背中ニキビの原因や痛みや薬や治療方法は

背中ニキビの原因とは

背中ニキビは年齢や性別に関係なくできるといわれ、でき始めは角質や皮脂が毛穴に詰まって黄白色に盛り上がるようです。

症状が進行すると、炎症を起こして痛みを感じるようになるんです。

詰まった皮脂は酸化して黒くなったり、炎症を起こしたニキビが化膿して膿(うみ)がたまることもあるんですね。

そして、悪化することでニキビの跡が残りやすくなるんです。

背中には皮脂腺が多く、ニキビが発症しやすいんですね。

原因は皮脂や汗、肌の乾燥だけでなく、不規則な生活、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなども関係しているようです。

これらの要因でホルモンのバランスが乱れて、さらに体のバランスが崩れて、肌の生まれ変わりのリズムも乱れてニキビができやすくなるんですね。

またですね、背中ニキビは「毛のう炎」といわれる皮膚の病気の場合もあるんです。

細菌や真菌(カビ)が毛のう(毛穴)に侵入して繁殖し、炎症を起こし、赤くブツブツしたニキビができるんです。

背中の他に肩、首、デコルテ、胸、太もも、おしりなどにもできるといわれているんです。

一見普通のニキビのように見えるんですが、周りが赤く表面に膿のたまったポケット状のくぼみがあるんです。

原因となる細菌や真菌はもともと人間の皮膚に存在する常在菌のようです。

それらが毛穴に入り込んで繁殖し炎症を起こすんですね。

汗などによるムレ、皮脂の汚れ、傷や摩擦での刺激、枝毛、紫外線などが原因といわれているんですね。

スポンサードリンク

背中ニキビが痛いのはなぜ?

背中ニキビは他の部分より目が届きにくいため、悪化しやすいんですね。

背中は服で擦れて刺激を受けやすく、角栓が詰まってニキビができやすいんです。

背中にニキビができても気づきにくいため、痛みやかゆみを感じて、初めてニキビに気づくんですね。

背中は他の部分より皮脂の分泌が多く、角質も厚くなりがちでニキビができやすいんです。

そして、ニキビが痛くなる原因は炎症によるものなんですね。

内臓の不調がニキビに出ることもあり、その場合には顔よりも背中にできることが多いといわれているんです。

油分の多い食事を摂りすぎて内臓が消化しきれないため、背中ニキビとして外に出てしまうんです。

糖分の過剰摂取も消化に負担がかかるんです。

またですね、背中ニキビはヘルペスの一種であることもあるんです。

ヘルペスウイルスは人間が持っているウイルスで、免疫力が低下したときに突然発症するんです。

皮膚炎の一種で強いかゆみや痛みがあるんですね。

さらにですね、肝機能の低下によって背中ニキビができることもあるようですね。

スポンサードリンク

背中ニキビの薬とは

背中ニキビの症状が軽い場合には市販薬でも治療できるといわれているんです。

背中ニキビの原因によって治療薬も異なるので、原因に応じた成分が配合されている市販薬を選ぶようにするのがいいんですね。

クロマイ―N軟膏(第一三共ヘルスケア)

市販薬で唯一抗真菌成分を配合した皮膚治療薬なんですね。

首、デコルテ、背中などの化膿したブツブツの原因菌に効くようです。

患部を保護して伸びのよい軟膏なのでジュクジュクした患部からサラサラした患部まで幅広く使用できるようです。

クリアレックスWi(第一三共ヘルスケア)

これは臭いやニキビなどの肌のトラブルとなる雑菌を殺菌洗浄してくれるんです。

清潔な皮膚環境を作り肌トラブルを防いでくれるようです。

背中ニキビはアクネ菌が原因で起こる一般的なニキビと異なることもあるんです。

真菌が原因で起こる毛のう炎の場合には、細菌や真菌の感染や増殖を抑えたり、皮膚の炎症を抑えたりする薬を使う必要があるんですね。

背中ニキビの治療方法は

背中ニキビの治療は毎日の生活で治療していくことが大切なんですね。

過剰に出た皮脂や毛穴の詰まりを落とすために、洗浄成分の強い石鹸などを使いゴシゴシ洗うのはよくないんですね。

必要な皮脂まで落とすのは、乾燥肌の原因になってしまうんですね。

そうなると乾燥から肌を守ろうとして、皮脂の分泌が多くなることがあるんです。

炎症を鎮めるためには石鹸をしっかり泡立てて柔らかいタオルで優しく洗うことが大切なんです。

そして、すすぎ残しのないようにすることも。

またですね、背中のスキンケアのためには食事も大切なんです。

ビタミンAは皮膚を強くしたり、細胞の老化を抑制してくれるんです。

ビタミンAを多く含むのは、ホウレンソウ、ニンジン、カボチャ、大葉、海苔などの緑黄色野菜などなんです。

ビタミンB群は脂肪の代謝を促進する働きがあるため、皮脂分泌の抑制と細胞の再生を促してくれるんです。

ビタミンB群を多く含むのは、豚肉、豆類、レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品、魚類などなんです。

