疲労のメカニズムはどうなっているんでしょうか?

疲労のメカニズムとは何なんでしょうか?

疲労とは、具体的には次のようなこというようですね。

・心身への過負荷により生じた活動能力の低下

・思考能力の低下

・刺激に対する反応の低下

・注意力の低下

・注意散漫、動作緩慢、行動力の低下

症状としては、目のかすみ、頭痛、肩こり、腰痛などを引き起こすといわれています。

この疲労は、これ以上運動や仕事などの作業を続けると体に害が及びますよ、というサインなんですね。

では、疲労のメカニズムはどうなっているんでしょうか?

自律神経は、身体の器官や組織の調節を行っています。

運動時には呼吸や心拍、体温などの機能の調節を行っているんですね。

体にかかる負荷が大きくなるほど自律神経にかかる負荷も大きくなるんですね。

そして、自律神経の中枢がある脳がダメージを受けることによって、疲労が起こるんです。

また、活性酸素の発生による酸化ストレスでで神経細胞が破壊されるんです。

運動などのエネルギーを多く使う活動では、酸素が多く消費されるとともに活性酸素も多く発生するんです。

そうなると、活性酸素を分解して体内から除去する抗酸化酸素が働くんです。

しかしですね、発生する活性酸素の量が抗酸化酸素の働きを上回ると、自律神経の細胞や筋肉が活性酸素によって攻撃されて、疲労となるんですね。

加齢や紫外線を浴びることも活性酸素の影響を受けやすくなり、疲労が起こりやすくなるんですね。

また、活性酸素により細胞が傷つけられると、その細胞から老廃物が排出されるんです。

その老廃物の一種から誘発されて、体内に疲労因子が発生するんです。

この疲労因子が疲れの正体なんですね。

しかしですね、疲労因子が増加した場合には、疲労回復物質が発生して疲労因子を中和してくれるんですね。

よくできていますよね。

ただ、スポーツ中や仕事中、加齢などによって疲労回復物質の中和力が、疲労因子の増加に追い付かなくなると、疲労になるんですね。

またですね、スポーツや仕事での達成感が強い人などは、本来感じるはずの疲労を脳が感じなくなることがあるんですね。

体には疲労がたまっているのに、それを認識できない状態なんです。

この状態が続くと、過労死や突然死にさえなりかねないんですね。

スポーツや仕事で一つのことに集中していると、脳では同じところが使われているんですね。

脳の同じ部分だけが使われていると、脳は「飽きる」という指令を出すんですね。

脳はその部分を休ませるために、その作業をやめさせようとするんですね。

ですので、脳が「飽きた」というサインを送ってきたら、脳を休ませてやることが大切なんですね。

スポンサードリンク

疲労の症状とは何なんでしょうか?

