疲労のメカニズムはどうなっているんでしょうか?

疲労のメカニズムとは何なんでしょうか?

疲労とは、具体的には次のようなこというようですね。

・心身への過負荷により生じた活動能力の低下

・思考能力の低下

・刺激に対する反応の低下

・注意力の低下

・注意散漫、動作緩慢、行動力の低下

症状としては、目のかすみ、頭痛、肩こり、腰痛などを引き起こすといわれています。

この疲労は、これ以上運動や仕事などの作業を続けると体に害が及びますよ、というサインなんですね。

では、疲労のメカニズムはどうなっているんでしょうか?

自律神経は、身体の器官や組織の調節を行っています。

運動時には呼吸や心拍、体温などの機能の調節を行っているんですね。

体にかかる負荷が大きくなるほど自律神経にかかる負荷も大きくなるんですね。

そして、自律神経の中枢がある脳がダメージを受けることによって、疲労が起こるんです。

また、活性酸素の発生による酸化ストレスでで神経細胞が破壊されるんです。

運動などのエネルギーを多く使う活動では、酸素が多く消費されるとともに活性酸素も多く発生するんです。

そうなると、活性酸素を分解して体内から除去する抗酸化酸素が働くんです。

しかしですね、発生する活性酸素の量が抗酸化酸素の働きを上回ると、自律神経の細胞や筋肉が活性酸素によって攻撃されて、疲労となるんですね。

加齢や紫外線を浴びることも活性酸素の影響を受けやすくなり、疲労が起こりやすくなるんですね。

また、活性酸素により細胞が傷つけられると、その細胞から老廃物が排出されるんです。

その老廃物の一種から誘発されて、体内に疲労因子が発生するんです。

この疲労因子が疲れの正体なんですね。

しかしですね、疲労因子が増加した場合には、疲労回復物質が発生して疲労因子を中和してくれるんですね。

よくできていますよね。

ただ、スポーツ中や仕事中、加齢などによって疲労回復物質の中和力が、疲労因子の増加に追い付かなくなると、疲労になるんですね。

またですね、スポーツや仕事での達成感が強い人などは、本来感じるはずの疲労を脳が感じなくなることがあるんですね。

体には疲労がたまっているのに、それを認識できない状態なんです。

この状態が続くと、過労死や突然死にさえなりかねないんですね。

スポーツや仕事で一つのことに集中していると、脳では同じところが使われているんですね。

脳の同じ部分だけが使われていると、脳は「飽きる」という指令を出すんですね。

脳はその部分を休ませるために、その作業をやめさせようとするんですね。

ですので、脳が「飽きた」というサインを送ってきたら、脳を休ませてやることが大切なんですね。

スポンサードリンク

疲労の症状とは何なんでしょうか?