ビタミンCは細胞と細胞をつなぐコラーゲンを生成したり、皮膚や血管の老化を抑制してくれるんです。

ビタミンCを多く含むのは、果物、野菜、イモ類などなんです。

ビタミンCは水に溶けやすく、熱にも弱い性質なので生で食べるのが一番なんですね。

背中ニキビについていろいろ話しましたが、参考してくださいね。



疲労の症状の原因や疲労回復の対策とは

疲労の症状が起こる原因とは

人間が活動する場合、体のあらゆるところで大量の酸素を使うんです。

この過程で活性酸素という物質が生まれるんです。

疲労の原因はこの活性酸素だといわれているんですね。

本来、活性酸素は強力な酸化作用により、体に侵入したウイルスなどを分解する働きを持っているんです。

それと同時に自らの細胞に対しても、強力な酸化作用で傷付けてしまうんです。

人間の体は全て細胞でできているので、この細胞の機能が低下することも疲労につながるんですね。

疲労をそのままにしておくと、老化を速めるんですよ。

活性酸素により細胞が傷つけられると、その細胞からは老廃物が排出されるんです。

この老廃物によって体内に疲労因子が発生するんです。

この疲労因子も疲労の原因なんですね。

しかしですね、疲労因子が増加した場合には、疲労回復因子も発生して、疲労因子を中和してくれ細胞を修復してくれるんです。

でもですね、忙しいときや歳を取ると疲労回復因子の中和が疲労因子の増加に追い付かなくなるんです。

これによって疲労がたまっていくんですね。

またですね、ストレスによる疲労は自律神経の負担によるものなんですね。

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられるんです。

活動時は交感神経が活発になって、休息時には副交感神経が活発になるんです。

ストレスは自律神経を刺激して、身体を常に緊張状態にしてしまうんです。

自律神経をコントロールしている脳に負荷がかかるため、大量の血液と酸素を欲し、酸素消費量が増加するんです。

そのため、活性酸素が大量に発生し、体内の神経細胞を傷つけていくんです。

これも疲労につながるんですね。

スポンサードリンク

疲労を回復させる対策とは

疲労回復方法で最も効果的なのが睡眠なんです。

睡眠の質を上げる「熟眠」が大切だといわれているんです。

熟眠とは副交感神経が優位になり、リラックスしている状態で眠っていることなんです。

質の良い熟眠ができると、目覚めの爽快感や満足感が得られるようになるんです。

熟眠する方法としては、まず就寝前には照明を暗めにする。

脳が明るさを感知すると交感神経が優位になり、体内時計に乱れが生じ、スムーズに入眠できなくなるんですね。

また、就寝前には目に入る光の量を抑えることも大切なんです。

就寝前にはブルーライトが出るパソコンやスマホを見ないようすることも大切なんですね。

また、自分に合った寝具を使うことも大切で、枕が高すぎたりすると気道や血管が圧迫されるんです。

マットレスも自分に合ったものを選ぶことが大切で、寝返りのしやすさなどを確認してみてくださいね。

また、寝室の空気を毎日入れ替えることも大切なんですよ。

換気が悪く、湿気がこもりがちな寝室はカビやダニが増殖しやすいんです。

眠っている間にカビやダニなどの異物を吸い込んでしまうんですよ。

そうなると、睡眠中に身体が異物を排除しようとして反応し、眠りが浅くなるんです。

夜中に咳やくしゃみで起きると、熟眠できなくなるんです。

寝具を清潔にして、換気したり、空気清浄機を使って空気をきれいにすることはすごく大切なんですね。

また、寝室を静かな環境にすることも大切なんです。

図書館の環境音である40デジベルを超える音だと覚醒度が上がり、入眠しにくくなるんです。

またですね、食事を就寝3時間前までに済ますようにする。

満腹になるとレプチンというホルモンが分泌され、眠気が起こるんですが、このタイミングで眠らないようにするんです。

レプチンは胃腸の消化活動を活発にするので、身体が休まらずに眠りが浅くなってしまうんです。

食べ物が消化されるまでには3時間くらいかかるので、就寝前の3時間前に食事を済ませることが大切なんですね。

次の疲労回復の方法ですが、当たり前のことですが、バランスのとれた食事で疲れに強い体を作ることなんですね。

旬を意識した食事をする。

1年中出回っている食材でも旬のものは新鮮で栄養成分も高くなるという研究結果もあるようです。

果物は、糖質、ビタミン、ミネラルを多く含み、疲労回復や脳の活性化、塩分や脂質の排出などの効果があるんです。

特に疲労回復には柑橘類がいいようですね。

またですね、動物性のタンパク質も疲労回復や新陳代謝に欠かせないんです。

豚肉のビタミンB1は糖質の代謝に重要で、代謝が不完全になると乳酸が発生し、疲労や筋肉痛につながってしまうんです。

鶏肉に含まれているのイミダペプチドは、抗酸化作用と細胞機能の低下を防いでくれるんですね。

イミダペプチドは鶏肉の胸肉に多く含まれるんですね。

牛肉のカルニチンは脂肪代謝に不可欠で、中性脂肪や脂肪酸など体内の余分な脂肪を分解してくれ、エネルギーに転換してくれるんです。

また、野菜の中でも夏に旬を迎える夏野菜は疲労回復に効果的だといわれているんです。

抗酸化作用が強く生でも食べることができ、加熱してもビタミンが壊れにくいんですね。

夏野菜の色鮮やかさは、ポリフェノールが豊富な証拠で、ナスの紫はナスニン、トマトの赤はリコピン、きゅうりはカリウムで利尿効果があるんです。

疲労回復にはいろんな新鮮なものを食べることが大切なようですね。

いろいろ疲労回復について話しましたが、参考にしてみてくださいね。



酵母の効果とはどんなものなんでしょうか

酵母とは

酵母とは、みそ、しょうゆ、酒など発酵食品を作り出すもので、5~10ミクロン(1ミクロンは1ミリの1000分の1)の肉眼では見えない単細胞の微生物(菌類)なんですね。

カビやキノコも同じ仲間で、地球上のあらゆるところに生息していて、1000種類以上いるといわれているんです。

土の中、水の中、植物の葉や花、果実の表面、ほ乳類、鳥類などの皮膚や消化管にも棲んでいるんです。

そしてですね、発酵には酵母が出す酵素の働きが関わっているんです。

酵素とは生き物ではなく、タンパク質でさまざまな化学反応を促す働きを持っているんです。

酵母は物質に作用したときに発生するエネルギーを利用して増殖し、この時に出すのが酵素であり、この酵素によって作用された副産物が発酵食品なんですね。

酵素は体内で消化・吸収・代謝などを行い、酵素が働くからこそアミノ酸やビタミンなどの栄養を吸収し、エネルギーに変えて身体を動かすことができるんですね。

酵素が不足すると新陳代謝がうまく行われないんです。

人の体には体内酵素と呼ばれる酵素が備わっているんですが、一生のうちに作られる量は決まっていて、加齢とともに減少するんです。

酵素が体に不足すると消化不良や便秘、代謝が低下し太りやすい体質になってしまったり、さらには、倦怠感やイライラ、不眠や頭痛なども引き起こしてしまうんですね。

またですね、天然酵母という「天然」というのを聞きますが、これは自然界に存在する酵母を時間をかけて培養して作られたものなんですね。

昔、家庭で作られていたみそ、しょうゆ、にごり酒などは、家や蔵に自生している天然酵母によって作られたものなんですね。

現在のイースト、ビール酵母、清酒酵母は菌を工業的に培養したもので、発酵食品の大量生産をするために作り出したものなんですね。

スポンサードリンク

酵母の効果とは

酵母は食べ物に含まれる糖質をエサにして、炭酸ガスとアルコールに分解しながら分裂して成長していくんです。

つまり、糖質を分解してくれるので、体内で糖質の吸収を抑制してくれる働きがあるんです。

酵母は、腸内でも糖質を分解、吸収、消化、毒素分解を助ける作用があり、さらに免疫力が上がるような酵素を作ってくれたりするんですね。

これによって、体内に侵入した異物に対して攻撃する働きがあるんですね。

酵母にはビタミンB群が豊富に含まれており、新陳代謝を促してくれるんです。

さらに、酵母は人間の小腸に定住して、消化吸収、内分泌系、免疫系の機能を健康的に保つ働きを持っているんですね。

食べたものは消化され、腸から栄養となって体内へ吸収されるんですが、腸の働きは酵素を作ること、ともいえるんです。

この酵素が食べ物や栄養を消化・吸収して老廃物を排泄してくれます。

生命活動を維持しているのが体内酵素で、これらの多くは腸内細菌から作られるんです。

善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌は腸管内に1,000兆個存在しているといわれているんです。

腸内細菌は生活習慣や加齢などによってバランスが崩れることもあり、悪玉菌の数が多くなると免疫力が低下したり、便秘や下痢になったりするんですね。

つまり、腸内環境を整えることが健康な体を作るんですね。

この働きを促進してくれるのが、酵母なんですね。

小腸は栄養の消化・吸収を行うところで、6mの細い管状になっており、胃から送られてきた食べ物を受け入れ、胆汁やすい液に含まれる酵素等で分解・消化して腸壁から吸収され、血液に流れていくんです。