疲労の症状は次のような症状だといわれています。

・強い倦怠感があり、日常生活にも支障が出ている。

・物事を考えたり、判断するのが難しいと感じ、考えが嫌な方へ向く。

・眠れなくなったりぐっすり眠った気がしない。

・スポーツや仕事などの活動の後は、強い疲労や倦怠感を感じる。

こうした症状が数か月続くような場合、慢性疲労症候群が疑われるようです。

この症状を放置すると、全身の倦怠感が強くなり、朝起きることができなくなったり、会社に行けないなどの状態になるようです。

また、うつ病などの心の病気になることもあるので注意が必要なんですね。

スポンサードリンク

疲労の回復には睡眠が一番

疲労を回復するには、睡眠が一番だといわれています。

人は日中、多くの時間、緊張状態にあり、自律神経の調節機能はそんな状態を収めようと常に活動しているんですね。

すると、自律神経中枢では活性酸素が発生して、細胞を酸化させるんですね。

また、体内には疲労因子が発生し、疲労すればするほどそれを中和する疲労回復物質の発生が追い付かなくなるんですね。

睡眠は日中のさまざまな緊張感から解放してくれ、自律神経が活発になることはないんです。

また、紫外線は体内で活性酸素を発生させる原因の一つと言われますが、夜の睡眠は紫外線を浴びることもないですよね。

良い睡眠は、寝つきがよく、ぐっすり眠れて、寝起きがすっきりする、などといわれています。

良い睡眠は、心身ともに休養状態にしてくれるんですね。

脈拍をゆっくりとしてくれ、血管は緩んで血圧を下げてくれます。

筋肉は緊張から解放され、エネルギーは最低限しか使われず体温も低くなり、中枢神経系も極度の休養状態にしてくれるんですね。

この休養状態が疲労を回復してくれるんですね。

ちなみに、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるそうです。

寝入ってから1~1.5時間すると完全な深い睡眠状態なるんですが、これをノンレム睡眠というそうです。

その後、脳波や眼球運動が、昼間目覚めているような睡眠になるそうです。

これをレム睡眠というようですね。

この2つの睡眠が一晩に2~3回交代するんですね。

ノンレム睡眠は疲労回復に欠かせない睡眠で、レム睡眠は心の回復に大切な睡眠なんですね。

夢を見るのはレム睡眠といわれているんです。

疲労についていろいろ語りましたが、少しでも参考になればと思います。



「右翼」と「左翼」の意味とは何なんでしょうか?

右翼と左翼の意味の由来とは

「右翼」と「左翼」の言葉の意味や用語は、歴史的にフランス革命に由来するみたいですね。

フランス革命を推進する議会において、議長席から見て右側に席を占めていた勢力が、旧秩序の維持を支持る勢力だったんですね。

これを右翼といい、その反対勢力を左翼と呼んだんですね。

右翼は保守的な思想傾向で、左翼は革新的な思想傾向といわれているんです。

しかしですね、この議会は両者ともにフランス革命を推進する集団なんですね。

つまり、全員が革新派なんですね。

右翼は革新派の中の保守派で、左翼は革新派の中のさらなる革新派ということなんですね。

日本において、歴史的に古いのは天皇家を奉ずる右翼で、原型は水戸黄門(水戸光圀)によって作られたといわれているんです。

左翼の原型は明治の自由民権運動からのようですね。

左翼で多いのはデモ行進で、労働者や一般市民を巻き込んでストライキやデモ行進を行うんですね。

デモとは本来権力に対して自分たちの主張を届けるものなんですね。

右翼はそれを妨害する立場で、街宣車を連ねて駅前で演説を行ったりすることが多いんですね。

街宣車のイメージは、旭日旗(きょくじつき)や菊の御紋、「愛国」という文字が描かれた黒塗りのワゴン車ですよね。

街宣車の黒い色は「ほかの何色にも染まらない」とか「悪徳政治家や悪徳企業に威圧を与える」などという意味があるようです。

どちらにしても強烈な威圧感がありますよね。

スポンサードリンク

右翼と左翼の思想や特徴とは

右翼の保守的とは、愛国心を持って日本を守っていく安定的で現実的という意味があるようです。

左翼の革新的とは、日本は古い、だから新しい方法で人権や自由や平等を大切にしていくという変動的で理想的という意味があるようですね。

右翼思想の特徴は、日本の伝統を守り、天皇制の維持、日の丸国旗、君が代斉唱など賛成し、夫婦は同姓であるべきで、外国人の参政権や選挙権に反対しているんですね。

左翼思想の特徴は、天皇制、日の丸国旗、君が代斉唱などに反対し、夫婦別姓や外国人参政権、選挙権に賛成しているんですね。

政党の支持について、右翼は自民党を支持し、左翼は民進党系、共産党を支持しているようですね。

右翼というと、街宣車で大きな音で軍歌を流している怖い人を思い浮かべますよね。

ただ、右翼という言葉の本来の意味はこの人たちを一概に指すわけではないんですね。

右翼、左翼というのは、根本的には考え方の違いなんですね。

そして、右翼団体といっても実態はさまざまなんですね。

右翼思想を純粋に主張している団体もあれば、お金をもらって主張を代弁している団体もあれば、大音量で嫌がらせをしてお金をもらう団体もあるようです。

見た目は反社会的団体にしか見えませんが、平日はサラリーマンで週末だけ街宣活動をするような人もいるようですね。

逆に右翼そのものを商売にしている団体もあるようです。

そういう団体は右翼思想を主張するだけでなく、商売としてスポンサーの主張を代弁したり、会社の横に街宣車を横付けして大音量で嫌がらせをして、右翼団体が発行している機関誌を売りつけたりしているようです。