疲労の症状は次のような症状だといわれています。

・強い倦怠感があり、日常生活にも支障が出ている。

・物事を考えたり、判断するのが難しいと感じ、考えが嫌な方へ向く。

・眠れなくなったりぐっすり眠った気がしない。

・スポーツや仕事などの活動の後は、強い疲労や倦怠感を感じる。

こうした症状が数か月続くような場合、慢性疲労症候群が疑われるようです。

この症状を放置すると、全身の倦怠感が強くなり、朝起きることができなくなったり、会社に行けないなどの状態になるようです。

また、うつ病などの心の病気になることもあるので注意が必要なんですね。

スポンサードリンク

疲労の回復には睡眠が一番

疲労を回復するには、睡眠が一番だといわれています。

人は日中、多くの時間、緊張状態にあり、自律神経の調節機能はそんな状態を収めようと常に活動しているんですね。

すると、自律神経中枢では活性酸素が発生して、細胞を酸化させるんですね。

また、体内には疲労因子が発生し、疲労すればするほどそれを中和する疲労回復物質の発生が追い付かなくなるんですね。

睡眠は日中のさまざまな緊張感から解放してくれ、自律神経が活発になることはないんです。

また、紫外線は体内で活性酸素を発生させる原因の一つと言われますが、夜の睡眠は紫外線を浴びることもないですよね。

良い睡眠は、寝つきがよく、ぐっすり眠れて、寝起きがすっきりする、などといわれています。

良い睡眠は、心身ともに休養状態にしてくれるんですね。

脈拍をゆっくりとしてくれ、血管は緩んで血圧を下げてくれます。

筋肉は緊張から解放され、エネルギーは最低限しか使われず体温も低くなり、中枢神経系も極度の休養状態にしてくれるんですね。

この休養状態が疲労を回復してくれるんですね。

ちなみに、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるそうです。

寝入ってから1~1.5時間すると完全な深い睡眠状態なるんですが、これをノンレム睡眠というそうです。

その後、脳波や眼球運動が、昼間目覚めているような睡眠になるそうです。

これをレム睡眠というようですね。

この2つの睡眠が一晩に2~3回交代するんですね。

ノンレム睡眠は疲労回復に欠かせない睡眠で、レム睡眠は心の回復に大切な睡眠なんですね。

夢を見るのはレム睡眠といわれているんです。

疲労についていろいろ語りましたが、少しでも参考になればと思います。



うつ病の特徴と見た目はどんなものでしょうか

うつ病の特徴はどんなものでしょうか

うつ病の特徴としては、脳のエネルギーが欠乏した状態で、憂鬱な気分になったり、食欲、睡眠欲、性欲などの意欲が低下するんですね。

脳のエネルギーの欠乏により、脳のシステム全体にトラブルが起こってしまうんです。

生きていれば憂鬱な気分になることや、嫌なことがあれば意欲が落ちることもありますが、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって次第に元気になるんですよ。

しかし、時間が経過しても改善しない、ましてや悪化していく。

これがうつ病なんですね。

うつ病になると、仕事、家事、勉強などの社会的機能が働かなくなるんですね。

うつ病の特徴としては、何種類かの分類があるといわれ、メランコリー型、非定型、季節型、産後うつ、などに分けられているようです。

メランコリー型は典型的なうつ病といわれ、良いことがあっても気分が晴れない、明らかな食欲不振、体重減少、朝に気分が落ち込む、早朝に目が覚める、過度な罪悪感がある、などの症状があるようです。

非定型の特徴として、良いことには気分が良くなる、食欲は過食傾向で体重が増加する、過眠、ひどい倦怠感、他人の批判に過敏、などの症状があるようです。

季節型の特徴として、特定の季節にうつ病を発症し季節の移り変わりとともに回復するいう症状なんですね。

産後うつの特徴として、産後4週間以内にうつ病を発症するといわれているんです。

これはホルモンの変化や分娩の疲労、子育てに対する不安、授乳などによる睡眠不足が原因だといわれています。

スポンサードリンク

うつ病の周囲からの見た目はどんなものでしょうか

うつ病の人の周囲からの見た目について、表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着きがない、飲酒量が増えている、などのようです。

もし、このような症状がみられるなら、うつ病を疑う必要がありそうですよね。

また、うつ病の初期症状として挙げられるのは、朝早く目が覚めてその後眠れない、朝目が覚めても全てが面倒になる、集中できずやる気がどうしても出ない、すぐ疲れる、午後からは比較的調子が上がる、人と関わりたくなくなる、食欲がわかない、寝付けず寝ても必ず夜中に目覚める、などです。

こんな症状が2週間以上続くと、うつ病の可能性が高いといわれているんですね。

うつ病の原因とは何でしょうか

実は、うつ病の原因ははっきりとはわかっていないようなんですね。

脳の中で、感情をコントロールする神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことが一因だといわれているんです。

脳は無数の神経細胞で構成されていて、これらの神経細胞は神経伝達物質を介して、さまざまな情報を伝え合い、複雑な働きをしているんですね。

しかし、ストレスを抱えていたり、心と身体が疲れていたりすると、神経伝達物質の量や働きが十分でなくなってくるんですね。

うつ病に関係している神経伝達物質は3種類あるといわれています。

セロトニン、ノルアルドレナリン、ドパミンといわれる神経伝達物質なんですね。

これらがバランスよく働くことによって、脳の機能が健全に保たれているんですね。

過剰なストレスや過労は、これらの物質を減少させ、喜怒哀楽のコントロールができなくなるんですね。

神経伝達物質には、興奮型と抑制型の2つのタイプがあるといわれています。

興奮型は情報を受け取る側の受容体に働きかけ、神経細胞を興奮させる働きがあるんです。

抑制型はその反対の働きをしてくれるんですね。

セロトニンは抑制型、ノルアルドレナリン、ドパミンは興奮型なんです。

スポンサードリンク

セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンの働きとは

セロトニンの働きは、睡眠や体温調節、時差ボケの解消などの生理機能、歩行や咀嚼、呼吸などのリズム運動、消化管の運動などを促す働き、心のバランスをとってくれる、などといわれています。

セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びたり、睡眠をとる、肉、牛乳、納豆などタンパク質(必須アミノ酸)摂ることが大切なようですね。