小腸でも健康を保つために働いているのが、腸内細菌のひとつである酵母なんです。

大腸は水分の吸収と便を形成し、排泄する働きがあるんです。

大腸は1.5mほどで小腸の2倍の太さをしているんです。

便の水分を吸収しながら24時間から48時間かけて排泄物を出口まで運ぶんですね。

大腸で働くのが腸内細菌で、大腸の中の腐敗を防いだり、抵抗力を高める働きをするんです。

腸内細菌の中で体にとって良い役割をしてくれるのが善玉菌で、悪い働きをするのが悪玉菌といわれるものなんです。

腸内では善玉菌と悪玉菌がバランスを保って棲んでおり、善玉菌の主たるものが発酵食品に含まれている酵母菌、麹菌、乳酸菌などなんですね。

酵母菌は主に小腸に棲みついて腸管内のタンパク質の腐敗を止め、脂肪やデンプンの分解に働き、さらにビタミンやアミノ酸、酵素、ミネラルを作り供給してくれるんですね。

悪玉菌は腸内の腐敗、発がん物質や毒素の産生など有害な作用をもっているんです。

腸内を健康へ保つには、善玉菌優位の腸内環境にしていくことが大切なんですね。

酵母についていろいろ話しましたが、参考にしてくださいね。



花粉症の花粉対策と薬とは

花粉症とはどのようなものなんでしょうか?

花粉症とは、スギなどの花粉が原因となって起こるアレルギー疾患のひとつで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こすんですね。

スギのほかにも、ヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉も花粉症を起こすといわれているんです。

風邪であれば1週間程度で治るんですが、花粉症は花粉が飛んでいる間は続くんです。

さらさらとした水っぽい鼻水がたれたり、体がだるかったり、熱っぽい、イライラする、喉や顔や首がかゆい、集中力が低下する、といった全身症状も伴うんです。

では、なぜアレルギー反応が起こるんでしょうか?

このアレルギー反応は、体内に入り込んできたアレルゲンを取り除こうとする免疫反応によって生じるんですね。

花粉が目や鼻、口から入ってくると、体内の免疫システムによって花粉という異物を敵とみなして、敵に対抗するために抗体が作られるんです。

この抗体をIgE抗体というんです。

この抗体は花粉に接触するたびに作られ、少しずつ体内に蓄積されていくんですね。

蓄積量があるレベルに達すると、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を起こすんです。

去年までは全然大丈夫だったのに突然花粉症になったというようなことを聞きませんか。

これは、蓄積されていた抗体が一定量に達したからなんですね。

では、花粉が飛び散るようになったのはどうしてなんでしょうか?

それは、戦後に、森林資源の回復や増大を目的として、樹木が大量に植林されたんですね。

その樹木が30年以上経って、成長したスギやヒノキが花粉をまき散らして、花粉症患者を増やし続けているんですね。

花粉症の70%はスギ花粉症だといわれていて、日本の国土に占めるスギ林の面積が大きく、全国森林の18%、国土の12%を占めているんですね。

ちなみに、北海道はスギ花粉症は極めて少ないんです。

またですね、沖縄にはスギが全く生息しないんですよ。

本当に花粉症がひどい人は、北海道か沖縄に移住するのがよいかもしれませんよね。

スポンサードリンク

花粉対策で大切なことはなんなんでしょうか?

花粉対策として一番大切なことは、できるだけ花粉を体内に入れないことなんですね。

風邪だと思って花粉を吸い続けると症状が慢性化して、花粉シーズン終了後も花粉症のような症状が出ることもあるんです。

一番簡単な方法は、マスクをつけることで、鼻とあごがちゃんと隠れるようにすることが大切なんですね。

その他にも口呼吸をしないこと、便秘を解消すること、睡眠不足にならないこと、など一見、花粉対策でないような対策もあるようです。

これらの対策の目的は免疫力を低下させないためなんですね。

免疫力が低下すると、花粉症も悪化してしまうんですね。

口呼吸についてなんですが、朝起きると口が乾いていたり、気づくと口が開いていたりしませんか。

こんな人は口呼吸をしている可能性があるんです。

口呼吸をするのは、食べ物を噛む回数が減ったり、あごや舌の筋肉が低下しているんです。

口呼吸をしていると、花粉をダイレクトに体内に入れてしまうんです。

ですので、できるだけ鼻呼吸をすることが花粉対策にもなるんです。

鼻呼吸が苦手な人は、ガムを噛むと自然と鼻呼吸になるといわれているので、試してみてくださいね。

便秘を解消することも花粉対策になるんです。

腸には免疫細胞の6割が集中していて、免疫機能をつかさどっているんです。

これを腸管免疫というんですね。

腸内環境を改善すれば便秘が改善するとともに、免疫力が高くなり、結果、花粉対策になるんですね。

簡単な腸内環境の改善によい食品といえば、ヨーグルトですよね。

またですね、花粉症に特によいのがリンゴといわれているんです。

リンゴは食物繊維が豊富で、水溶性食物繊維のペクチンは腸内環境を整えてくれ、免疫力を高めるとともに、花粉によるアレルギー反応を抑える働きがあるんです。

さらに、オリゴ糖も腸内環境を改善するのに効果的で、オリゴ糖は人間の消化酵素で分解されずに大腸まで届き、善玉菌のエサとなってくれるんですね。

これらの簡単な食べ方は、リンゴを切って、リンゴの上にヨーグルトをかける、さらにですね、その上にオリゴ糖をかけてやるんです。

これを朝食やおやつで軽~く食べるんです。

これ簡単ですが、腸の善玉菌たちが大喜びするご馳走なんですね。

試してみてくださいね。

また、睡眠不足を解消することも花粉対策になるんです。

睡眠はホルモン、自律神経、免疫機能、これらのバランスを安定させ治癒力を高めるのに、すごく大切なんですね。

睡眠不足の人は、布団に入る前にぬるめのお湯にゆっくりつかったりして、とにかくリラックスすることが大切なんですね。

緊張状態だと眠りにつきにくいので、寝る前には音楽を聴いてもよいですし、とにかくリラックスすることなんですね。

免疫力をつかさどる血液は骨で作られるので、体を横にすると骨休めになり、血液づくりに大切なんですね。

どうしても眠れないようなら、横になるだけでも免疫力は上がるので、やってみてくださいね。

スポンサードリンク

花粉症の薬はどんなものがよいのでしょうか?

