんどの風邪は、ウイルスがのどにある上気道に感染して、急性炎症を起こした状態なんです。

このウイルスをやっつければ風邪は治るんですが、現在の感冒薬ではウイルスをやっつけることはできないんです。

風邪の諸症状の一つである発熱は、熱を出すことでウイルスを殺そうとしているといいました。

ですので、基本的には無理に熱を下げる必要はないんですね。

くしゃみや鼻水は鼻腔を洗い流すために出るので、薬は必要なく鼻をティッシュでかめば足りるんですね。

のどの痛みは免疫力によって、ウイルスに対抗するために炎症が起きているんです。

なので、解熱鎮痛剤を使うと、治りが遅くなる可能性もあるんですね。

咳や痰は異物を身体の外の出そうとしているだけで、倦怠感は身体をやすませなさいよ、というサインなんですね。

つまり、ウイルス性の風邪は感冒薬を使わなくても、人間の免疫力で治るんですね。

基本的には病院に行かなくても治るんですね。

ただ、細菌感染が疑われる場合には病院で診てもらう必要があるようです。

高熱が続いたり、普通の風邪の症状とは違うような場合には、病院で診てもらう必要があるようです。

このような場合にはインフルエンザも疑われるんですね。

インフルエンザウイルスは感染力が強く、他の人にも感染するので出勤、出校は禁止されますよね。

家族に感染することもあるので、自宅でも隔離が必要なんですね。

スポンサードリンク

風邪の原因とは?