ドパミンの働きは、身体をスムーズに動かしたり、やる気、意欲を起こさせたり、目標を達成した時の満足感、興奮などを作り出す、などといわれています。

ノルアドレナリンの働きは、俊敏な運動を可能にする、気分を高揚させる、などといわれています。

うつ病の治療とは

うつ病は脳のエネルギーが欠乏して起こるため、使いすぎてしまった脳を十分に休ませることが大切だといわれているんですね。

うつ病になる人は生真面目な人が多いといわれていて、休むことに抵抗感や罪悪感を感じる人が多いようなんですね。

しかし、うつ病が病気であることを十分に理解して、休養することが大切なんですね。

また、うつ病の治療として、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などの薬物療法があるようです。

抗うつ薬は、脳の中のセロトニンやノルアドレナリンの働きを高め、抑うつ気分を取り除き、気分を高め、意欲を出させ、不安や焦燥感を取り除いてくれる効果があるようです。

抗不安薬は、不安を緩める働きがあり、不安や焦燥感が強い場合に抗うつ薬と一緒に飲むようです。

睡眠薬は、睡眠障害がある場合に処方されるようです。

いろいろうつ病について調べてみましたが、うつ病の症状などがある場合には、覚悟を決めて休養することが大切なようですね。

↓セロトニン不足を解消するには?↓


毎日お酒を飲むとどうなる?

毎日お酒を飲むと脂肪肝などになる

大量の飲酒を続けると、脂肪肝になるといわれています。

脂肪肝の段階では自覚症状がなく、飲酒を止めれば肝臓の状態は良くなるんですね。

しかし、飲酒を続けると、アルコール性肝炎やアルコール肝繊維症になり、発熱や腹痛の自覚症状が出てくるといわれています。

さらに飲酒を続けると、肝障害の末期である肝硬変になるといわれているんです。

また、飲酒によってすい炎を起こすこともあるといわれています。

すい炎には急性すい炎と慢性すい炎とがあり、急性すい炎は死亡につながることもあるといわれているんです。

慢性すい炎はすい臓の繊維化させ、消化酵素やホルモンの分泌を低下させるといわれています。

スポンサードリンク

毎日お酒を飲むことは悪いことだけではない

適量のお酒は、心と身体を健康にするといわれています。

毎日適量の飲酒をする人は、全く飲まない人に比べて、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあるという結果もあるようです。