花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなんですが、人によって症状が異なるんです。

くしゃみ、鼻水がひどい人には、抗ヒスタミン作用の強い薬が効果的なようです。

それと一緒に、鼻づまりがひどいようなら点鼻薬が効くようです。

ステロイド剤の点鼻薬は、鼻の炎症を軽減してくれ、夜間の鼻づまりで苦しいときを楽にしてくれるんです。

目のかゆみなどがひどい人には、リザベン、パタノール、アレジオンなどの成分が入っている点眼薬が効くようです。

鼻づまりや気管の炎症がひどい人は抗ロイコトリエン剤が効果的なようですね。

また、花粉症の薬は症状が出てから服用するのではなく、花粉が飛び散るようになる前に服用を始めるのが効果的なんです。

症状が出るのがわかっているなら、それはアレルギー起こるのがわかっているわけですから、早い時期から服用することで本格的な花粉シーズンに入っても比較的軽い症状で乗り切れるんですよ。

花粉症についていろいろ話しましたが、参考にしてくださいね。

↓日本で一番売れているオリゴ糖↓


セロトニンが不足すると?うつ病との関係は?増やす食べ物は?

セロトニンが不足してしまうと?

セロトニンとは脳内で働く神経伝達物質の一つで、感情や気分のコントロールや精神の安定に関係しているんですね。

セロトニンが不足すると脳の機能が低下し、心のバランスを保つことができなくなるんです。

ストレス障害やうつ、睡眠障害の原因になるんです。

また、消火や排便、体温調節などにも関係し、さらにうつ病の原因はセロトニン不足ともいわれているんですね。

セロトニンが不足するとマイナスの精神状態に陥りやすくなるんですね。

うつ病の治療薬として使用される薬は、セロトニンの欠乏を防いで、神経の伝達機能を良くする効果があるんです。

ちなみに、セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンというものから作られるといわれているんです。

脳内で働く神経伝達物質には、快楽を司るドパミン、ストレスに反応するノルアドレナリン、これらをコントロールし、精神を安定させるセロトニンがあるんですね。

セロトニンが不足する主な原因は、ストレスや疲労、生活習慣の乱れからといわれています。

不規則な生活や運動不足、パソコン、ゲーム漬けの生活などがセロトニンの分泌を弱らせているといわれているんです。

セロトニンは交感神経と副交感神経という2種類の自律神経を調節するともいわれているんです。

交感神経は主に活動しているときに働く神経で、副交感神経は寝ているときに働くリラックス効果をもたらす神経なんですね。

セロトニンは人間の体に10㎎ほど存在し、90%は小腸の粘膜に、8%は血小板に、残りの2%が脳内の神経に存在しているんですね。

この2%のセロトニンが精神面に大きな影響を与えているんですね。

そして、この2%のセロトニンが不足することで、心身に多大な影響を与えるんですね。

スポンサードリンク

セロトニンとうつ病の関係とは?

うつ病は脳の働きに何らかの問題が起きて発症するといわれているんです。

そして、うつ病の発症にはストレスが大きく関係しているんです。

ストレスとは、心や体にかかる刺激や負荷のことで、人によってさまざまなんです。

感情や意欲のような「心」といわれるものは、脳の機能として役割分担がされているといわれているんです。

脳では神経細胞同士の情報伝達によって、心の機能や体の機能を司る細胞に伝えていく働きがあるんですね。

神経細胞を詳細にみると、神経細胞同士をつなぐシナプスというつなぎ目があるんです。

シナプスの間の隙間では、神経伝達物質が送り出され、情報が伝わっていくんです。

うつ病の時には、この神経伝達物質に異変が起きていると考えられているんですね。

神経伝達物質は100種類以上存在し、そのうち約60種類が発見されていて、その中でもうつ病の治療ではセロトニン、ドパミン、ノルアドレナリンの3種類が重要視されているんですね。

これらの神経伝達物質がバランスよく働くことで、脳の機能は健全に保たれるんですね。

しかしですね、過剰なストレスや過労などが引き金となって、これらの物質が減少し、喜怒哀楽のコントロールができなくなってしまうんです。

うつ病の仕組みは完全に解明されていないんですが、セロトニンは抑制型、ノルアドレナリン、ドパミンは興奮型の神経伝達物質であり、これが関係していることは間違いといわれているんです。

過剰なストレスや過労などが引き金となって、これらの量が減少したり、働きが低下してくるとさまざまなうつ症状が現れるといわれているんですね。

スポンサードリンク

セロトニンを増やす食べ物とは?

セロトニンは脳内でトリプトファンと呼ばれるアミノ酸から作られるといいました。

このトリプトファンを多く含む食品は、玄米、豆類、アブラナ科の野菜、卵、乳製品、肉類、ブラックチョコレート、バナナ、クルミなどなんですね。

アブラナ科の野菜とは、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ、ケール、大根、かぶ、キャベツなどのことなんですね。

また、糖類は摂取したトリプトファンを脳にたどり着くように手助けしてくれるんです。

糖類を摂取すると血糖値上がり、インスリンが分泌されるといわれますよね。

インスリンは血液中のトリプトファン以外のアミノ酸を筋肉に送り込むため、結果的にトリプトファンを脳へたどり着きやすくしてくれるんですね。

トリプトファンからセロトニンを生成するには、トリプトファンヒドロキシラーゼという酵素が必要なんですね。

これを摂取するには、ホウレンソウ、アスパラガス、枝豆、春菊、果物、レバー、豆類を摂るのがいいんですね。

ビタミンDとオメガ3もセロトニン生成を助けてくれるんです。

ビタミンDを多く含むのは、魚、乾燥シイタケ、乳製品で、オメガ3を多く含むのは、青魚、クルミなんですね。

これを聞くと、肉や魚、野菜や卵、乳製品、とにかくいろんなものを食べることがトリプトファンを多く摂れて、セロトニンを増やすことにつながりそうですね。

セロトニンについて色々話しましたが、参考にしてみてくださいね。



目の疲れの原因や頭痛や肩こりとの関係、目薬は?

