酵母、効果」タグアーカイブ

酵母の効果とはどんなものなんでしょうか

酵母とは

酵母とは、みそ、しょうゆ、酒など発酵食品を作り出すもので、5~10ミクロン(1ミクロンは1ミリの1000分の1)の肉眼では見えない単細胞の微生物(菌類)なんですね。

カビやキノコも同じ仲間で、地球上のあらゆるところに生息していて、1000種類以上いるといわれているんです。

土の中、水の中、植物の葉や花、果実の表面、ほ乳類、鳥類などの皮膚や消化管にも棲んでいるんです。

そしてですね、発酵には酵母が出す酵素の働きが関わっているんです。

酵素とは生き物ではなく、タンパク質でさまざまな化学反応を促す働きを持っているんです。

酵母は物質に作用したときに発生するエネルギーを利用して増殖し、この時に出すのが酵素であり、この酵素によって作用された副産物が発酵食品なんですね。

酵素は体内で消化・吸収・代謝などを行い、酵素が働くからこそアミノ酸やビタミンなどの栄養を吸収し、エネルギーに変えて身体を動かすことができるんですね。

酵素が不足すると新陳代謝がうまく行われないんです。

人の体には体内酵素と呼ばれる酵素が備わっているんですが、一生のうちに作られる量は決まっていて、加齢とともに減少するんです。

酵素が体に不足すると消化不良や便秘、代謝が低下し太りやすい体質になってしまったり、さらには、倦怠感やイライラ、不眠や頭痛なども引き起こしてしまうんですね。

またですね、天然酵母という「天然」というのを聞きますが、これは自然界に存在する酵母を時間をかけて培養して作られたものなんですね。

昔、家庭で作られていたみそ、しょうゆ、にごり酒などは、家や蔵に自生している天然酵母によって作られたものなんですね。

現在のイースト、ビール酵母、清酒酵母は菌を工業的に培養したもので、発酵食品の大量生産をするために作り出したものなんですね。

スポンサードリンク

酵母の効果とは

酵母は食べ物に含まれる糖質をエサにして、炭酸ガスとアルコールに分解しながら分裂して成長していくんです。

つまり、糖質を分解してくれるので、体内で糖質の吸収を抑制してくれる働きがあるんです。

酵母は、腸内でも糖質を分解、吸収、消化、毒素分解を助ける作用があり、さらに免疫力が上がるような酵素を作ってくれたりするんですね。

これによって、体内に侵入した異物に対して攻撃する働きがあるんですね。

酵母にはビタミンB群が豊富に含まれており、新陳代謝を促してくれるんです。

さらに、酵母は人間の小腸に定住して、消化吸収、内分泌系、免疫系の機能を健康的に保つ働きを持っているんですね。

食べたものは消化され、腸から栄養となって体内へ吸収されるんですが、腸の働きは酵素を作ること、ともいえるんです。

この酵素が食べ物や栄養を消化・吸収して老廃物を排泄してくれます。

生命活動を維持しているのが体内酵素で、これらの多くは腸内細菌から作られるんです。

善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌は腸管内に1,000兆個存在しているといわれているんです。

腸内細菌は生活習慣や加齢などによってバランスが崩れることもあり、悪玉菌の数が多くなると免疫力が低下したり、便秘や下痢になったりするんですね。

つまり、腸内環境を整えることが健康な体を作るんですね。

この働きを促進してくれるのが、酵母なんですね。

小腸は栄養の消化・吸収を行うところで、6mの細い管状になっており、胃から送られてきた食べ物を受け入れ、胆汁やすい液に含まれる酵素等で分解・消化して腸壁から吸収され、血液に流れていくんです。

小腸でも健康を保つために働いているのが、腸内細菌のひとつである酵母なんです。

大腸は水分の吸収と便を形成し、排泄する働きがあるんです。

大腸は1.5mほどで小腸の2倍の太さをしているんです。

便の水分を吸収しながら24時間から48時間かけて排泄物を出口まで運ぶんですね。

大腸で働くのが腸内細菌で、大腸の中の腐敗を防いだり、抵抗力を高める働きをするんです。

腸内細菌の中で体にとって良い役割をしてくれるのが善玉菌で、悪い働きをするのが悪玉菌といわれるものなんです。

腸内では善玉菌と悪玉菌がバランスを保って棲んでおり、善玉菌の主たるものが発酵食品に含まれている酵母菌、麹菌、乳酸菌などなんですね。

酵母菌は主に小腸に棲みついて腸管内のタンパク質の腐敗を止め、脂肪やデンプンの分解に働き、さらにビタミンやアミノ酸、酵素、ミネラルを作り供給してくれるんですね。

悪玉菌は腸内の腐敗、発がん物質や毒素の産生など有害な作用をもっているんです。

腸内を健康へ保つには、善玉菌優位の腸内環境にしていくことが大切なんですね。

酵母についていろいろ話しましたが、参考にしてくださいね。