月別アーカイブ: 2019年4月

ストレートネックとは?診断方法は?治らないんでしょうか?

ストレートネックとは

首の骨(脛骨「けいこつ」)は通常は緩やかなカーブを描いているんですね。

この自然なカーブが失われた状態をストレートネックというんですね。

首の骨の湾曲角度は30~40度が標準で、30度以下の人が増えているといわれているんです。

首の骨の湾曲は、重たい頭部の衝撃を吸収するためなんですね。

頭の全ての重みが首の付け根部分にのしかかるんです。

頭部の重さはボウリングの球ほどの重量があり、頭が前に突き出ると首のカーブが失われて首の骨がストレートになるんです。

これによって、首、肩周辺の神経や血管が圧迫されるんです。

つまり、慢性的な血行不良になるんです。

首の骨が正常な位置にあれば、血液はスムーズに流れるんですが、ストレートネックの状態だと、血液の流れ道、気の流れ道に負担がかかるんですね。

このストレートネックによって、肩こりや首の痛み、腕のだるさなどの症状が現れるんです。

さらには、頭痛、吐き気、めまい、イライラなどの症状も現れるといわれているんです。

この原因は猫背などの姿勢の悪さ、運動不足、ストレスからくる首や肩の筋肉のこわばりなんです。

パソコンやスマホを長時間使用する人や、携帯ゲームやテレビゲームを長時間する人に多いといわれているんです。

座りっぱなしのデスクワークしていたり、車の運転を毎日長時間していたり、長時間前かがみやうつむいている姿勢を続けている人がなりやすいといわれているんです。

視線が下向きになるので猫背になり、顔とあごが前に突き出す格好になるんですね。

長時間筋肉が動かないため、緊張した筋肉に首の骨が前方へ引っ張られて徐々にストレートネックになっていくんですね。

スポンサードリンク

ストレートネックの診断方法とは

ストレートネックであるかの診断は、レントゲン検査をすればすぐにわかるといわれているんです。

またですね、自分で確認する簡単な診断方法もあるんです。

壁を背にして気を付けの姿勢をするんです。

まず、かかとを壁につけて、お尻、肩甲骨、後頭部という順番で4か所を壁に付けていきます。

意識しないで壁に自然につけば、首の骨は正常な状態なんです。

しかし後頭部が壁につかなかったり、意識的に首を後ろに倒さないと付かない場合にはストレートネックである可能性が高いといわれているんです。

ストレートネックを招く悪い癖とは、スマホや携帯電話を使うときの姿勢なんですね。

うつむいて画面を見ることで頭を突き出してしまう姿勢になるんです。

スマホや携帯電話を頭の高さに上げれば予防はできるんですが、どうしてもうつむいてしまいますよね。

またですね、高すぎる枕で寝ていると首や肩の筋肉が緊張してコリや張りを招くんですね。

できるだけ枕を使わずに仰向けで寝てみると、これだけで首のコリや痛みがすぐに治ってしまうこともあるんです。

またですね、ショルダーバックや手さげかばんをいつも同じ側で持つと、左右どちらか一方へ偏った負担が首や肩のコリになってしまうんですね。

左右にこまめに持ち直すことが大切なんですね。

スポンサードリンク

ストレートネックは治らないんでしょうか?

ストレートネックを放っておくと脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなり、頸部脊柱管狭窄(けいぶせきちゅうかんきょうさく)になることもあるようです。

これは本来加齢により、筋肉が衰えた首が変形して発症する症状なんですね。

最近ではストレートネックが悪化して起こることもあり、高齢者だけでなく若い人にも増えているといわれているんですね。

症状は慢性的な肩こり、首の痛み、手の痺れ、握力が弱くなる、さらには太ってないのに二重あごになったりするんです。

ストレートネックは体のゆがみで、長い時間かけて骨格についてしまう癖のようなものなので、マッサージを受けたぐらいでは治らないんですね。

ストレートネックを治す方法として、寝ている間に姿勢を正すことで、骨や筋肉のゆがみを取る方法があるといわれているんですね。

首の下にバスタオルで作った枕を置いて仰向けで寝るんです。

これは首の曲線をキープした状態寝ることで、首の曲線を取り戻すんです。

首にかかる負担を少なくして、寝ながら本来の曲線を取り戻していくんですね。

タオルを半分に折りたたんで、クルクルと丸めて太めの棒状にします。

直径10センチぐらいの棒状にして、首を載せて正しい姿勢になっているかをチェックしてみてください。

首の曲線と枕とが合っていると、目線が真上を向くんです。

苦しい場合はバスタオルが大きすぎるか、後頭部に当たっている可能性がありますから確認してみてくださいね。

首の曲線に当たるように、位置をずらして調整してみてくださいね。

首が浮いているような場合は、バスタオルが小さすぎる可能性があります。

また、肩や肩甲骨が浮いている場合は、枕の位置が下がり過ぎていて、肩に当たっている可能性があります。

正しい姿勢を確認してみてくださいね。

あとは仰向けになって寝るだけ。

仰向けになって寝ることに慣れていない人は、寝る前の10分だけでもこの姿勢をキープするだけでもいいですからね。

実際、普段仰向けに寝ない人も首のカーブにフィットすると、上向き寝が苦にならないんですよ。

そしてですね、首の血行がよくなるんで、思ったよりもすぐに寝付けるんです。

いろいろストレートネックについてお話ししましたが、参考にしてみてくださいね。



いびきは病気?対策はあるんでしょうか?