目の疲れの原因とは

目は遠くを見るよりも近くを見るほうが目に負担がかかる、といわれているんです。

テレビ、パソコン、スマホが発するブルーライト(青色光)はまぶしく、さらに目を疲れさせるんです。

ですので、モニター画面を長時間見る人は、目が疲れやすいといわれているんですね。

モニター画面を凝視するためにまばたきの回数が減り、目が乾くため目が疲れやすくなるんですね。

涙は目がスムーズに機能するために大切な働きがあって、涙が少なくて目が乾いていると必要以上に目に負担がかかるんです。

そしてですね、一晩寝ても取れない疲れ目を眼精疲労というんです。

そのうちの6割が、涙の分泌量が少なくなるドライアイなんですね。

目はものを見るときに、カメラのレンズのような水晶体を調節しながらピントを合わせているんです。

この水晶体を調節するのが毛様体筋という筋肉で、水晶体を引っ張ったり緩めたりしているんです。

長時間モニター画面を見るような場合には、毛様体筋はずっと緊張しているので、筋肉疲労を起こしてしまうんですね。

老眼ってありますよね、あれはピントの調節力が老化で弱まり、近くが見えなくなるんです。

正常な目の表面は涙で覆われていてなめらかなんですが、目が乾いていると涙が少ないため、表面がデコボコしているんです。

すると、ピントがぼやけてしまうんですが、脳はぼやけたピントを合わせようと無理に筋肉を動かして調節するために疲れが生じるんですね。

長時間モニター画面を見て休憩を取らなかったり、睡眠不足の場合には、目を構成している細胞に必要な栄養や酸素が不足してしまうんです。

すると、細胞の代謝が低下し、疲労が回復しづらくなるんです。

何かを見るときの目の動きの仕組みですが、遠くを見るときは毛様体筋が弛緩し水晶体が薄くなり、近くを見るときは毛様体筋が緊張して水晶体が厚くなるんです。

近くを見て、緊張が続くと毛様体筋がこってしまうんですね。

またですね、人間は手元で発光するものを見つめる習慣がなかったんですよ。

それがスマホを使うようになってからは、目を休める夜も光を浴びるようになったんです。

それによって、目のピント機能が衰えたり、自律神経のバランスが崩れやすくなり、寝つきが悪くなったり、寝ても疲れがとれなくなるんですね。

また、ドライアイの原因は涙の質だといわれ、質の良い涙は表面に油分の膜が張っているんです。

目の周りの血行が悪くなると涙の油分が固まって出にくくなるんですね。

油分の少ない涙は蒸発しやすくなり、目が乾いてドライアイになってしまうんです。

目はこんな感じで疲れるんですね。

スポンサードリンク

目が疲れると頭痛や肩こりも起こる?

目を使う作業を続けることで、目の疲れが痛みになっていき、さらに頭痛や肩こりなどの全身症状になっていくことがあるんです。

これを眼精疲労というんですね。

頭痛は、脳の血管が急激に拡張して、周囲の神経を刺激することで起こるんです。

さらに、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張すると、もっと頭痛がひどくなるんです。

またですね、頭の横の筋肉や肩や首の筋肉が緊張することでも頭痛は起こるといわれているんです。

筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて頭痛が起こるんですね。

肩こりは、重い頭を支えているため、肩の筋肉への負担が増し、筋肉の血管内で血流が滞ることによって起こるんですね。

筋肉には血液を送りだすポンプのような働きがあり、首や肩の筋肉の緊張が続くと血の巡りが悪くなるんですね。

パソコンやスマホを見るときには、軽度な前傾姿勢になりますよね。

特にスマホは小さなモニター画面をのぞきこみ、夢中になることも多く、使用時間も長時間になることも多いですよね。

そのため、肩こりになりやすいんです。

つまり、目の疲れがでるくらいモニター画面を見たりしていると、頭痛や肩こりにもなってしまうんですね。

スポンサードリンク

目の疲れに良い目薬とは?

目が疲れたときには、そのときの症状によって目薬を選ぶといいんです。

目薬によって、入っている成分が違うんですよ。

ビタミンB12やネオスグミンメチル硫酸塩が入った目薬は、ピント調節機能を回復させてくれるんですね。

タウリンやパンテノールが入った目薬は、目の代謝を高めてくれるんです。

自然の涙に近い人工涙液タイプの目薬やコンドロイチン硫酸エステルナトリウムの入った目薬は、目の渇きを潤してくれるんですね。

目の疲れについていろいろ調べましたが、参考にしてみてくださいね。



中性脂肪がつく原因や数値、中性脂肪を下げるには?

中性脂肪がつく原因は?

中性脂肪とは何なんでしょうか?

実は、体についたぜい肉の大部分を中性脂肪と呼ぶんです。

そしてですね、中性脂肪は人間が生きていくためになくてはならない役目を果たしているんです。

一つ目は、エネルギーの貯蔵庫としての役割で、体を動かすにはエネルギー源として血液中の糖分が使われるんですね。

この糖分がなくなったときに、中性脂肪がその代わりとして使われるんですね。

二つ目は、断熱材としての役割で、寒い冬など体温を一定に保ってくれるんですね。

三つ目に、クッションとしての役割で、衝撃を受けたときに骨や内臓など体のさまざまな組織を守ってくれるんですね。

いろいろな役割があって、なくてはならないものなんですね。

中性脂肪は、食事の食べ過ぎで余った糖質を材料にして肝臓で作られているんですね。

また、アルコール摂取によっても中性脂肪の合成は促進されるんです。

肥満の人は脂肪細胞から脂肪酸が流出し、これを原料にして肝臓で中性脂肪が合成されているんです。

中性脂肪をためこむと肥満症になり、いったん中性脂肪が増えるとなかなか分解できなくなるんですね。

エネルギーに変換できない中性脂肪は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やすんです。

そうなると、血管にコレステロールが付着したり、血液がドロドロになったりして高脂血症になってしまうんです。

これによって、動脈硬化、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、肥満症による糖尿病を発症する危険性がでてくるんです。

でもですね、中性脂肪は検査値が高くても自覚症状がないんですね。

そして、放置しておくと血管の老化が進むんです。

スポンサードリンク

中性脂肪の数値を確認してみてください

中性脂肪の数値を見てみると、数値が29mg/dl以下だと低中性脂肪血症といわれ、数値が低すぎると元気が出なかったり、疲れやすかったり、体力がないなどと感じることが多いようです。

低ければよいわけではないんですね。

30~149mg/dlが正常値のようです。

150~299mg/dlになると、軽度高中性脂肪血症といわれ、食事療法や運動療法をする必要があるようです。

300~749mg/dlになると、中等度高中性脂肪血症といわれ、食事療法と運動療法を確実に行い、他の危険因子があれば薬物療法を行う必要があるようです。

500mg/dl以上の人は禁酒も必須のようですね。

750mg/dlになると、高度高中性脂肪症といわれ、すい炎の危険性もあり、薬物療法を行う必要があるようです。

この中性脂肪の数値は男性のほうが女性より高く、男性では40代、女性では60代で最も高くなるといわれているんですね。

スポンサードリンク

中性脂肪を下げるには?

中性脂肪を下げるには、やはり脂質を摂りすぎないことが大切なようですね。

まずは、和食定食の献立にしてみるとよいかもしれません。

こはん、魚、大豆製品、野菜、海藻、キノコなどのおかずとみそ汁は、健康的な食事ですよね。

和食はエネルギー量を低く抑えやすく、自然と脂質が控えめになるんですね。

ただ、和食は塩分が多いので減塩を心掛けるようにするのがよいようです。

脂質異常症の改善には、必要なエネルギー量以上の摂取を抑え、適正な体重を維持することが大切なんですね。

BMIって知っていますか?