週末だけの右翼団体は比較的純粋な主張のようですが、商売にしているような右翼団体はいろんなネタでお金にしているようですね。

左翼も過激で、国家や政府政党に反対する勢力として、昔の学生運動や過激派組織の連合赤軍などが挙げられるんですね。

ちなみに、「ネトウヨ」って言葉を知っていますか?

これは「ネット右翼」の略のようで、これは政治的なことや思想的なことを意味しないようですね。

自分の主張と反対意見の人たちに対して、インターネット上で攻撃する人のことをいうようです。

特に自分の立場が表に出ない匿名などで攻撃する人のことをいうようですね。

スポンサードリンク

保守や革新やリベラルという意味とは

なんか政治絡みで、「保守」「革新」「リベラル」などの言葉あるようですが、これもちょっとだけ調べてみました。

保守とは、右翼の色彩が強いようで、政治でいえば自民党のことをいうようです。

ただ、日本における保守は欧米的なものとは異なり、政治的、市民的な自由主義を軽視する姿勢が強いといわれているようです。

革新とは、左翼の色彩が強いようで、基本的人権、国民主権、平和主義を尊重する、政治でいえば日本社会党、日本共産党のことをいうようですね。

ただ、日本では左翼は衰退しているようで、日本社会党は社会民主党に変貌し、さらに民主党へ変貌しています。

そして、民主党は革新と左翼との関係を絶つために、革新という言葉を使わなくなり、「リベラル」という言葉を使うようになったんですね。

「リベラル」とは自由主義という意味で、経済的には個人的所有を基本とした資本主義を意味するようです。

政治的には、政治的、市民的自由が保障された議会制民主主義を意味するようですね。

いろいろ小難しい話でしたが、よろしければ参考にしてみてくださいね。

ウエブサイトとホームページの違いとは何なんでしょうか?

ウエブサイトとは何なんでしょうか?

まずは、ウエブサイトとは何なのかを調べてみました。

ウエブサイトとは、World Wide Web(WWW)上にある、一般に特定のドメイン名の下にある複数のウエブページの集まり、である。

と、ウイキペディアに書いてありました・・・

これじゃあ、わかりにくいですよね。

ワールド・ワイド・ウエブ(World Wide Web)の「ウエブ」がウエブサイトのウエブに当たるようですね。

このウエブの原語は、「クモの巣」らしいですね。

巨大なネットワークであるインターネット網の「網」の部分を指しているようですね。

また、「サイト」とは「登録場所」を意味するようですね。

サイト内の各ページには他のページへのリンクが設置され、これをクリックすることでページ間を互いに行き来することができるんですね。

このサイトの入口や表紙に当たるページをトップページというんですね。

このトップページには、サイトの概要や内容の案内、主要なページへのリンクが掲載されているんですね。

サイトを構成するウエブページは、それぞれ固有のURLを持っているんです。

このURLとは、ウエブサーバーのドメイン名(例:http://abcd.com)で構成され、トップページの下のページはサーバのディレクトリ名やファイル名(例:http://abcd.com/pege1/)のような連なりで構成されているんですね。

スポンサードリンク

ホームページとは何なんでしょうか?

ホームページについても調べてみましたが、いろいろな意味があるようですね。

一つ目は、ブラウザを起動したときに最初に表示されるページという意味があるようです。

ブラウザとは、インターネットを利用するためのソフトの総称をいうようです。

具体的にいえば、インターネットエクスプローラーやグーグルクローム、ファイアフォックスのことですね。

二つ目は、ウエブサイトのトップページを意味するようですね。

三つ目は、ウエブページ、ウエブサイトをすべてを盛り込んだ総称をいうようです。

僕たちの印象では三つ目の意味合いがしっくりきますよね。

スポンサードリンク

ウエブページとウエブサイトとの違いは何なんでしょうか?

