冬の寒さ対策を考えてみる

寒い部屋の寒さ対策を考えてみる

まずは、寒い部屋の温度を上げることを考えてみようかと思います。

温度は空気中に含まれている水分量で決まるらしいんですね。

曇りの時は空気中に含まれる水分量が多く、じめじめした蒸し暑さを感じた経験があると思います。

つまり、夏場は湿度が高く、冬場は湿度が低いんですね。

気温や室温以上に寒さを感じるのは、湿度のせいなんですね。

湿度を10%上げるだけで、体感温度は2~3度上がるといわれているんです。

また、湿度が保たれているということは、お肌の乾燥を防いでくれるという効果もありますよね。

風邪の菌やインフルエンザのウイルスの活動を抑える効果もあるらしいんですよ。

加湿器をつけたり、濡れたバスタオルを干したり、ストーブの上に水の入ったやかんを置くなどの工夫で、湿度を高くすることができそうですよね。

そして、部屋の暖かい空気の50%は、窓から逃げていくといわれているんですね。

床や壁や天井から逃げていくのは、10%~20%程度といわれていますので、部屋が寒くなる原因の半分は窓なんですね。

そして、冷たい空気は下へ下がる性質を持っているので、床が冷たくなり足に寒さを感じるんですね。

窓には結露もできやすくなり、結露は冷たい空気によって、冷やされた窓が室内の暖かい空気を冷やすことで水滴になるんですね。

この水滴はカーテンなどを濡らすことによって、カビやダニの発生原因にもなるんです。

ですので、部屋の寒さ対策は、まず窓からなんですね。

商品の梱包で使われる緩衝材(プチプチしたやつです)、これを窓ガラスに貼るとかなり違うんです。

窓に空気層を作ることによって、2重窓のような構造にするんですね。

これは、結露の防止にもなるんですね。

窓に貼る用のプチプチ商品も売っているようです。

次に窓枠のアルミサッシ、これは熱伝導率が高く、外部の空気が伝わってくるんですね。

このアルミサッシにそれ専用の断熱テープがありますから、これを貼るんです。

いっそのこと、普段開けない窓には断熱テープで封鎖してみる。

また、窓に隙間があることで、部屋の熱は逃げていき、外の冷たい空気が入り込んできますから、しっかりとテープでふさぐことが大切なんですね。

床の寒さ対策には、ジョイントマットやコルクマットを敷くのがよいといわれています。

冷気は床に集まるといいましたが、マットを敷けばフローリング上にある冷気を遮断してくれるんですね。

これらのマットは冷たくなりにくい性質があるんですね。

また、キャンプなどに使う銀マット、防寒対策としてテントの床などに敷きますよね。

これを部屋の中で使っても、部屋の寒さ対策になりそうですよね。

スポンサードリンク

服装で寒さ対策を考えてみる

寒さ対策には、重ね着をすることが大切なんですね。

当たり前のことのように思われるかもしれませんが、体の周囲に何重にも暖かい空気の層を作ることで、外気の冷たさを体に伝えにくくするんですね。

薄手のものを何枚かに重ねて着ていれば、気温や室温にあわせて着たり脱いだりできますよね。

また、上半身より下半身を暖かくすることが大切なんですね。

下半身が寒いと、脳が足の筋肉を収縮し続けるよう命令を出すんです。

これによって、血管が圧迫されて血行が悪くなり、足に行った血液が冷やされてしまうんですね。

そして、冷たい空気が体をめぐることによって、全身が冷え切ってしまうんですね。

筋肉の収縮を緩めて、血行をよくし、血液を保温するために、足をしっかりと温かくすることが大切なんですね。

これにより全身の冷えを防ぐことにつながるんですね。

下半身を温めることは、内臓を冷えから守ることにもつながるんですね。

臓器の機能を円滑にしてくれ、自律神経のバランスや免疫機能を正常に保ってくれるんです。

つまり、内臓が温まることは冷えに対するストレスを減らしてくれ、精神的に落ち着きをもたらしてくれるんですね。

また、首や関節(手首、足首、肘、膝)を防寒することも大切なんです。

首や関節の表面近くには、太い血管が通っていますよね。

寒い場所にいると血液が冷やされてしまい、冷えた血液が全身を巡ることで、全身を冷やしてしまうんですね。

首や関節を保温することは、血液の温度低下を防ぎ、全身の冷えを防いでくれるんですね。