いびきは病気なんでしょうか?

いびきとは睡眠時の呼吸に伴う雑音のことをいうんです。

睡眠中は全身の筋肉が緩み、舌を含む喉の周りの筋肉が緩み、仰向けに寝ることで重力が下に落ち込み、上気道が下に落ち込むんですね。

上気道とは鼻・口、咽頭、喉頭までの呼吸器(鼻から気管の入り口までの空気の通り道)のことで、空気を暖め、湿度を加え、空気中のちりやほこりを捕捉する働きがあるんですね。

ちりやほこりは鼻腔で60~80%を捕捉していて、10μ以上の物質は上気道で捕捉するといわれているんですね。

落ち込んだ上気道に空気が通ることで、周囲の組織が振動していびきが起こるんです。

狭いところを空気が通ろうとすると空気抵抗が大きくなり、振動が起こるんですね。

これはトランペットなどの管楽器の音が出る仕組みと同じなんですね。

また、口で呼吸をしていると、鼻呼吸に比べて軟口蓋が落ち込みやすくなり空気抵抗を大きくするんですね。

いびきをかく人のほとんどが、口を開けたまま口呼吸で寝ているといわれているんです。

またですね、上気道を狭めてしまうことは寝ている姿勢が関係しているともいわれているんです。

椅子に座った状態でウトウトしているときに、いびきをかく人はいないんですね。

そしてですね、いびきには2種類あるといわれているんです。

一つは鼻づまりや疲労、飲酒、風邪などが原因の一時的ないびきなんです。

このいびきは原因を取り除けば、解消することができるんですね。

もう一つは睡眠時無呼吸を伴ういびきで、これを睡眠時無呼吸症候群(SAS)といい、睡眠中に呼吸が停止する状態や止まりかける状態が何度も繰り返される病気なんですね。

いびきの音に関しても、常に大きな音でいびきをかくんですね。

無呼吸(停止する)と低呼吸(止まりかける)が1時間に5回以上起こるんです。

そして、呼吸が止まるたびに脳が短時間覚醒するため、眠りが浅くなるんですね。

そのため、起床時に頭痛、日中の強い眠気、疲労感、集中力や記憶力の低下などの自覚症状が現れるといわれているんです。

原因の一つは、空気の通り道である上気道が物理的に狭くなり、呼吸が止まってしまうことです。

SASの人の9割の人がこのタイプなんですね。

首や喉の周りの脂肪沈着や扁桃肥大、舌の付け根、のどちんこ、軟口蓋などによる喉や上気道が狭まることで起こるんです。

そして、根本的な原因としては骨格が関係しているといわれているんです。

骨格が大きければ多少太ったしても、上気道を狭めることはないともいわれているんです。

骨格が小さいと上気道のスペースが圧迫されて狭くなり、閉塞しやすい状態になるんですね。

もう一つの原因は、呼吸中枢の異常のため呼吸が止まってしまうんですね。

これは脳から呼吸指令が出なくなる呼吸中枢の異常で、上気道が開いたままで、呼吸しようとする努力が見られないんですね。

心臓機能の低下している人の30~40%の割合で、この中枢型の無呼吸が見られるといわれているんです。

重症のSASは死亡率を約4倍にも上昇させているといわれているんです。

日中の強い眠気が居眠り運転や労働災害につながっていくんです。

睡眠中に呼吸が止まると、血液中の酸素が不足し動脈硬化や不整脈の原因になるともいわれているんです。

熟睡できないことで血圧や血糖値が上昇するんです。

また、新陳代謝に異常が出るため、肥満になっていくんです。

いびきは立派な病気で、いいことがないんですね。

スポンサードリンク

いびき対策はあるんでしょうか?