肥満指数(BMI)は肥満の目安で、BMI値が22前後が最も病気になりにくい数値とされているんですね。

18.5未満が低体重

18.5以上~25未満が普通体重

25以上~30未満が肥満度1

30以上~35未満が肥満度2

35以上~40未満が肥満度3

40以上が肥満度4

なんですね。

ちょっと下の計算をしてみてくだい。

<BMI計算式>

肥満指数(BMI)= 体重 kg ÷ (身長 m ×身長 m )

例えば、体重70kg、身長160cmの人だと

70kg÷(1.6m×1.6m)≒ 27.34

BMI=27.34

肥満度1となるんですね。

次に適正エネルギー摂取量を計算してみますね。

適正エネルギー摂取量(kcal)=標準体重(身長×身長×22)㎏ × 身体活動量30kcal

身体活動量は体重1㎏あたりに必要なエネルギー量で30kcalは普通の身体活動量を示しているんですね。

細かいことは抜きにして、まずは30kcalで計算してみてくださいね。

これは1日に摂取してよいカロリーですからね。

さらに、料理の方法を工夫してみるのもよいかもしれないですね。

例えば、お肉などはグリルや網焼きにして油を落としたり、湯通しして余分な油を落としたりすればヘルシーですよね。

フッ素加工のフライパンを使えば油を引かないで料理ができますよね。

お肉は油の多いバラ肉やロース肉より、ヒレ肉やモモ肉、ササミなどを選ぶと油分が少なくなりますよね。

鶏肉の皮やお肉の脂身が多い部分は取り除いてから料理するんです。

便秘にもよいといわれる食物繊維、食物繊維は腸内でコレステロールや脂肪分を包み込み、体外に排出してくれるんですね。

食物繊維は野菜、海藻、キノコ、玄米などに多く含まれるんですね。

大豆や胚芽に多く含まれる植物ステロールはコレステロールの吸収を妨げる働きがあるんです。

具だくさんのみそ汁やスープ、鍋物などはたっぷりの野菜やキノコが摂りやすいですよね。

さんま、かつお、いわし、さば、ぶりなどの青魚に含まれるDHAやEPAには、LDLコレステロールや中性脂肪を減らしてくれる働きがあるんですね。

大豆にもLDLコレステロール値を改善する働きがあるんですね。

さらにですね、なるべくお菓子(砂糖、生クリーム、バターを多く含むもの)を控えるようにする。

ジュース、コーヒー、紅茶には砂糖やミルクは入れないようにする。

アルコールを減らし、できるだけ喫煙を控える。

油はシソ油、大豆油、オリーブオイル、なたね油を選ぶようにする。

無理に運動をしなくても、通勤や仕事でなるべく体を動かすように心がければ、かなり違うんですよ。

いろいろお話しましたが、やりやすいところから試してみてくださいね。



不眠症の原因はストレス?うつ病との関係は?

不眠症はストレスが原因?

ストレスがあると眠気があっても寝付けなかったり、夜中に起きてしまったりと、不眠の症状が続きやすくなるんです。

これは睡眠とストレスが深く関係しているんですね。

ストレスによって眠れなくことをストレス性睡眠障害というんです。

ストレスを受けると心拍数や呼吸が速くなったり、血圧が上がり心身に大きな負荷がかかるんですね。

また、脳が興奮して覚醒状態になり、脳が休まる態勢にならず、交感神経が優位になることで眠れなくなるんですね。

睡眠中にはレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているんです。

レム睡眠は筋肉が緩み、身体は休んでいるのに脳が活動している状態で、活発な眼球状態が見られるんです。

ノンレム睡眠は筋肉の緊張はある程度保たれているんですが、大脳の活動は休止しているんですね。

一晩の眠りにはノンレム睡眠とレム睡眠が交互に現れ、90分ごとのサイクルで4~5回繰り返されるんです。

脳が十分な休息がとれると、だんだんレム睡眠の割合が増えて、目が覚めるんですね。

ストレスがあると、レム睡眠とノンレム睡眠の周期が乱れて、脳が十分に休んでいないレム睡眠の時間が多くなるんです。

これを睡眠の質が悪いといって、睡眠不足の原因となるんですね。

さらに、不眠症にも、入眠障害、熟眠障害、早期覚醒などタイプがあるようなんですね。

入眠障害とは寝つきの悪いタイプで、眠ろうとするほど眠れなくなるんですが、いったん入眠すると朝まで眠れるようなんです。

不眠症の中で一番多くみられるタイプで、不安や心配事などの急性のストレスで興奮して眠れないんですね。

熟眠障害とは眠りが浅くすぐに目が覚めるタイプで、夢ばかり見て眠った気がしないようです。

老人の不眠や慢性的なストレス状態で多く見られるようなんです。

早期覚醒とは朝早く目が覚め、その後に眠れないタイプなんですね。

この早朝覚醒はうつ病の症状として出やすく、診断の決め手になることも多いようです。

また、脳には起きている状態を保つ覚醒中枢と脳を休ませる睡眠中枢があって、この2つのバランスがうまくとれていると良い睡眠が得られるんですね。

ストレスがあると、このバランスが崩れて覚醒中枢が優位になり、眠れなくなるんですね。

スポンサードリンク

不眠症とうつ病の関係は?

不眠の症状が続くと、その時点ではうつ病の症状がなくても、将来うつ病を発症する危険性が高まるといわれているんです。

うつ病の基本症状の中には睡眠障害が含まれているんですね。

また、うつ病の症状がよくなっても不眠の症状が残るようなら、うつ病を再発させやすくするというデータもあるようなんです。

睡眠時間が7時間を切る人は8時間以上眠る人に比べて、3倍以上も風邪を引きやすいという研究報告もあるようです。

睡眠中には成長ホルモンが分泌され細胞が修復されるので、睡眠は身体回復のためには必要不可欠なんですね。

傷ついた細胞が修復されることによって免疫力が高まり、病気の抵抗力が強くなるんです。

ですので、睡眠が不足すると免疫力が弱まり、風邪などにかかりやすくなるんですね。

睡眠よって脳機能も回復されるので、もし脳の疲労が回復されなければ、集中力、記憶力、判断力、注意力などが低下しますよね。

さらに、不安感や緊張が強まったり、イライラしたりしてしまうんです。

またですね、睡眠不足によって食欲を抑えるレプチンというホルモンの分泌量が減って、グレリンという食欲を増すホルモンが増えるため、食事量が増えるといわれているんです。