お酒を飲むと気分がよくなりますよね。

これは大脳新皮質の働きを鈍くさせているんですね。

この大脳新皮質の働きは、合理的で分析的な思考や言語機能をつかさどっているんです。

この働きを鈍くするため、感情や衝動、食欲、性欲など、本能的な働きが活発になるんですね。

ワインやウイスキーの香りにはリラックス効果があり、ビールの原料ホップの香りには気分を落ち着かせるアロマ効果があるといわれているんです。

お酒は悪いだけじゃないんですね。

毎日お酒を飲むとアルコール依存症になることもある

毎日お酒を大量に飲むと、お酒の飲み方を自分でコントロールできなくなるんですね。

飲む量、飲むタイミング、飲む状況などコントロール不能になってしまうんです。

これをアルコール依存症というんですね。

お酒を飲むことが悪いとわかっているんですが、脳に異常が起きているために、お酒を飲むことがやめられなくなるんですね。

アルコールは麻薬と一緒で、薬物の一種なんですね。

毎日お酒を飲むとアルコールに対して、「耐性」ができるといわれています。

飲酒を始めた頃は、少量のお酒で気分良く酔っていたと思います。

しかし、アルコールに対して耐性ができてしまうと、酒量が増えていき、酔った感じがなくなってくるんですね。

すると、ますます飲酒量が増えていくんですね。

飲む時間や飲む場所も気にしなくなってくるんです。

少しでもお酒を口にすると、自分の意思が働かなくなってくるんですね。

ほどよいところで飲酒を止められないと、アルコール依存症になる可能性が高くなるんです。

スポンサードリンク

お酒を飲むと起こる症状とは

お酒を飲むと顔が赤くなりますよね。

血圧が上がり、冷や汗をかいたり、動悸がしたりしますよね。

これらの症状は、体内でアルコールを代謝させる際に発生する「アセトアルデヒド」が原因なんです。

このアセトアルデヒドの作用で、顔などの毛細血管が拡張されて、顔が赤くなるんですね。

また、アセトアルデヒドは交感神経へも刺激を与えるといわれています。

これにより、脈拍が上がり、血圧が上がり、冷や汗が出たり、動機がするようになるんですね。

逆にですね、少量の飲酒は血圧を下げるといわれているんです。

大量の飲酒が血圧を上げるんですね。

原因として、飲酒によって体内に取り込む水分量が増えることや、アルコールが血管系に及ぼす毒性によって、動脈硬化を引き起こしているんですね。

これによって血圧が上がるんですね。

さらに、お酒を飲むと、おつまみを食べますよね。

そのおつまみはしょっぱい塩分量の多いものがおいしいですね。

これらが原因なんですね。

お酒は止めるのは酷ですから、量をほどほどに飲むようにするのがよいのかもしれませんね。

僕も・・・

↓累計1万通のお客様のお喜びの声↓


骨の成分と骨を強くするには

骨の成分とは

骨の成分は、リン酸カルシウムとタンパク質が70%、コラーゲンを主成分とする有機物が20%、そして水分が10%といわれています。


<スポンサードリンク>

骨を強くするには

骨を強くするには、適度な運動と日光浴、栄養が必要なんですね。

栄養はカルシウムとビタミンDが必要といわれているんです。

日光浴はカルシウムの吸収率を高めてくれるんです。

つまり、日光浴によってビタミンDは皮膚で作られ、そのビタミンDがカルシウムの吸収率を高めてくれるんですね。

カルシウムは腸で吸収されにくいといわれているんです。

ですので、吸収率の高い乳製品や小魚、大豆製品がを摂ることがいいんですね。

また、ビタミンKは骨の形成化を促す働きがあるんです。

ビタミンKは納豆やキムチなどの発酵食品、ホウレン草や小松菜に多く含まれています。

そして、骨は常に生まれ変わっていて、骨が古くなると壊され、新しい骨が作られているんですね。

しかし、骨の材料が不足すると、骨がスカスカになってしまい、骨折しやすくなるんです。

さらには、骨粗しょう症になったりするんです。

骨粗しょう症の予防には、カルシウムを1日700~800ミリグラム摂るのがよいといわれているんです。

この量はあんまり厳密に考える必要はなく、例えば、牛乳やチーズ、ヨーグルトや豆腐などカルシウムが豊富なものを、1日に2品食べるようにすると摂れる量なんですね。

また、加工食品で使われている食品添加物には、リンが多く含まれているんです。

このリンを過剰に摂ると、カルシウムの吸収を妨げるんですね。

また、食塩やカフェインの獲り過ぎは、カルシウムを尿で排出する作用があるんです。

また、骨を強くする運動として、骨に負荷がかかる運動が良いといわれているんです。

これもあまり難しく考える必要はなく、日常生活で散歩をしたり、階段の上り下りなどすることを心がければよいようです。

<スポンサードリンク>

カルシウムを摂る工夫とは

1日3食ちゃんと食べるようにするのがよいといわれています。

当たり前のことですが、カルシウム不足はもちろん、栄養が足りなくなると骨も体も弱ってくるんですね。

また、飲み物は牛乳や豆乳を飲むようにすると、カルシウムが多く摂れるようになりますよね。

コーヒーや紅茶にちょいとたらしもいいですよね。

スキムミルクもカルシウムが豊富に含まれていて、効率よくカルシウムを摂取できるといわれているんです。

スキムミルクは牛乳から脂肪分と水分をほとんど全て除去して、粉末状にしたものなんですね。

つまり、牛乳の脂肪分をメインに作られるバターや生クリームの真逆なんですね。

スキムミルクは牛乳の持つ豊富なたんぱく質とカルシウムを濃縮したものなんです。

また、骨まで食べられる煮干しやじゃこ、骨ごとすり身にしたつみれなども多くのカルシウムが摂れそうですよね。

これらをすりつぶして、粉末にしてふりかけにしてもいいかもしれませんね。

ビタミンDを摂るための工夫とは

ビタミンDは野菜や穀物、豆、イモ類には含まれていないんですね。

ビタミンDが多く含まれているのは、魚類やキノコ類なんです。

シイタケは紫外線にあたるとビタミンDが増えるといわれていて、シイタケを食べるときには、料理をする前に天日で干すといいんです。

干しシイタケも天日で干すと、ビタミンDが増えるんですね。

カルシウムを多く摂ったとしても、ビタミンDが少なければ、十分吸収されないんです。

ビタミンKを摂る工夫とは

ビタミンKは納豆に非常に多く含まれているんです。

また、納豆にはカルシウムやタンパク質も多く含まれているんです。

ビタミンKは緑黄色野菜にも多く含まれ、ビタミンKは脂溶性ビタミンなので、油を使った調理が相性がいいんです。

このビタミンKは吸収された カルシウムを骨に取り込むのを助けてくれるんですね。

骨の成分や骨を強くする方法を挙げてみましたが、参考にしてくださいね。

↓カルシウムの吸収率が違います↓