いびき対策として一番にすることは、鼻詰まりを解消することなんですね。

まずは血管収縮剤の入った点鼻薬を処方してもらって、呼吸が楽になるようにするんです。

点鼻薬でいびきが解消した場合は、鼻詰まりが原因ですので、もし鼻の構造に異常があるような場合には、レーザーメスなどの簡単な手術でいびきを解消できるんですね。

鼻詰まりのない場合や鼻詰まりが解消してもいびきが改善しない場合には、睡眠時無呼吸の検査をしてもらい、睡眠時無呼吸症候群であるなら治療が必要になるんですね。

軽度の場合にはマウスピース治療や肥満を解消したり、いびき体操などで改善していくんですね。

また、生活習慣の改善でもいびきを解消することもできるようです。

太ると首や喉回りに脂肪がつくだけでなく、上気道の壁にも脂肪がつくといわれているんです。

それによっていびきが起きやすくなるんですね。

ですので、適正な体重を維持するためには、少しだけダイエットも必要かもしれませんね。

寝る前のお酒を控えることもいびき対策になるようで、アルコールによって上気道を支える筋肉が緩むと上気道が狭くなり、いびきをかきやすくなるといわれているんですね。

またですね、仰向けで寝るよりも横向きで寝ると上気道の閉塞を軽減し、いびきを改善できるともいわれているんですね。

体が自然に横向きになるような形状の枕も売られているようです。

抱き枕も体の一方にかかる負担が軽減され、眠りやすくなるといわれているんです。

いびきは軽いうちなら自分で治せるといわれていますので、一番簡単な横向きで寝るようにしてみてはどうでしょうか。

肥満の人がいびきをかきやすいのは、横向きで眠れない人が多いからなんですね。

すべてがつながっているんですね。

いろいろいびきについてお話ししましたが、参考にしてくださいね。



予後の使い方や生命予後と機能予後とは

「予後」という言葉の使い方とは?

予後とは、今後の病状についての医学的な見通しのことをいうようです。

医学的な健康状態に関する経験に基づいた、予想される見解のことなんですね。

病気の進行具合、治療の効果、生存できる確率などすべてを含めた見通しなんですね。

治療を行った後に病状がどのような経過をたどるのかを予測し、見通しを立てるんです。

その判断材料には数々のものがあるので、必ずこうなるというものではなく、ある確かな数値としてあらわすことはできないんですね。

予後を判断する材料となるものを「予後規定因子」または「予後因子」といい、主な予後因子には疾患の種類、症状、病期、病理像、部位遺伝子、合併症、年齢などがあるんですね。

「予後が良い」という場合は「これから病気がよくなる可能性が高い」という意味で、後遺症などもなく回復していくことを意味しているんですね。

「予後が悪い」という場合は「これから病気が悪くなる可能性が高い」という意味で、死亡したり後遺症を残すことを意味しているんですね。

また、余命の意味に限定して使う場合もあるようです。

お医者さんによって異なる意味に使われていて、患者さんは混乱しやすいんですね。

「予後は3か月程度です」というような場合には、「余命」という直接的な表現を避けるために使うようです。

悪性度の高い進行がんや末期がんなどでは、「生存期間」の意味で使うようです。

しかし、患者さんによっては3か月程度で良くなるという意味でとる人もいる可能性があるかもしれません。

ですので、病気について説明を受ける人は、自分にとって最善の医療を選択するためには病気の見通しを明確に理解することが大切なんですね。

病気がこれからどうなっていくのか、良くなるのか、悪くなるのか、悪くなるとしたらどういう状態になるのか、といったことを具体的に説明を受けることが大切かもしれませんね。

また、精神疾患などでは社会復帰が可能かどうかの意味をいうようですね。

スポンサードリンク

生命予後と機能予後とは?

生存を考える場合は「生命予後」、機能に関する後遺症が残るかどうかを考える場合には「機能予後」という言葉を使うんですね。

生命予後とは病気、手術などの経過において生命が維持できるかどうかの予測なんですね。

機能予後とは病気、手術などの経過において疾患部位の機能が維持できるかどうかの予測なんですね。

例えば、うつ病は精神疾患ですが、自殺という生命予後に直結する危険がありますよね。

脳卒中の生命予後は悪くないですが、後遺症などの機能予後が悪いと言うことができますよね。

またですね、予後とは、獣医学用語としても使われることもあるようです。

競走馬が骨折などにより「予後不良」などと診断されるんですね。

「予後」という言葉についていろいろ調べてみましたが、参考してくださいね。



自律神経失調症やその薬はどんなものなんでしょうか?

自律神経失調症とはどんな病気なんでしょうか?