眠っている間にだけ消費されるカロリーもあり、睡眠不足によってそのカロリーが消費されず、肥満になりやすいともいわれているんです。

認知症の発症リスクも高まるといわれているんです。

アルツハイマー型認知症はベータアミロイドという物質が脳脊髄液によって脳から外に流れずに蓄積することで発症する病気なんですね。

この脳脊髄液は睡眠中に循環するんです。

またですね、睡眠が足りていないと正常な平衡感覚が失われて、フラフラすることが明らかになっているんです。

寝不足の時、経験ありますよね。

それではうつ病の話に戻しますが、うつ病の患者の多くは眠れない、眠りが浅い、朝早く目が覚める、といった不眠の症状を訴えると話しましたよね。

そして、不眠が続くとさらにうつ病が悪化してしまうとも話しましたよね。

現代は24時間型の社会で、生活も不規則になりがちなんですね。

起きて行動していると脳内に睡眠促進物質がたまってくるんです。

これがたまりすぎると脳に異常が起きますので、脳はそれを守ろうとして「眠りなさい」という指令を出すんですね。

しかしですね、不規則な生活を続けていると、脳が指令を出さないようになってくるんです。

そうなると、不眠症になる人も増えますし、うつ病にかかる人も増える一方なんですね。

長時間眠れないとしても、せめて質の良い睡眠をしたいですよね。

逆に十分に睡眠時間をとっていても質が悪ければ、熟眠障害などの不眠症を起こすともいわれているんです。

不眠症、さらにはうつ病にならないように、簡単な習慣があるようです。

まずは、毎日同じ時間に起きるようするのがよいようです。

これは寝る時間にちゃんと眠くなるように、起きる時間だけ体内時計を合わせるんですね。

起きて何時間後には眠くなるように、体内の時計を合わせるんですね。

次に、就寝前の習慣も大切なようです。

寝る前にはパソコンやスマホは見ないようにする。

これはなんとなくわかりますよね、目が冴えますもんね。

寝る前には消化の悪いものを摂らない。

これもなんとなくわかります。

寝酒をしない。

寝酒をすると眠りに入りやすいんですが、中途覚醒といって途中で起きてしまうんですね。

いろいろ良い習慣があるようですが、あまり不規則な生活をしないことが不眠やうつ病の予防になりそうですよね。

簡単なところから試してみてくださいね。



顔のたるみをリフトアップと美顔器で解消する

顔のたるみをリフトアップで解消する

顔は皮膚と筋肉と骨で構成されていて、顔の土台は筋肉なんですね。

つまり、筋肉が引き上がれば、自然と顔の皮膚も引き上がるんですね。

顔の筋肉は表情筋といい、表情を作る目的の筋肉なんですね。

土台の表情筋を鍛えれば、くっついている皮膚も一緒に引き上がってくるわけなんです。

逆に表情筋が弱って緩むと、表情筋にくっついている皮膚も一緒に緩んでいくんですね。

たるんだ顔をリフトアップするには、表情筋を鍛えなければならないんですね。

まずは、おでこのリフトアップからです。

おでこが凝ると皮膚が緩んでくるらしいんです。

そのたるみが目の上にのしかかり、まぶたが重く垂れて目が小さくなるんですね。

おでこは疲れや緊張が蓄積しやすい部位といわれ、顔の中で最も凝りやすいんですね。

両手の手の平でおでこを覆い、手の平でおでこを上下に動かしマッサージします。

上に動かした時に10秒キープし、下げます。

これを10回行います。

このときに眉毛が上下に動くのを意識します。

両手でおでこを覆うのは、おでこのしわを作らないためなんですね。

やっていくと血行がよくなっていくのを感じることができますよ。

次に目元のリフトアップです。

目元の皮膚はとてもデリケートで、皮膚が薄く皮脂腺も少ない部位なんですね。

加齢によってコラーゲンとエラスチンが少なくなると、ハリがなくなり弾力が失われてしまうんですね。

目の周りの筋肉が衰えることで、ハリが失われた皮膚は重力に逆らうことができず、下へ下へ下がっていくんですね。

これが目のたるみになっていくんですね。

目の周りの筋肉を眼輪筋といい、この眼輪筋は目を閉じる時に使われる筋肉なんです。

テレビやパソコン、スマホをずっと見ていると、瞬きの数が減ってしまいますから眼輪筋が衰えてしまうんですね。

眼輪筋を鍛えるには、まず目をギュッと閉じ5秒間キープし、思いっきり見開きます。

これを3回ぐらい繰り返します。

これだけで目を閉じる筋肉が鍛えられ、目元のリフトアップになるんですね。

簡単でしょ、気が付いたときにでもできそうですよね。

次に頬のリフトアップです。

頬には3つの筋肉があるんです。

頬をふくらましたり、へこましたりする筋肉を頬筋(きょうきん)といいます。

何度か頬をふくらましたり、へこましたししてみてくださいね。

どこの筋肉が鍛えられているかがわかりますからね。

ウインクをした時に上に上がる筋肉を小頬骨筋(しょうきょうこつきん)といい、ウインクを何回か繰り返していると、どこの筋肉が鍛えられているのがわかりますよ。

「せっ」といった時に上がる筋肉あり、これを大頬骨筋(だいきょうこつきん)といい、試しに鏡を見ながら「せっ」言ってみてくださいね。

これも何度が繰り返していると、頬のどこの筋肉が鍛えられているかがわかりますからね。

頬をふくらましたり、へこましたりする、ウインクをする、「せっ」と言う、誰もいない暇なときにでもやっていくと頬の筋肉が鍛えられますからね。

おでこ、目元、頬、この簡単なリフトアップを毎日どこかの時間で行うだけで、顔の筋肉が鍛えられ顔のたるみが取れていきますから、試してみてくださいね。

スポンサードリンク

顔のたるみを美顔器で解消する

顔のたるみを解消する美顔器は多くあるようですが、調べてみるとどれも効果がありそうなんです。

2つほど手頃な美顔器を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ツインエレナイザーPRO2

ツインエレナイザーPRO2にはイオンクレンジングという機能がついています。

これは、イオン(電気)の力で毛穴の奥の汚れをきれいにしてくれるんですね。

美容成分を肌の奥まで浸透させるには、まず肌の汚れをきれいに取り除く必要があるんですね。

イオン(電気)のプラスマイナスの力を利用して、汚れを引き付け吸着するんですね。

洗顔では落とし切れない毛穴の奥の皮脂汚れまでスッキリきれいにしてくれるんです。

次に、超音波とイオン(電気)の力で美容成分を170倍も肌に浸透させるらしいんです。

超音波は、毎秒300万回の振動で肌をマッサージしてくれるんです。

また、イオンはプラスマイナスの電気の力を利用して、肌の奥に美容成分を届けてくれるんですね。

さらに、高周波と超音波の力で肌を温めながら、グイグイ上げてくれるんです。

高周波は肌を肌を温めてマッサージしてくれ、超音波は毎秒300万回の振動で肌をマッサージしてくれるんです。

肌が温まると血行がよくなり、肌を引き上げやすい状態にしてくれるんですね。

次に、化粧水や美容液をつけて美顔器で顔を内側から外側に引き上げていくんですね。

これらの機能は10分ほどで完了するんですね。

美顔器のヘッドの部分には超音波の振動を安定させ、金属アレルギーを引き起こさないようにプラチナメッキを使っているんです。

さびにくく肌に優しいコーテイングヘッドになっているんですね。

上下左右に動く可動式ヘッドにより小鼻の部分など高低差やデコボコのある部分にもピタッと密着し、トリートメント効果を高めてくれます。

ボタン一つで簡単に操作でき、充電式コードレスで旅行先や海外でも使用が可能なんですね。



エステナードソニックROSE

エステナードソニックROSEは、1秒間に100~800万回の超音波でプロのエステシャンの指技のようにマッサージしてくれるんです。

目元、口元、頬のハリ不足等の乾燥部分に肌の水分量に合わせて超音波の振動数を調節し、乾燥している部分に集中的に潤い成分を届けてくれるんですね。

これにも毛穴の奥までクリーニングしてくれるイオンクレンジング機能があるんですね。

この美顔器にコットンをはさんで使用するんです。

毛穴の汚れ、化粧カス、古い角質などがゴッソリ付着するんです。

季節によっては乾燥、湿気、油分など外部の環境変化が肌には影響するんです。

ですので、たっぷりの潤いをじっくりと時間をかけてやっていくことが大切なんですね。

お肌も水分や栄養分が年齢などともに失われるので、毎日のスキンケアは本当に大切なことなんですね。

この美顔器についている薬用のホワイトジェルは美白成分のプラセンタエキスが配合されていて、日焼けによるシミやそばかすを防いでくれます。

また、シミのもとであるメラニンの生成を抑えてくれるんですね。

コラーゲン、ヒアルロン酸も配合され、気になる年齢肌に大切な潤いを届けてくれ、ハリや潤いのある肌にしてくれるんですね。

いろいろ調べてみましたが、顔のたるみをあきらめる必要はなさそうですので、参考にしてみてくださいね。



二日酔いの解消方法とは?薬は?ヘパリーゼやウコンは?