首にはスカーフやストール、マフラーなどを巻き、手首、足首、肘、膝にはそれ専用のサポーターをつけるのがよいかもしれませんね。

また、足を防寒することも大切で、足先は心臓から遠く、特に冷えやすい場所なんですね。

足には5本指のソックスがおすすめ、足の指をしっかり大きく動かすことができるので、足の血行をよくしてくれ、血液が固まるのを防いでくれるんですね。

いろいろ冬の寒さ対策を考えてみましたが、やりやすいところから試してみてくださいね。

では、では。

スポンサードリンク

烏賊(イカ)の漢字の由来とは

烏賊(イカ)の漢字の由来を調べてみたら

烏賊(イカ)という漢字に、なぜ、烏(カラス)と賊(ゾク)という漢字が入るのでしょうか?

これは、中国の古書「南越志」(なんえつし)に記されているようです。

カラスが水面に浮かんでいるイカを食べようとしたんですね。

そして、カラスが水面に舞い降りたときに、イカは突然長い足をカラスに絡め、水中に引きずり込んでカラスを食べてしまったというのです。

烏を襲う賊、という意味で「烏賊」という漢字になったといわれているんですね。

また、カラスに襲われたイカが墨を吐いて撃退したという説もあり、カラスの真っ黒な羽の色と、イカの黒い墨の色が同じだったことから、「烏」という漢字が使われたともいわれているんですね。

では、本当にイカがカラスを襲って食べるんでしょうか?

いろいろ探してみたんですが、なかなか見つからなかったんですが、タコが鳥を海へ引きずり込む動画が見つかりました。

イカは魚やエビなどを食べて生きているんですね。

そのため、実際に鳥を食べる可能性は低いと考えられるんです。

水中を深く泳ぐウミスズメなどの小型の鳥を、大型のイカが食べる可能性は、ないことはないといえるようです。

ただ、大型のイカの住む水深まで鳥が潜るか?もしくは、夜行性のイカと昼行性の鳥が出会うか?などの疑問はあるようですね。

それを考えると可能性は低いといわれているんですね。

スポンサードリンク

「イカ」の名前の由来とは

イカにはトンビといわれる鋭い口があり、この口の中でものをかみ砕くんですね。

このイカの口を干した干物を「カラストンビ」というんです。

ここでもなぜか、「カラス」という名前が使われているんですね。

さらに、「イカ」という名前の由来も調べてみました。

「厳(いか)めしい」や「厳(いか)つい」など、形が角張っていることが語源の由来といわれているようです。

また、「い」が「白い」を意味し、「か」が「堅い」を意味するともいわれているようです。

では、イカを裂いて干した「するめ」、この語源の由来は何なんでしょうか?

平安時代に墨を吐くイカやタコのことを「墨を吐く群れ」といい、「スミムレ(墨群れ)」と呼んでいたようです。

つまり、「スミムレ」から「スルメ」になったんではないかといわれているんですね。

当時はタコを干した干物も「するめ」と呼んでいたようです。

現在で、「するめ」と呼ぶのは、イカを干したものだけですけどね。

スポンサードリンク

イカを使った言葉の由来などを取り留めもなく

イカ関連では、「イカサマ」という言葉もありますよね。

漢字では「如何様」と書くようです。

その意味は「さも、そのように見える。いかにも本物らしい。」または、「まがい物。偽物。」だそうです。

そして、「イカサマ」の由来についてですが、イカ墨で書いた文字は1年で薄れて消えるらしいんです。

江戸時代には、イカ墨だけを使った墨があったそうです。

この墨で書いた文字は、やがて消えてしまう・・・

この墨汁で借用書を書いて、お金を借りる。

しかし、やがて借用書の内容が消えてしまうんです。

となると、借金がなくなる・・・

また、イカはイカヅノや餌木(えぎ)といった疑似餌でだまして釣ることが多いんですね。

このようなことから、博打でだましたり、ごまかしたりすることを「イカサマ」というともいわれているんです。

さらに、イカの数え方は知っていますか?

イカは「杯(はい)」で数えるんですね。

この「杯」という漢字は、中に水などを注ぎ込める「かめ」の容器を表しているんです。

同じように「杯」で数えるものとして、カニやアワビがいます。

カニの甲羅やアワビの殻も容器のようですよね。

また、「柔魚(じゅうぎょ)」と書いて、何と読むと思いますか?