風邪をひくのは、風邪の原因ウイルスによって引き起こされるといいましたよね。

風邪の原因ウイルスは、冬は乾燥状態を好み、夏は湿った状態を好むといわれています。

人間の体には原因ウイルスをシャットアウトする免疫力が備わっているともいいました。

口、のど、鼻の粘膜に原因ウイルスが付着しても、風邪になることはないんですね。

ストレス、睡眠不足、疲労などで免疫力が低下していると、風邪をひく可能性が高くなるんです。

ですので、風邪の予防には十分な睡眠をとることが大切なんですね。

そして、手洗いやうがいの習慣をつけるだけでも、かなりの割合で風邪を防げるといわれています。

冬は乾燥したところや人込みを避けるようにすることも風邪予防になるそうです。

多くの人が集まる場所は、それだけでウイルスに感染しやすいんですね。

空気が乾燥しているとウイルスが長時間生きるといわれているんですね。

いろいろ風邪について調べてみましたが、参考にしてくださいね、では。

↓免疫力を上げるには?↓


元料理人が作る牛肉を使った簡単レシピです

牛肉のステーキを上手に焼く簡単レシピです

①牛肉は冷蔵庫から出して温度を常温にしておきます。

冷蔵庫から出してすぐの冷たい牛肉は火の通りが悪いんですね。

ですので、冷蔵庫から出して30分ぐらい置いておきます。

②牛肉は赤身と脂肪の間には硬いスジがあるので、ここに切れ目を入れておくと肉を噛み切りやすくなるんです。

③牛肉をフォークで突き刺して穴だらけにします。

ちなみに、この牛肉はスーパーで売っている安い牛肉を簡単においしくする方法ですからね。

決して霜降りなどの牛肉をフォークで刺してはダメですよ。

フォークで刺すことによって、赤身の部分が柔らかくなり、ソースが染みやすくなるんですね。

④牛肉に軽く塩と胡椒を振りかけます。

軽くでいいですよ。

お肉全般にいえることなんですが、お肉って塩味が全くないんです。

ですので、下味をつけてやると、グンと味が引き立つんですね。

⑤フライパンにスーパーでもらった牛脂か、なければサラダ油でも何でもよいので、油をひきます。

スーパーの牛肉売り場では、無料の牛脂が置かれていますから、もらってきてくださいね。

そして、中火でフライパンを熱します。

フライパンから煙が出始めたら、牛肉を入れます。

片面にしっかりと焼き目を付けます。

お肉は焼き目がつくと香ばしい香りがして、うまくなるんですね。

焼き目がついたらひっくり返します。

中火のまま1分ぐらい焼き、裏面も焼き目をつけ香ばしい香りをかぎます。

もう一度ひっくり返して、フライパンにふたをして中火のまま1分間焼きます。

ふたを開けると、肉の表面に赤い血ような液体が浮かんでいると思います。

これは血液ではなくアミノ酸なんですね。

ミオグロビンという成分が酸素に触れて赤くなったものなんですね。

⑥火を消してアルミホイルを広げて、その上に牛肉をのせてくるんでやります。

少し蒸してやるんですね。

⑦フライパンの中の液体は捨てないで、そのままそれでソースを作ります。

フライパンの中にしょうゆ、みりん、お酒を2:1:1で入れます。

これをお肉にかけますから、それぐらいの量を入れてくださいね。

といっても、適当でいいですからね。

ソースが沸騰して少しとろみがついたら、火を止めます。

お肉をお皿にのせて、ソースをかければ牛肉のステーキの出来上がりです。

一工夫加えたいなら、ソースにスライスニンニクやおろしニンニクをいれるとパンチが出ますよね。

また、おろしショウガをいれると生姜焼きテイストになりそうですよね。

みじん切りにした玉ねぎをいためてもおいしそうです。

アレンジは自由で、この基本中の基本のソースだと失敗はないですから、何でも試してみてくださいね。

スポンサードリンク

牛肉とピーマンを炒める簡単レシピです

①牛肉の薄切肉とピーマンを用意します。

牛肉はパックから出して、食べやすい大きさに切ります。

パックに戻し、塩、コショウ、お酒を振りかけて、軽くもんでおきます。

ピーマンは縦に半分に切り、へたと種を取り、縦に千切りにします。

下ごしらえはこれでおしまいです、簡単でしょ。

②フライパンを強火で熱し、煙が出てきたら、ごま油を入れます。

ごま油があたたまったら牛肉を入れます。

牛肉を強火でまんべんなく炒めます。

そこでステーキで使ったソース、しょうゆ、みりん、お酒を2:1:1で入れます。

お酒を飲む「おちょこ」などを軽量カップとして使うと便利ですよ。

そして、切ったピーマンを入れ、ソースが牛肉とピーマンにからむまで炒めます。

これで出来上がりです、簡単で美味しいので試してみてくださいね。

ステーキと同じようにニンニクやショウガなどを入れると、味にパンチが出ますよ。

スポンサードリンク

牛肉と玉ねぎを炒める簡単レシピです

①牛肉の薄切り肉と玉ねぎを用意しますね。

牛肉は食べやすい大きさに切って、塩、コショウ、お酒を振ってもんでおきますね。

玉ねぎを千切りにして耐熱容器に入れてラップし、レンジでチンをします。

玉ねぎがしんなりするまで、少しずつ短い時間でチンしてみてくださいね。

玉ねぎはよく火を通してやると、甘みが出るんですね。

この玉ねぎをカレーやシチューに入れてもおいしいんですよ。

よくあめ色になるまで炒めるとおいしくなるといいますが、そんなに炒める必要はないですからね。

レンチンで十分おいしくなりますからね。

これで下ごしらえはおしまいです、とにかく簡単にいきますからね。

②フライパンを煙が出るまで熱します。

フライパンをよく熱するのは、コゲつきを防ぐためなんですね。

チャーハンを炒める時なども、やっぱりフライパンをよく熱しないと、コゲついちゃうんですよ。

フライパンから煙が出てきたら、ごま油を入れます。

ごま油をフライパンによくなじませ、あたためてやります。

ごま油を使うのは、サラダ油よりも香りがよくて、食欲をそそるんですね。

好みですから、どんな油でもいいですからね。

油がなじんだら、牛肉を入れてまんべんなく炒めます。

ここで、いつものソース、しょうゆ、みりん、お酒、2:1:1を入れて、玉ねぎを入れて、味がからまったら出来上がり。

これも簡単ですので、試してみてくださいね。

牛肉とキャベツを炒める簡単レシピです

①牛肉とキャベツを炒めるのも今までと同じ要領ですからね。

まずは、牛肉を食べやすい大きさに切って、塩、コショウ、お酒を振りかけてもんでおきます。

お酒をかけてもむ理由は、お肉を柔らかくすることと、フライパンで炒めるときにほぐれやすくなるんですね。

また、お肉の下味に塩、コショウを振る理由は、お肉の味をしっかりとさせるんですね。

お肉って下味をしないと、味が全然しないんですよ。

ただ、振りすぎには注意してくださいね、軽くですからね。

②フライパンに煙が出るくらいまで熱して、油を入れてなじませます。

牛肉とキャベツを入れて炒め、いつもの簡単ソースをかけ、ソースがからんだら出来上がり。

ニンニク、ショウガを入れたアレンジも試してみてくださいね。

唐辛子を入れてもピリ辛になりますし、簡単に一味や七味を入れてもおいしいですよ。

牛肉とゴボウを煮る簡単レシピです

①牛肉は食べやすい大きさに切ります。

ここでは煮ますので、下味はつけなくていいですからね。

ゴボウをささがきに切ります。

ささがきとは、鉛筆を削るみたいにゴボウを切っていくんですね。

もし面倒なら、スーパーでささがきに切られて、パックに入っている水煮が売っていますので、これを使ってもいいですからね。

あくまで簡単にいきますからね。

②鍋にごま油をひいて、中火でゴボウを炒めていきます。

ゴボウにごま油がからんできたら、今度は牛肉を入れます。

コゲないように注意して、中火だと危ないようなら弱火にして、ゆっくり炒めてくださいね。

③牛肉に火が通ってきたら水を入れて、強火にします。

水の量は牛肉とゴボウがヒタヒタになるぐらいでいいですからね。

ここで、いつもの簡単ソースを入れます。

しょうゆ、みりん、お酒を2:1:1ですからね。

沸騰してきたら弱火にして、コトコトと10分ぐらい煮ると煮汁が3分の1ぐらいになってきますので、スプーンなどで味見してみてくださいね。

実はどの牛肉レシピも簡単ですが、これを誰かに作ってあげると、すごく喜ばれるんですよ。

簡単ですが、この過程には料理の基本がたくさんつまっていますからね。

↓激安牛肉なら↓