自律神経失調症は不規則な生活習慣やストレスなどにより自律神経のバランスが乱れるために起こるんですね。

自律神経とは内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経なんです。

全ての内臓、全身の血管、分泌腺を支配していて、意思とは関係なく独立して働いているんです。

内臓や血管は自分の意思で動かすことはできないですよね。

意識しなくても呼吸したり、食べ物を消化するために胃を動かしたり、体温を維持するために汗をかいたりしてくれるんですね。

自律神経には交感神経と副交感神経があるんです。

交感神経は起きているときの神経で、緊張しているときの神経なんです。

副交感神経は寝ているときの神経で、リラックスしているときの神経なんですね。

目が覚めると交感神経が副交感神経より活発になり、体がシャキッとして活動を行うことができるんですね。

目の瞳孔が開き、多くの情報が脳に入るようになるんです。

目がよく見えるように涙の分泌が減ります。

活発な活動に応じて全身に血液を送り、心臓がドキドキと一層働くんです。

心身を興奮状態に置き、とっさの対応が必要なときに備える体制を作るんですね。

活動中に排尿や排便が出ないように、膀胱の筋肉はゆるみ尿の貯留量が増えたり、肛門括約筋によって大便が出ないようにしているんです。

夜になると副交感神経が優位になり、寝つきがよくなってぐっすり眠れ、心身の休息と回復が行われるんですね。

血管を拡張させたりホルモン分泌を増加させるんです。

血管が拡張することによって血液やホルモンが体中の細胞に運ばれやすくなるんです。

血液は体内の細胞に栄養素を運び、細胞からの老廃物を受け取る働きがあるんですね。

細胞は効率よく栄養の吸収と老廃物の排出を行うんです。

また、睡眠中は成長ホルモンによって細胞の新陳代謝を促進し、病気の治療、免疫力の向上、アンチエイジングなどの働きをしてくれるんです。

自律神経失調症になると身体の一部が痛んだり、精神的に落ち込むなどの症状が現れるんです。

頭痛、耳鳴り、疲れ目、動悸、息切れ、手足の痺れや痛み、胃の不快感、吐き気、下痢、便秘、肩こり、筋肉の痛み、生理不順などなんです。

全身症状としては、めまい、微熱が続く、倦怠感、疲れやすい、フラフラして力が入らない、ほてり、食欲がない、睡眠障害、なども現れるんです。

精神症状としては、イライラする、怒りっぽくなる、不安感や恐怖心に襲われる、記憶力や集中力の低下、やる気が出ない、すぐに悲しくなって落ち込む、なども現れるんです。

スポンサードリンク

自律神経失調症の薬はどんなものなんでしょうか?

自律神経失調症には「グランダキシン」という自律神経調整薬があるようなんです。

これは脳に作用して自律神経系のみだれを調整することで、頭痛、めまい、不安、意欲低下などの症状を改善してくれるんです。

これは脳の視床下部という部位に作用して、自律神経系のバランスや過度な興奮を調整してくれるんです。

自律神経系の乱れを整えてくれるグランダキシンの有効成分は、トフィソパムという抗不安薬なんです。

視床下部の異常反応である血管収縮による頭痛などを緩和してくれるんですね。

また、ストレスからくる自律神経の乱れも整えてくれるんです。

自律神経はストレスを排除する働きがあるんですが、それが強く出すぎたり、逆に副交感神経が出すぎたりしてバランスが崩れるために自律神経失調症が起こるんですね。

グランダキシンは強く出すぎた交感神経を抑えたりすることでバランスを整えてくれるんです。

副作用も少なく多くの人に服用されている薬なんですね。

副作用は少ないといわれているんですが、まれにあるようです。

眠気、めまい、ふらつき、頭痛、不眠、不安感、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、倦怠感、脱力感、ほてり、動悸などなんです。

抗不安薬としての作用があるので必ずお医者さんの指示に従って服用する必要があるんですね。

しかも処方薬なので日本で手に入れるには病院で処方してもらう必要があるんですね。

グランダキシンは世界中でジェネリック医薬品が開発販売されているんです。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に販売される新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安い薬なんですね。

このグランダキシンは更年期障害や多汗症にも効くようです。

更年期障害も自律神経のバランスが崩れることによって起こる症状なので、更年期障害によって起こる倦怠感や発汗などにも効くんですね。

また、多汗症に人は恐怖心や不安感が原因で発症することが多いので、これにも効くんですね。

自律神経失調症についていろいろ話しましたが、参考にしてくださいね。



うつ病の人への対応は?治療とは?サインとは?

うつ病の人への対応はどうすればよいのでしょうか?

まずは冷静に話を聞いてあげることが大切なんですね。

そして、うつ病の治療の基本は休養をとることなんですね。

もしかしたら、仕事や学校などを休むことに抵抗を感じるかもしれませんが、人生を長い道のりだと考えると今は治療をすることが最優先なんですね。

うつ病の人の状態には波があるといわれています。

症状がよくなってくると調子のよい日が現れるようになるんですが、翌日には不調の波が来るときもあるんですね。

ですので、その日の波に一喜一憂しないで、完全に治るまで見守ってあげることも大切なんですね。

子供にはうつ病であることを正直に話して、理解と協力が必要であることを伝えることも大切なんです。

うつ病を隠そうとしても、子供は元気をなくした親の変化を見るときっと不安な思いを抱くと思いますよ。

またですね、うつ病の治療薬を服用してしまうと依存してしまうとよく言われますが、それは誤解なんですね。

逆に勝手に服用を中断することの方がうつ病を悪化させる危険があるんですね。

もし中断してあげたいと思ったなら、お医者さんに相談してみてくださいね。

またですね、うつ病が病気であることを認識することも大切なことなんです。

誰でもかかりうる病気で、程度の差はあるけれども必ず治る病気であることを理解するんです。

薬物による治療が必要ですし、薬物治療は有効であることも理解するんです。

あせらずゆっくりとした気持ちになって、決して励まさないことも大切なんです。

「負けるな」とか「強くなれ」とか「しっかりしろ」とか「気合いだ」とか・・・

激励はただでさえ懸命にがんばろうとしている本人に、焦りを与えているのと同じことですからね。

最悪、自殺という方向へ舵取りをさせてしまうことにもなりかねないですからね。

周囲の余裕のある態度が大切ですからね。

当事者よりも周囲の人は健康なんですから、とにかく余裕を持つように言い聞かせてくださいね。

話したり、聞いてあげたりして寄り添ってあげてくださいね。

スポンサードリンク

うつ病の治療とはどのようなものがあるんでしょうか?