二日酔いの解消方法とは

二日酔いの原因は、①アルコールの飲みすぎによる脱水症状、②体内で過剰に発生したアセトアルデヒドの作用、③胃の炎症、といわれているんです。

アルコールの飲みすぎによる脱水症状

アルコール類には利尿作用があって、おしっことして水分を出してしまうんですね。

また、おつまみには塩分が多く含まれているものが多く、これを排泄するために体内の水分が使われているんです。

ですので、二日酔いの朝はかなりの水分不足の状態なんですね。

そして、この脱水症状が頭痛やめまいなどを引き起こすんですね。

二日酔いの朝にまずすべきことは、水分補給なんですね。

特に、塩分と糖分が含まれていて、吸収がよいスポーツドリンクがおすすめなんですね。

胃が荒れていることも多いので、少し塩分が入っていた方が胃にやさしいですし、刺激も少ないんですね。

また、尿を出すことによって糖分が不足していることも多く、この糖分不足がだるさの原因なんですね。

急性アルコール中毒の最初の処置は点滴で、血管の中に直接水分を補給しているんですね。

二日酔いを解消するには、まずは水分補給する必要があるんですね。

体内で過剰に発生したアセトアルデヒドの作用

アセトアルデヒドとは、アルコールが体の中で代謝される際に生じるものなんですね。

体の中に入ったアルコールのほとんどは肝臓で代謝されるんですね。

体で処理できる量であれば、筋肉や脂肪組織に運ばれて、二酸化炭素と水に分解されて呼気や尿となって体の外へ出ていくんです。

しかしですね、アルコールの量が多すぎると、分解しきれなかったアセトアルデヒドが血液中を巡るんですね。

アセトアルデヒドは毒性が強く、吐き気や頭痛を起こすんです。

アセトアルデヒドができるのを防止することが、二日酔いの早期解消につながるんですね。

アセトアルデヒドができるのを防止するには、肝臓の働きを高めるような栄養を摂ることが大切なんですね。

アミノ酸やビタミンBなどが効果的といわれていて、アミノ酸はタンパク質が代謝されて生まれ、肝臓の解毒作用やアルコール代謝を促進してくれるんですね。

肝機能の働きを高めてくれる効果もあるんですね。

アルコールが肝臓で分解される時には、ビタミンB1も大量に消費されるんですね。

ビタミンB1は糖質の代謝を助け、エネルギーを作り出す働きがあり、これが欠けるとだるさを感じるようになるんです。

ビタミンB1は豚肉に多く含まれていて、つまみに豚肉を食べるのは二日酔い防止に効果があるんですよ。

他には、うなぎやたらこにも多く含まれているようです。

胃の炎症

お酒の飲みすぎは、胃もたれや胸やけを引き起こすんです。

アルコールは胃を刺激して、食べたものを消化するための胃酸の分泌を促すんですね。

胃酸は強い酸性で、胃酸の出すぎは胃もたれや胸やけを引き起こすんです。

前の日に吐いたりしていると胃はかなり荒れているんですね。

そんなときには、胃酸を抑える制酸薬を飲むのがよいかもしれませんね。

頭痛があるような場合には、脱水による頭痛とアセトアルデヒドによる血管拡張による頭痛が考えられるんです。

脱水症状による場合は、水分補給する必要があるんですね。

アセトアルデヒドによる場合は、血管を収縮させるカフェインを含むコーヒーやお茶などを飲むのがいいんですね。

それでも治らない場合には頭痛薬を飲んでもいいんですが、頭痛薬は胃を荒らす作用があるので、胃もたれなどがあるときには飲まないようにするのがよいかもしれませんね。

スポンサードリンク

二日酔いの薬とは?

二日酔いの薬といっても、二日酔い自体の薬があるわけではないんですね。

例えば、胃のむかつきなどの症状がつらい場合には、症状に応じた薬を上手に使ってやわらげることができるんです。

胃酸分泌抑制薬は、胃酸の過剰な分泌を抑え、胃の粘膜が傷つくことを防いでくれます。

先ほど話した制酸薬は、出過ぎた胃酸を中和してくれるんですね。

胃粘膜保護薬は、胃粘膜の荒れの修復を助け、胃酸などの攻撃を抑えてくれ、消化吸収を助けてくれるんです。

鎮痛鎮痙薬は、胃腸の過度な運動や緊張を緩め、痛みを和らげてくれ、胃液の分泌を抑えてくれます。

健胃薬は、生薬成分が胃の機能を活発にしてくれるんですね。

消化機能調整薬は、胃の運動機能を調整してくれ、改善してくれ、脂肪代謝も助けてくれるんです。

消化酵素薬は、消化酵素が消化吸収を促進してくれるんですね。

スポンサードリンク

二日酔いにヘパリーゼやウコンは効くの?

ヘパリーゼとは、肝臓水解物とビタミンや生薬を配合したゼリア新薬の医薬品の栄養剤なんですね。

肝臓水解物とは、天然の新鮮な豚のレバーに消化酵素を加えて加水分解し、アミノ酸やペプチドの形にしたものらしいです。

これを細かく分解してあるので、消化吸収しやすくなっているんですね。

肝臓や胃腸などに働き、滋養強壮に効果があるらしいんですね。

ヘパリーゼに含まれているビタミンや生薬は、新陳代謝機能を活発にしてくれるんですね。

これを聞くと、ヘパリーゼは二日酔いに効きそうですよね。

次はウコンについてですが、ウコンに含まれる色素成分クルクミンは、肝臓が分泌する消化液である胆汁を増やしてくれ、肝臓の機能を高めてくれるといわれているんです。

そのため、二日酔いや悪酔いを防いでくれるんですね。

また、体内の有害物質の排泄を助けてくれるんですね。

ちなみに、しじみも二日酔いに効くといわれていますよね。

しじみにはオルニチンが含まれていて、これはアミノ酸の一種で、血液にのって体内を巡ることでアンモニアを解毒してくれたり、肝機能を高めてくれるんですね。

アラニンやグルタミンという成分も多く含み、アルコールを代謝させる効力があるんですね。

さらに、メチオニンという成分も肝臓の働きを助けてくれるんですね。

いろいろ二日酔いについて話しましたが、参考にしてくださいね。