相続

相続がやって来たら

相続

相続

相続がやってきたら」では、相続
手続の流れ、遺言作成、遺産分
割協議など相続関係の法律知識
を紹介していきたいと思います。

ごゆっくりご覧ください。


 ★相続がやって来たら

 ★相続手続

 ★遺言・生前贈与

 ★自筆証書遺言

 ★公正証書遺言・秘密証書遺言とは

 ★遺言書がある場合

 ★遺言トラブル

 ★遺留分とは

 ★法定相続って

 ★法定相続分って

 ★相続人欠格・相続人廃除って

 ★遺産分割協議とは

 ★相続人関係図・相続財産目録とは

 ★寄与分と特別受益って

 ★相続放棄と限定承認って

 ★名義変更するには

 ★リンク集

 ★財産評価

 ★土地以外の財産評価

 ★その他の財産評価

 ★相続税

 ★相続税税額控除

 ★贈与税


 相続に関する判例

 相続に関する判例2

相続がやって来たら

さて、「相続はやってくる」このタイトルですが、まさに相続は身近に起こっており、また相続は突然やってきます。

書いている私にもおそらくやってくるでしょう、突然に。

相続がやってくると、それと共に様々な問題を一緒に運んでくる可能性があります。


よくある話ですと親族間の揉め事です。

血は水より濃いといいますが、親族間でも相続でお金が絡むとそうではなくなることが多いのです。


例えば息子、娘たちでもめたり、相続人の配偶者(息子の奥さん)が間に入ってきてもめたり、相続する人が多ければ当然もめる可能性も多くなってきます。

また、相続財産がたくさんあってももめますよね。少しの知識があれば、もめることが無かったのにと思うことがよくあるんです。

日頃から考えておくことは大事なことです。

相続のことを考えておくことは、不謹慎なことではないのです。昔であれば少数の財産家だけに要求された相続をめぐる知恵、それが今誰であっても必要になってきているのです。

例え財産が無い場合であってもです。

揉め事になる話を前提としましたが、例えばこれを避ける方法とは?

賢いやり方の一つとしては、「遺言」という方法がありますよね。

ちょっと前の若貴兄弟の相続問題(ちょっと古いかな?)親方の遺言書があればもっとスムーズに解決していたのではないかと思うのですが??(実際は遺言書があったみたいですが・・さておき)

また、ヨーロッパやアメリカでは、遺産相続に遺言はつきもので50歳ぐらいになるとほとんどの人が遺言書を書き、遺言書がないほうがむしろ珍しいくらいだといわれてるんですよ。

話が無理やり「揉める事」前提に進んでしまいましたが、揉め事がなくても、税金の問題とか、不動産の所有権移転登記の問題、また、いろんな手続の問題も出てくると思います。

こんな問題を解決するのに役立てるようなサイトにしたく思っております。

相続相談はまだするな!!
相続問題なら、まずは無料相談から!!
無料法律相談ネット 知識のルツボ(坩堝)
Copyright(C)相続がやって来たらAll Rights Reserved
当サイトはリンクフリーです
相互リンクも募集しています
メールでお気軽にご連絡ください
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いします。