うつ病の治療には休養、精神療法、薬物療法があるといわれているんです。

ただ、先ほども話しましたが、うつ病の治療の中でも心と体を十分に休養させることが最も重要なんですね。

毎日をフル回転で送ってきた人達に、いったんブレーキをかけることは、新たに自分のペースをつかむきっかけになるんですね。

休養をとることで、薬物療法の本来の力が発揮できるともいわれているんですね。

抑うつ症状の強い時期には静かな環境で安静を保つ必要があるんですね。

抑うつ状態とは、気分が落ち込んで活動を嫌っている状態であり、そのため思考、行動、感情、幸福感に影響が出ている状態のことなんですね。

また、3食をなるべく決まった時間に摂り、一定の睡眠時間を保つなど生活リズムを乱さないようすることも大切なんです。

気が向くようなら散歩などの軽い運動も心と体に良い影響をもたらすんですよ。

うつ病の人は早く治したい、早く仕事に復帰したいと強く思いを抱いているんです。

でもですね、大事なのはそれをもどかしく感じてあせらないようにすること。

あせって無理をすると余計悪化してしまうんですね。

またですね、うつ病の人は自分に自信を失って人生を左右するような決断を下してしまうこともあるんです。

退職を決意する、離婚を申し出る、大学を退学する、などなど・・・

人生に大きな影響を及ぼすような重大な決定は、必ず先送りすることが大切なんですね。

抑うつ状態のときに、そんな大切なことを決める必要はないんですね。

回復してもそれでも気持ちが変わらなければ、その時に決定すればいいんです。

またですね、仕事や家事を休むことで自分の存在価値を見失っている人もいるかもしれません。

この病気はできなくなったことに目が行きがちになるんですね。

回復期には少しずつでもできることが増えてきますから、ちょっとしたことでもできることへ目を向けるようにすると気分がだいぶん違うんですよ。

スポンサードリンク

うつ病のサインとはどういったものなんでしょうか?

うつ病は日本では15人に1人が、一生のうちに一度はかかる病気なんですね。

うつ病のサイン、心の不調のサインは自分では気づきにくいんです。

また、気づいたとしても自分だけで抱え込み、誰にも相談できない人が多いんです。

うつ病の治療では早期発見、早期対応が大切なんですね。

心の不調のサインに気づいたら、一番身近な存在の家族が話しかけてあげるのが一番なんですね。

実際のうつ病のサインとは・・・

朝早く目が覚めてしまう。

夜中に何度も目が覚めて眠れない。

寝つきが悪い。

睡眠に問題があるようですね。

さらに、食欲がない、食べてもおいしくない、また逆に、食欲が急に増えることもあるようです。

また、朝からぐったりと疲れ切っている。

疲労感が抜けない。

頭が重い、肩・首が重い。

下痢や便秘が続く。

気分が落ち込んでる、何事にも悲観的になる、憂鬱になる。

何事にも興味が持てない、何をするにもおっくう。

イライラして落ち着かない、不安がつきまとう。

会社に遅刻すること増えた、欠勤することが増えた、会社に行きたがらない。

口数が減る、否定的な発言が増える。

これらのサインが続くようなら注意が必要ですからね。

まずは声をかけてあげてくださいね。

そして、本人が一番言いたいことは何かを理解してあげてくださいね。

本人があまり語りたがらないようなら、「話したくなったらでいいよ」って伝えてあげてくださいね。

無理に聞き出す必要はないので、そっと見守ってあげるだけもいいですからね。

いろいろお話ししましたが、参考にしてくださいね。



免疫の種類や働き、どんなふうに体を守ってくれているんでしょうか?

免疫の種類はどんなものがあるのでしょうか?