これも「イカ」と読むようで、タチイカやスルメイカの異名らしいんです。

また、「柔魚」を漢字一字で書くと、「魷」と書くんだそうです。

魚へんに尤と書いて、「イカ」と読むんですね。

さらに、魚へんに柔と書いて、「鰇」これも「イカ」と読むらしいんです。

さらにさらに、魚へんに則と書いて「鰂」、魚へんに賊と書いて「鱡」、これらも「イカ」と読むんだそうです。

もう頭がこんがらがってきますよね。

毎日お酒を飲むとどうなる?

毎日お酒を飲むと脂肪肝などになる

大量の飲酒を続けると、脂肪肝になるといわれています。

脂肪肝の段階では自覚症状がなく、飲酒を止めれば肝臓の状態は良くなるんですね。

しかし、飲酒を続けると、アルコール性肝炎やアルコール肝繊維症になり、発熱や腹痛の自覚症状が出てくるといわれています。

さらに飲酒を続けると、肝障害の末期である肝硬変になるといわれているんです。

また、飲酒によってすい炎を起こすこともあるといわれています。

すい炎には急性すい炎と慢性すい炎とがあり、急性すい炎は死亡につながることもあるといわれているんです。

慢性すい炎はすい臓の繊維化させ、消化酵素やホルモンの分泌を低下させるといわれています。

スポンサードリンク

毎日お酒を飲むことは悪いことだけではない

適量のお酒は、心と身体を健康にするといわれています。

毎日適量の飲酒をする人は、全く飲まない人に比べて、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあるという結果もあるようです。

