毎日お酒を飲むとどうなる?

毎日お酒を飲むと脂肪肝などになる

大量の飲酒を続けると、脂肪肝になるといわれています。

脂肪肝の段階では自覚症状がなく、飲酒を止めれば肝臓の状態は良くなるんですね。

しかし、飲酒を続けると、アルコール性肝炎やアルコール肝繊維症になり、発熱や腹痛の自覚症状が出てくるといわれています。

さらに飲酒を続けると、肝障害の末期である肝硬変になるといわれているんです。

また、飲酒によってすい炎を起こすこともあるといわれています。

すい炎には急性すい炎と慢性すい炎とがあり、急性すい炎は死亡につながることもあるといわれているんです。

慢性すい炎はすい臓の繊維化させ、消化酵素やホルモンの分泌を低下させるといわれています。

スポンサードリンク

毎日お酒を飲むことは悪いことだけではない

適量のお酒は、心と身体を健康にするといわれています。

毎日適量の飲酒をする人は、全く飲まない人に比べて、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあるという結果もあるようです。

お酒を飲むと気分がよくなりますよね。

これは大脳新皮質の働きを鈍くさせているんですね。

この大脳新皮質の働きは、合理的で分析的な思考や言語機能をつかさどっているんです。

この働きを鈍くするため、感情や衝動、食欲、性欲など、本能的な働きが活発になるんですね。

ワインやウイスキーの香りにはリラックス効果があり、ビールの原料ホップの香りには気分を落ち着かせるアロマ効果があるといわれているんです。

お酒は悪いだけじゃないんですね。

毎日お酒を飲むとアルコール依存症になることもある

毎日お酒を大量に飲むと、お酒の飲み方を自分でコントロールできなくなるんですね。

飲む量、飲むタイミング、飲む状況などコントロール不能になってしまうんです。

これをアルコール依存症というんですね。

お酒を飲むことが悪いとわかっているんですが、脳に異常が起きているために、お酒を飲むことがやめられなくなるんですね。

アルコールは麻薬と一緒で、薬物の一種なんですね。

毎日お酒を飲むとアルコールに対して、「耐性」ができるといわれています。

飲酒を始めた頃は、少量のお酒で気分良く酔っていたと思います。

しかし、アルコールに対して耐性ができてしまうと、酒量が増えていき、酔った感じがなくなってくるんですね。

すると、ますます飲酒量が増えていくんですね。

飲む時間や飲む場所も気にしなくなってくるんです。

少しでもお酒を口にすると、自分の意思が働かなくなってくるんですね。

ほどよいところで飲酒を止められないと、アルコール依存症になる可能性が高くなるんです。

スポンサードリンク

お酒を飲むと起こる症状とは

お酒を飲むと顔が赤くなりますよね。

血圧が上がり、冷や汗をかいたり、動悸がしたりしますよね。

これらの症状は、体内でアルコールを代謝させる際に発生する「アセトアルデヒド」が原因なんです。

このアセトアルデヒドの作用で、顔などの毛細血管が拡張されて、顔が赤くなるんですね。

また、アセトアルデヒドは交感神経へも刺激を与えるといわれています。

これにより、脈拍が上がり、血圧が上がり、冷や汗が出たり、動機がするようになるんですね。

逆にですね、少量の飲酒は血圧を下げるといわれているんです。

大量の飲酒が血圧を上げるんですね。

原因として、飲酒によって体内に取り込む水分量が増えることや、アルコールが血管系に及ぼす毒性によって、動脈硬化を引き起こしているんですね。

これによって血圧が上がるんですね。

さらに、お酒を飲むと、おつまみを食べますよね。

そのおつまみはしょっぱい塩分量の多いものがおいしいですね。

これらが原因なんですね。

お酒は止めるのは酷ですから、量をほどほどに飲むようにするのがよいのかもしれませんね。

僕も・・・

↓累計1万通のお客様のお喜びの声↓


骨の成分と骨を強くするには