免疫細胞とは白血球のことで、体の中に侵入してきたウイルスや細菌から常に命を守り続けているんです。

樹状細胞とは外気に触れる鼻腔、肺、胃、腸管、皮膚などに存在している細胞で、枝のような突起を周囲に伸ばすような形をしているんです。

異物を自分の中に取り込み、その異物の特徴(抗原)を他の免疫細胞に伝える働きを持っているんですね。

抗原を取り込んだ樹状細胞は、リンパ節などのリンパ器官へ移動し、T細胞やB細胞などに抗原情報を伝えることで、それらの免疫細胞を活性化させるんですね。

そして、活性化されたT細胞やB細胞が異物を攻撃するんです。

マクロファージはアメーバ状の細胞で、体の中に侵入してきた異物を発見すると、自分の中にそれを取り込んで消化(貪食処理)をするんです。

リンパ球とは白血球の成分の一種で白血球の25%を占め、チームを作ってウイルスなどの外敵や腫瘍などの異物を攻撃するんです。

体内に侵入した異物を記憶し、それが再び侵入してきた時には記憶に基づいてすばやく対応し、排除する働きを持っているんですね。

リンパ球には、T細胞、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞などがあるんです。

T細胞はウイルスなどに感染した細胞を見つけて排除するんです。

T細胞にはヘルパーT細胞(司令塔)、キラーT細胞(殺し屋)、制御性T細胞(ストッパー・クローザー)の3種類があるんです。

ヘルパーT細胞(司令塔)は樹状細胞やマクロファージから異物の情報(抗原)を受け取り、サイトカインなどの免疫活性化物質などを産生して、攻撃の戦略を立てて指令を出すんです。

キラーT細胞(殺し屋)は樹状細胞から抗原情報を受け取り、ウイルスに感染した細胞やがん細胞に取り付き排除するんです。

制御性T細胞(ストッパー・クローザー)は、キラーT細胞などが正常細胞にも過剰な攻撃をしないようにキラーT細胞の働きを抑制したり、免疫反応を終了に導いたりしてくれるんですね。

B細胞は血液のもととなる細胞(造血幹細胞)から作られ、樹状細胞の指令を受けると、外敵や異物だけを攻撃する抗体を作り、異物排除を手助けするんです。

B細胞は細胞ごとに作る抗体の種類が決まっていて、B細胞が作り出せる抗体に見合った外敵が出現した場合にのみ活性化し、抗体を作り出すんです。

NK細胞は常に体の中をパトロールし、ウイルスに感染した細胞などを発見すると単独で攻撃を仕掛けるんです。

T細胞とは違って、他からの指示を必要とせず、一人で外敵や異物を攻撃できるため、natural killer「生まれつきの殺し屋」と名付けられたんですね。

顆粒球(かりゅうきゅう)とは白血球の成分で細胞の中に殺菌作用のある成分「顆粒」を持っているんです。

好中球、好酸球、好塩基球の3種類があるんですが、通常はほとんどが好中球で、90~95%を占めていているんです。

さらに、白血球全体の50~70%を占めているんです。

細菌や真菌(カビ)などの感染には好中球が最初に集結し対処をするんですが、好中球は抗原提示は行わないんです。

好中球が処理できなかった細菌などの異物をマクロファージなどが貪食し、抗原提示するんです。

怪我などをした後に傷口から発生する膿は、細菌との戦いで死んだ好中球の死体がほとんどなんですね。

好中球は細菌類に接触すると表面の受容体(レセプター)を介して異物を認識し接着結合し、結合した異物を取り込み殺菌するんですね。

スポンサードリンク

自然免疫や獲得免疫という考え方もあるんです

自然免疫とは受容体(レセプター)を介して侵入してきた病原体や異常になった自己の細胞をいち早く感知し、それを排除する仕組みなんですね。

受容体(レセプター)とは生物の体にある外界や体内からの何らかの刺激を受け取り、情報として利用できるように変換する構造のことをいうんです。

目や耳などの外界の情報を得る器官のことや、それらの器官の構成成分である受容細胞のこと、刺激を受け取る分子やタンパク質のことなんですね。

そして、自然免疫の免疫担当細胞は主に好中球やマクロファージ、樹状細胞といった食細胞なんです。

病原体を排除する基本的な方法は、抗菌分子が病原体に作用し、穴をあける、融解するなどして病原体を処理したり、食細胞が病原体を貪食処理するんです。

獲得免疫とは感染した病原体を特異的に見分け、それを記憶することで同じ病原体に出会った時に効果的に病原体を排除できる仕組みなんですね。

自然免疫と比べると応答までにかかる時間が長く、数日かかるといわれているんです。

獲得免疫の免疫担当細胞は主にT細胞やB細胞といったリンパ球なんですね。

免疫の種類や働きについていろいろ調べてみましたので、参考にしてくださいね。



橋本病とはどんな病気で治るのでしょうか?

橋本病とはどんな病気なんでしょうか?