ウエブページとは、ブラウザのウインドウに表示されるページのことをいうようです。

そのウエブページが集まって一冊の本のようになっているウエブページ群をウエブサイトというようですね。

つまり、ウエブページとは1ページ1ページのことで、ウエブサイトとはそのページが集まったものなんですね。

また蒸し返しますね、それではホームページとは何なんでしょうか。

先ほど、ブラウザを起動したとき最初に表示されるページといいましたが、よく階層が下のページに「ホームへ戻る」なんてリンクがありますよね。

この「ホーム」がホームページのホームで、ウエブサイトのトップページのことをホームページといったんですね。

ただですね、現在ではやっぱりウエブサイトもウエブページも全てをごちゃ混ぜにして、ホームページと呼んでいるんですね。

これは、インターネットが普及するときに、ウエブサイトもウエブページも知らない人に説明するために、本来は「ウエブサイト」「ウエブページ」というべきところを、全て「ホームページ」と簡単にいって説明したために、これは広まったようなんですね。

くどいようですが、ここでまとめてみますね。

ウエブページとは、インターネット上にある1ページ1ページのこと。

ウエブサイトとは、ウエブページの集まったまとまったもの。

ホームページとは、ウエブサイトのトップページのこと(ただ、今ではウエブサイト、ウエブページ全ての総称をいう)。

もう一歩、ウエブページの仕組みにも

パソコンやスマホで見ているウエブページはどうやって表示されているんでしょうか?

ウエブ上で情報を公開しているソフトウエアやコンピューターのことをウエブサーバーというんですね。

このウエブサーバーから僕たちは情報を受け取っているんですよね。

このウエブサーバーの中にブラウザ、先ほど言ったグーグルとかですよね、ここから検索なんかをして、パソコンやスマホから僕たちが情報を見ていることになるんですね。

ではですね、自分でホームページを作ったとします。

このホームページはどうやって見ることができるんでしょうか。

ホームページを作っただけでは、自分のパソコンの中でしか見ることはできませんよね。

これをサーバーの中に入れてやるんです。

それによって、他の誰かからもそのホームページを見ることができるんですね。

ですので、このサーバーに入れてやらないとホームページは見ることができないんですね。

ちなみに、サーバーは無料でレンタルできるものあるようですね。

これは無料サーバーといわれているようです。

ただ、この無料サーバーだと、ご自身が作ったホームページに無条件で関係のない広告などが表示されるようですね。

これは無料サーバーの会社が広告を貼り付けることで、広告主から収益を得ているようですね。

その他には、インターネットサービスプロバイダーから提供されているサーバースペースもあるようです。

例えば、so-netやbiglobeなど、聞いたことがありますよね。

有料のレンタルサーバーを借りる手もありそうですね。

会社やお店のホームページを作るなら、有料のレンタルサーバーがよいかもしれませんね。

ちょっと話が長くなりましたが、参考にしていただければと思います。

↓リーズナブルなサーバーと言えば↓


うつ病の特徴と見た目はどんなものでしょうか

うつ病の特徴はどんなものでしょうか

うつ病の特徴としては、脳のエネルギーが欠乏した状態で、憂鬱な気分になったり、食欲、睡眠欲、性欲などの意欲が低下するんですね。

脳のエネルギーの欠乏により、脳のシステム全体にトラブルが起こってしまうんです。

生きていれば憂鬱な気分になることや、嫌なことがあれば意欲が落ちることもありますが、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって次第に元気になるんですよ。

しかし、時間が経過しても改善しない、ましてや悪化していく。

これがうつ病なんですね。

うつ病になると、仕事、家事、勉強などの社会的機能が働かなくなるんですね。

うつ病の特徴としては、何種類かの分類があるといわれ、メランコリー型、非定型、季節型、産後うつ、などに分けられているようです。

メランコリー型は典型的なうつ病といわれ、良いことがあっても気分が晴れない、明らかな食欲不振、体重減少、朝に気分が落ち込む、早朝に目が覚める、過度な罪悪感がある、などの症状があるようです。