骨の成分とは

骨の成分は、リン酸カルシウムとタンパク質が70%、コラーゲンを主成分とする有機物が20%、そして水分が10%といわれています。


<スポンサードリンク>

骨を強くするには

骨を強くするには、適度な運動と日光浴、栄養が必要なんですね。

栄養はカルシウムとビタミンDが必要といわれているんです。

日光浴はカルシウムの吸収率を高めてくれるんです。

つまり、日光浴によってビタミンDは皮膚で作られ、そのビタミンDがカルシウムの吸収率を高めてくれるんですね。

カルシウムは腸で吸収されにくいといわれているんです。

ですので、吸収率の高い乳製品や小魚、大豆製品がを摂ることがいいんですね。

また、ビタミンKは骨の形成化を促す働きがあるんです。

ビタミンKは納豆やキムチなどの発酵食品、ホウレン草や小松菜に多く含まれています。

そして、骨は常に生まれ変わっていて、骨が古くなると壊され、新しい骨が作られているんですね。

しかし、骨の材料が不足すると、骨がスカスカになってしまい、骨折しやすくなるんです。

さらには、骨粗しょう症になったりするんです。

骨粗しょう症の予防には、カルシウムを1日700~800ミリグラム摂るのがよいといわれているんです。

この量はあんまり厳密に考える必要はなく、例えば、牛乳やチーズ、ヨーグルトや豆腐などカルシウムが豊富なものを、1日に2品食べるようにすると摂れる量なんですね。

また、加工食品で使われている食品添加物には、リンが多く含まれているんです。

このリンを過剰に摂ると、カルシウムの吸収を妨げるんですね。

また、食塩やカフェインの獲り過ぎは、カルシウムを尿で排出する作用があるんです。

また、骨を強くする運動として、骨に負荷がかかる運動が良いといわれているんです。

これもあまり難しく考える必要はなく、日常生活で散歩をしたり、階段の上り下りなどすることを心がければよいようです。

<スポンサードリンク>

カルシウムを摂る工夫とは

1日3食ちゃんと食べるようにするのがよいといわれています。

当たり前のことですが、カルシウム不足はもちろん、栄養が足りなくなると骨も体も弱ってくるんですね。

また、飲み物は牛乳や豆乳を飲むようにすると、カルシウムが多く摂れるようになりますよね。

コーヒーや紅茶にちょいとたらしもいいですよね。

スキムミルクもカルシウムが豊富に含まれていて、効率よくカルシウムを摂取できるといわれているんです。

スキムミルクは牛乳から脂肪分と水分をほとんど全て除去して、粉末状にしたものなんですね。

つまり、牛乳の脂肪分をメインに作られるバターや生クリームの真逆なんですね。

スキムミルクは牛乳の持つ豊富なたんぱく質とカルシウムを濃縮したものなんです。

また、骨まで食べられる煮干しやじゃこ、骨ごとすり身にしたつみれなども多くのカルシウムが摂れそうですよね。

これらをすりつぶして、粉末にしてふりかけにしてもいいかもしれませんね。

ビタミンDを摂るための工夫とは

ビタミンDは野菜や穀物、豆、イモ類には含まれていないんですね。

ビタミンDが多く含まれているのは、魚類やキノコ類なんです。

シイタケは紫外線にあたるとビタミンDが増えるといわれていて、シイタケを食べるときには、料理をする前に天日で干すといいんです。

干しシイタケも天日で干すと、ビタミンDが増えるんですね。

カルシウムを多く摂ったとしても、ビタミンDが少なければ、十分吸収されないんです。

ビタミンKを摂る工夫とは

ビタミンKは納豆に非常に多く含まれているんです。

また、納豆にはカルシウムやタンパク質も多く含まれているんです。

ビタミンKは緑黄色野菜にも多く含まれ、ビタミンKは脂溶性ビタミンなので、油を使った調理が相性がいいんです。

このビタミンKは吸収された カルシウムを骨に取り込むのを助けてくれるんですね。

骨の成分や骨を強くする方法を挙げてみましたが、参考にしてくださいね。

↓カルシウムの吸収率が違います↓