橋本病とは、甲状腺に慢性の炎症が起きている病気なんです。

橋本病の原因は自己免疫の異常で、この異常がどのようなきっかけで起きているのかは未だに明らかになっていないんです。

甲状腺とは、喉仏の下に存在する蝶々型をした組織で、甲状腺の働きとは甲状腺ホルモンを産生することなんですね。

甲状腺ホルモンとは、新陳代謝を活発にするホルモンで、妊娠の維持や子供の成長に重要なホルモンなんです。

成人女性の7~8人に1人が橋本病の素質を持っているといわれているんです。

甲状腺が腫れる場合、程度にもよるんですが顎の辺りに違和感を感じることがあるようです。

甲状腺の腫れは健診などで指摘されて、診断につながることが多いようです。

バセドウ病も甲状腺が腫れますが、橋本病の甲状腺腫は比較的硬く表面がゴツゴツしている傾向があるようです。

甲状腺機能が低下すると不妊や流産、早産、妊娠高血圧症候群などのリスクがあるんです。

これを予防するには、妊娠前から甲状腺機能を正常に保つことが大切なんですね。

また、自己免疫の異常について、免疫とは外部から侵入する異物を排除する仕組みですが、しかしなぜか自己の臓器やタンパク質を異物と認識して反応することがあるんです。

これによって起こる病気を自己免疫疾患というんです。

橋本病は、九州大学の外科医であった橋本策博士が世界で初めてこの病気に関する論文を発表し、博士の名前にちなんで名付けられ病名なんですね。

またですね、甲状腺機能低下症とは、血液中の甲状腺ホルモンが不足した状態をいうんです。

甲状腺ホルモンは代謝を調節するホルモンで、不足すると次のような症状が現れるんですが、適切な治療を行うと症状が改善するといわれているんです。

むくみが現れるようです。

皮膚を指で押さえてへこませても元に戻るぐらいのむくみで、全身に現れるようです。

特に起床時に手や顔がむくみ、昼頃になると少し改善する傾向があるようですね。

唇、舌、喉の奥の粘膜のむくみがあると、声が低くなり、しゃべりにくくなることもあるようです。

また、新陳代謝が低下するため、皮膚も乾燥してカサカサになるようです。

汗が少なくなり、髪の毛が減ることもあるようです。

また、新陳代謝の低下により全身の熱の産生が減り、寒さに弱くなるようです。

胃腸の働きも悪くなるため、食欲が減り食べる量が少なくもなるようです。

にもかかわらず、新陳代謝が低下するのでむくみが起き体重が増えるようです。

お腹が張って便秘気味になり、さらに心臓の働きが遅くなり、脈の回数が少なくなるようです。

甲状腺機能低下症の程度が強い場合には、心臓を包む袋に水がたまり、心臓が大きくなることもあるようです。

さらに、物事に対する意欲や気力が低下し、忘れやすくなったり行動的でなくなったりするようです。

すぐに眠くなったり口がもつれたり、ゆっくりしたしゃべり方になったりもするようです。

また、筋力の低下や肩こりがひどくなり、月経過多や長く出血することもあるようです。

スポンサードリンク

橋本病は治るのでしょうか?

橋本病の治療では、足りない甲状腺ホルモンを補充する薬物療法が基本なんですね。

良性の場合には基本的に治療の必要はないんです。

ただ、腫瘍の一部に悪性の細胞が潜んでいることもあるので、1年に1回は検査を受けることが必要なようです。

悪性腫瘍の場合は抗ガン剤が効きにくいことが多いので、手術によって甲状腺を部分切除、または全てを摘出する必要があるようです。

また、海藻類などに含まれるヨードを含む食品の食べ過ぎには注意が必要なようです。

ヨードは甲状腺ホルモンの材料なんですが、摂り過ぎると逆に甲状腺の機能が低下してしまうんですね。

実際にはかなりの大量に食べなければよい、といわれていますので、バランスの良い食生活を心がけることが大切なようですね。

橋本病であっても、甲状腺機能が正常な人や、甲状腺ホルモン値が正常な人は日常生活に制限がないようです。

スポーツや旅行なども問題ないようです。

甲状腺機能低下症の程度が著しいときは、スポーツなど激しい動きをすると筋肉痛が続くことになるようです。

ホルモン値が改善するまで安静が必要な場合もあるようです。

橋本病についていろいろ話しましたが、参考にしてくださいね。



オリゴ糖とはどんなもの?赤ちゃんの便秘に効果はあるの?

オリゴ糖とはどんなものなんでしょうか?

オリゴ糖は砂糖の仲間の糖質なんですね。

オリゴ糖と砂糖の違いは、オリゴ糖は胃や小腸で消化吸収されず大腸まで届くんです。

さらに、腸の善玉菌の代表ビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌を増やしてくれるんです。

腸内には体に良い働きをする善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌が棲んでいるんです。

善玉菌のナンバー1であるビフィズス菌は悪玉菌の増加を抑えるために常に戦っているんです。

偏食、環境の変化、ストレス、運動不足、加齢によってビフィズス菌は減少していくんです。

ですので、腸内のビフィズス菌を増やしてあげることが大切なんですね。

そしてですね、オリゴ糖にも種類があって、砂糖に果糖が結びついたのがフラクトオリゴ糖、大豆由来の大豆オリゴ糖、乳糖由来のガラクトオリゴ糖などがあるんです。

腸内には1000種類ともいわれる細菌が100兆個も存在するといわれているんです。

ですので、1種類のオリゴ糖を摂取するより多くの種類のオリゴ糖を摂ることが善玉菌をたくさん増やしてくれるんですね。

それには、いろいろなオリゴ糖を豊富に含む食品を食事にとり入れることが大切なんですね。

大豆などの豆類、玉ねぎ、ねぎ、ごぼう、アスパラガスなどの野菜、バナナなどの果物、これらはいろいろなオリゴ糖を多く含み、さらに腸内細菌を元気にしてくれる食物繊維を豊富に含んでいるんです。