非定型の特徴として、良いことには気分が良くなる、食欲は過食傾向で体重が増加する、過眠、ひどい倦怠感、他人の批判に過敏、などの症状があるようです。

季節型の特徴として、特定の季節にうつ病を発症し季節の移り変わりとともに回復するいう症状なんですね。

産後うつの特徴として、産後4週間以内にうつ病を発症するといわれているんです。

これはホルモンの変化や分娩の疲労、子育てに対する不安、授乳などによる睡眠不足が原因だといわれています。

スポンサードリンク

うつ病の周囲からの見た目はどんなものでしょうか

うつ病の人の周囲からの見た目について、表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着きがない、飲酒量が増えている、などのようです。

もし、このような症状がみられるなら、うつ病を疑う必要がありそうですよね。

また、うつ病の初期症状として挙げられるのは、朝早く目が覚めてその後眠れない、朝目が覚めても全てが面倒になる、集中できずやる気がどうしても出ない、すぐ疲れる、午後からは比較的調子が上がる、人と関わりたくなくなる、食欲がわかない、寝付けず寝ても必ず夜中に目覚める、などです。

こんな症状が2週間以上続くと、うつ病の可能性が高いといわれているんですね。

うつ病の原因とは何でしょうか

実は、うつ病の原因ははっきりとはわかっていないようなんですね。

脳の中で、感情をコントロールする神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことが一因だといわれているんです。

脳は無数の神経細胞で構成されていて、これらの神経細胞は神経伝達物質を介して、さまざまな情報を伝え合い、複雑な働きをしているんですね。

しかし、ストレスを抱えていたり、心と身体が疲れていたりすると、神経伝達物質の量や働きが十分でなくなってくるんですね。

うつ病に関係している神経伝達物質は3種類あるといわれています。

セロトニン、ノルアルドレナリン、ドパミンといわれる神経伝達物質なんですね。

これらがバランスよく働くことによって、脳の機能が健全に保たれているんですね。

過剰なストレスや過労は、これらの物質を減少させ、喜怒哀楽のコントロールができなくなるんですね。

神経伝達物質には、興奮型と抑制型の2つのタイプがあるといわれています。

興奮型は情報を受け取る側の受容体に働きかけ、神経細胞を興奮させる働きがあるんです。

抑制型はその反対の働きをしてくれるんですね。

セロトニンは抑制型、ノルアルドレナリン、ドパミンは興奮型なんです。

スポンサードリンク

セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンの働きとは

セロトニンの働きは、睡眠や体温調節、時差ボケの解消などの生理機能、歩行や咀嚼、呼吸などのリズム運動、消化管の運動などを促す働き、心のバランスをとってくれる、などといわれています。

セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びたり、睡眠をとる、肉、牛乳、納豆などタンパク質(必須アミノ酸)摂ることが大切なようですね。

ドパミンの働きは、身体をスムーズに動かしたり、やる気、意欲を起こさせたり、目標を達成した時の満足感、興奮などを作り出す、などといわれています。

ノルアドレナリンの働きは、俊敏な運動を可能にする、気分を高揚させる、などといわれています。

うつ病の治療とは

うつ病は脳のエネルギーが欠乏して起こるため、使いすぎてしまった脳を十分に休ませることが大切だといわれているんですね。

うつ病になる人は生真面目な人が多いといわれていて、休むことに抵抗感や罪悪感を感じる人が多いようなんですね。

しかし、うつ病が病気であることを十分に理解して、休養することが大切なんですね。

また、うつ病の治療として、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などの薬物療法があるようです。

抗うつ薬は、脳の中のセロトニンやノルアドレナリンの働きを高め、抑うつ気分を取り除き、気分を高め、意欲を出させ、不安や焦燥感を取り除いてくれる効果があるようです。

抗不安薬は、不安を緩める働きがあり、不安や焦燥感が強い場合に抗うつ薬と一緒に飲むようです。

睡眠薬は、睡眠障害がある場合に処方されるようです。

いろいろうつ病について調べてみましたが、うつ病の症状などがある場合には、覚悟を決めて休養することが大切なようですね。

↓セロトニン不足を解消するには?↓