お酒を飲むと気分がよくなりますよね。

これは大脳新皮質の働きを鈍くさせているんですね。

この大脳新皮質の働きは、合理的で分析的な思考や言語機能をつかさどっているんです。

この働きを鈍くするため、感情や衝動、食欲、性欲など、本能的な働きが活発になるんですね。

ワインやウイスキーの香りにはリラックス効果があり、ビールの原料ホップの香りには気分を落ち着かせるアロマ効果があるといわれているんです。

お酒は悪いだけじゃないんですね。

毎日お酒を飲むとアルコール依存症になることもある

毎日お酒を大量に飲むと、お酒の飲み方を自分でコントロールできなくなるんですね。

飲む量、飲むタイミング、飲む状況などコントロール不能になってしまうんです。

これをアルコール依存症というんですね。

お酒を飲むことが悪いとわかっているんですが、脳に異常が起きているために、お酒を飲むことがやめられなくなるんですね。

アルコールは麻薬と一緒で、薬物の一種なんですね。

毎日お酒を飲むとアルコールに対して、「耐性」ができるといわれています。

飲酒を始めた頃は、少量のお酒で気分良く酔っていたと思います。

しかし、アルコールに対して耐性ができてしまうと、酒量が増えていき、酔った感じがなくなってくるんですね。

すると、ますます飲酒量が増えていくんですね。

飲む時間や飲む場所も気にしなくなってくるんです。

少しでもお酒を口にすると、自分の意思が働かなくなってくるんですね。

ほどよいところで飲酒を止められないと、アルコール依存症になる可能性が高くなるんです。

スポンサードリンク

お酒を飲むと起こる症状とは

お酒を飲むと顔が赤くなりますよね。

血圧が上がり、冷や汗をかいたり、動悸がしたりしますよね。

これらの症状は、体内でアルコールを代謝させる際に発生する「アセトアルデヒド」が原因なんです。

このアセトアルデヒドの作用で、顔などの毛細血管が拡張されて、顔が赤くなるんですね。

また、アセトアルデヒドは交感神経へも刺激を与えるといわれています。

これにより、脈拍が上がり、血圧が上がり、冷や汗が出たり、動機がするようになるんですね。

逆にですね、少量の飲酒は血圧を下げるといわれているんです。

大量の飲酒が血圧を上げるんですね。

原因として、飲酒によって体内に取り込む水分量が増えることや、アルコールが血管系に及ぼす毒性によって、動脈硬化を引き起こしているんですね。

これによって血圧が上がるんですね。

さらに、お酒を飲むと、おつまみを食べますよね。

そのおつまみはしょっぱい塩分量の多いものがおいしいですね。

これらが原因なんですね。

お酒は止めるのは酷ですから、量をほどほどに飲むようにするのがよいのかもしれませんね。

僕も・・・

↓累計1万通のお客様のお喜びの声↓


骨の成分と骨を強くするには

骨の成分とは

骨の成分は、リン酸カルシウムとタンパク質が70%、コラーゲンを主成分とする有機物が20%、そして水分が10%といわれています。


<スポンサードリンク>

骨を強くするには

骨を強くするには、適度な運動と日光浴、栄養が必要なんですね。

栄養はカルシウムとビタミンDが必要といわれているんです。

日光浴はカルシウムの吸収率を高めてくれるんです。

つまり、日光浴によってビタミンDは皮膚で作られ、そのビタミンDがカルシウムの吸収率を高めてくれるんですね。

カルシウムは腸で吸収されにくいといわれているんです。

ですので、吸収率の高い乳製品や小魚、大豆製品がを摂ることがいいんですね。

また、ビタミンKは骨の形成化を促す働きがあるんです。

ビタミンKは納豆やキムチなどの発酵食品、ホウレン草や小松菜に多く含まれています。

そして、骨は常に生まれ変わっていて、骨が古くなると壊され、新しい骨が作られているんですね。

しかし、骨の材料が不足すると、骨がスカスカになってしまい、骨折しやすくなるんです。

さらには、骨粗しょう症になったりするんです。

骨粗しょう症の予防には、カルシウムを1日700~800ミリグラム摂るのがよいといわれているんです。

この量はあんまり厳密に考える必要はなく、例えば、牛乳やチーズ、ヨーグルトや豆腐などカルシウムが豊富なものを、1日に2品食べるようにすると摂れる量なんですね。

また、加工食品で使われている食品添加物には、リンが多く含まれているんです。

このリンを過剰に摂ると、カルシウムの吸収を妨げるんですね。

また、食塩やカフェインの獲り過ぎは、カルシウムを尿で排出する作用があるんです。

また、骨を強くする運動として、骨に負荷がかかる運動が良いといわれているんです。

これもあまり難しく考える必要はなく、日常生活で散歩をしたり、階段の上り下りなどすることを心がければよいようです。

<スポンサードリンク>

カルシウムを摂る工夫とは

1日3食ちゃんと食べるようにするのがよいといわれています。

当たり前のことですが、カルシウム不足はもちろん、栄養が足りなくなると骨も体も弱ってくるんですね。

また、飲み物は牛乳や豆乳を飲むようにすると、カルシウムが多く摂れるようになりますよね。

コーヒーや紅茶にちょいとたらしもいいですよね。

スキムミルクもカルシウムが豊富に含まれていて、効率よくカルシウムを摂取できるといわれているんです。

スキムミルクは牛乳から脂肪分と水分をほとんど全て除去して、粉末状にしたものなんですね。

つまり、牛乳の脂肪分をメインに作られるバターや生クリームの真逆なんですね。

スキムミルクは牛乳の持つ豊富なたんぱく質とカルシウムを濃縮したものなんです。

また、骨まで食べられる煮干しやじゃこ、骨ごとすり身にしたつみれなども多くのカルシウムが摂れそうですよね。

これらをすりつぶして、粉末にしてふりかけにしてもいいかもしれませんね。

ビタミンDを摂るための工夫とは

ビタミンDは野菜や穀物、豆、イモ類には含まれていないんですね。

ビタミンDが多く含まれているのは、魚類やキノコ類なんです。

シイタケは紫外線にあたるとビタミンDが増えるといわれていて、シイタケを食べるときには、料理をする前に天日で干すといいんです。

干しシイタケも天日で干すと、ビタミンDが増えるんですね。

カルシウムを多く摂ったとしても、ビタミンDが少なければ、十分吸収されないんです。

ビタミンKを摂る工夫とは

ビタミンKは納豆に非常に多く含まれているんです。

また、納豆にはカルシウムやタンパク質も多く含まれているんです。

ビタミンKは緑黄色野菜にも多く含まれ、ビタミンKは脂溶性ビタミンなので、油を使った調理が相性がいいんです。

このビタミンKは吸収された カルシウムを骨に取り込むのを助けてくれるんですね。

骨の成分や骨を強くする方法を挙げてみましたが、参考にしてくださいね。

↓カルシウムの吸収率が違います↓