大腸では、小腸から送られてきた食べ物のカスなどを含む水分たっぷりの内容物を材料に便を作っているんです。

便の中身のほとんどは、消化酵素で分解できない食べ物のカスで、このカスを作るのに欠かせないのが食物繊維なんですね。

またですね、人間は糖質をデンプンという形で摂るんですが、これが分解されてブドウ糖、果糖などの単糖に振り分けられたときに吸収されるんです。

砂糖たっぷりのお菓子など食べると、そんなに多くは食べられないですよね。

砂糖は2個の単糖を結合してできているので、すぐに分解・吸収され、血糖値が上昇する結果、満腹感が得られやすいんですね。

しかしですね、オリゴ糖は単糖類が2~6個つながっている糖類で体に吸収されにくく、そのまま大腸に到達する特性があるんですね。

つまり、オリゴ糖の特性は血糖値が上昇しにくいという特性、難吸収性という特性により大腸にそのまま到達し、腸内のビフィズス菌などの善玉菌のエサとなってくれるんですね。

ただ、オリゴ糖はあまり消化がよくないので、食べ過ぎるとお腹が張ったり、下痢になったりすることがあるので注意が必要なんです。

オリゴ糖自体には整腸作用があるわけではなく、あくまでビフィズス菌など善玉菌を増やして腸内環境のバランスを整えることで、結果、整腸につながるんですね。

またですね、赤ちゃんの腸内に生息する細菌のほとんどはビフィズス菌といわれているんです。

この最高の腸内環境によって免疫力が強く、生後数か月は病気にかかりにくいといわれているんです。

成人の腸内のビフィズス菌は10%程度といわれているんです。

ちなみによく聞く乳酸菌は1%以下といわれているんです。

そして、中高年以降は悪玉菌が急速に増加するといわれ、高齢者はビフィズス菌が極めて少ないといわれているんですね。

オリゴ糖が腸内に入れば、ほぼ確実にビフィズス菌のエネルギー源になるといわれているんです。

ビフィズス菌が増えると、免疫力がアップし、お通じが改善し、美肌効果、ミネラル吸収が促進され、便臭も軽減し、さらに気持ちの安定などの効果もあるんですね。

オリゴ糖にもいろいろ種類があるといいましたが、口に入れたオリゴ糖がほぼ100%小腸や大腸に到達するといわれているものもあるんです。。

チーズを生産する際の副産物が原料のガラクトオリゴ糖、ジャガイモやトウモロコシのデンプン、味噌、醤油、に含まれているフラクトオリゴ糖、ビート(てん菜)から作られたビートオリゴ糖などなんですね。

スポンサードリンク

オリゴ糖は赤ちゃんの便秘に効果はあるんでしょうか?

赤ちゃんにも便秘の症状が出ることもあり、これは珍しいことではないんですね。

もしかして便秘かもしれないと感じた時に少し様子をみてあげてください。

3日以上うんちが出ていませんか。

うんちが出ても少しだけで硬くありませんか。

お腹が張って苦しそうではありませんか。

ミルクを飲まなかったり、飲んだり食べたりしてもすぐに戻していませんか。

機嫌が悪くありませんか。

このような症状があるようなら、便秘を疑ってくださいね。

では、赤ちゃんにオリゴ糖をあげてもいいんでしょうか?

実は、お母さんの母乳の中にはオリゴ糖が含まれているんです。

ですので、赤ちゃんは生まれながらにしてオリゴ糖を摂取しているんですね。

オリゴ糖は天然物なので副作用はないですし、虫歯にもなりにくともいわれているんです。

オリゴ糖には虫歯菌が増えるのを抑えてくれる効果があるといわれているんですね。

ただ、さきほどもいいましたが、量を摂り過ぎるとお腹がゆるくなるので注意が必要なんですね。

さらに、赤ちゃんの便秘の原因を考えてみると、母乳は母親の食事に影響を受けますから、お母さんが肉やファーストフードなど脂肪分が多いものばかりを食べていると、母乳にも影響して赤ちゃんが便秘になりやすくなるんですね。

また、水分不足にも注意してあげてください。

便秘の原因の一番は水分不足ともいわれているんです。

普通なら母乳やミルクで水分は足りているんですが、夏の暑い日など大量の汗をかいたときなどは水分不足になり、大腸まで水分が行かなくなって、うんちが硬くなるんですね。

そんな時はミルクを多めにあげるか、白湯(さゆ)などで水分補給してあげてくださいね。

白湯(さゆ)の中にオリゴ糖を入れてあげると、ほんのり甘くなって赤ちゃんも喜んでのんでくれますよ。

オリゴ糖についていろいろお話しましたが、参考にしてくださいね。