二重まぶた、自力、簡単、方法、アイプチ、男」タグアーカイブ

二重まぶたを自力で簡単に作る方法は?アイプチで作る?男は?

二重まぶたを簡単に自力で作る方法

一重まぶたと二重まぶたの違いは、まぶたの皮膚が折り返るか、返らないかの違いなんですね。

一重まぶたの人はまぶたを折り返りやすいようにすることが、二重まぶたを作る方法なんですね。

まぶたを折り返りやすいようにすることが、自然と二重まぶたになっていくんです。

それにはまず、まぶたのむくみをとることが大切なんです。

マッサージや温タオル、冷タオルを使ってむくみをとっていきます。

マッサージは目の周りを軽くたたいていき、指でなぞっていき、押していきます。

これを3分ぐらいやっていると、目の周りの血流がよくなったいき、温かくなっていきます。

また、温めたタオルと冷やしたタオルを交互に目の上に当てます。

これも目の周りの血流をよくしてくれますので、これだけでもむくみが取れるんですよ。

次に二重まぶたにしたいラインを決めていきます。

まぶたのどの辺りで折り返るのがよいのかを決めます。

自然にまぶたが折り返りやすいラインにしたほうが、二重まぶたになりやすんですね。

次に決めたラインに沿って、爪楊枝やヘアピンでなぞります。

痛みを感じない程度に軽くなぞります。

毎日なぞって皮膚が折り返りやすいように癖をつけていくんです。

1日2回、朝晩3分くらい、無理のない範囲でやっていくんです。

また、絆創膏でアイテープを作る方法もあります。

肌に長時間貼る絆創膏なので肌荒れの心配もなく、しかも低価格ですよね。

まずはまぶたの皮脂をコットンやテイッシュ、油取り紙などで拭き取ります。

次に絆創膏のはく離紙がついたまま、アイテープのような形にハサミでカットします。

カットした後、はく離紙をはがし、二重にしたいラインに貼ります。

これで二重まぶたの癖付けをするんですね。

スポンサードリンク

二重まぶたをアイプチで作る

アイプチは液体をまぶたに塗って、二重を作るコスメなんですね。

なりたい二重幅の位置をプッシャーで押し当てながら、目を開いたり閉じたりしながら決めるんです。

初めての人はなりたい二重幅に、茶色いアイライナーで線を描いてからやるとやりやすいんですね。

二重幅が決まったらアイプチを二重ラインに沿って、薄く塗っていきます。

このときアイプチをつけすぎないように気を付けます。

液体が半透明になってきたら、プッシャーを二重幅に押し当てて、まぶたを食い込ませるようにするんですね。

のりが完全に乾いたら完成で、何度も触らないようにしてくださいね。

アイプチを上手に使うコツは、アイプチを使う前にまぶたの皮脂をふき取ることが大切なんですね。

このひと手間でアイプチが崩れにくくなるんですね。

メイクの後だと化粧品の油分で取れやすくなるんですね。

ですので、アイプチはメイクの前にやるほうがいいんですね。

また、アイプチの液体は塗りすぎないようにするんです。

アイプチを塗るハケについている余分な液は、入れ物のふちで適度に落として、ハケが透けるぐらいがちょうどいいんですね。

液体をつけすぎるとダマになったりするんです。

丸目にしたいときはプッシャーをまぶたの真ん中から目頭へ食い込ませます。

平行二まぶたにしたいときは、目頭から真ん中へ食い込ませるんです。

スポンサードリンク

二重まぶた整形を選ぶ?

二重まぶた整形をする際には、病院選びがやはり大切なようですね。

丁寧なカウンセリングをしてくれるところ、さらに施術後のアフターケアがしっかりしているところを選ぶようにすることが大切なようです。

カウンセリングは、どういう二重まぶたするかを決めたり、金額や施術をする日にちなど決めるんですね。

また、ブジーという仮想の二重ラインを作る医療器具を使って、二重整形をしたらどうのようになるかがわかるんですね。

そして、自分が理想としている二重まぶたを選ぶんですね。

アフターケアについて、施術後の腫れはつきもので、しかも希望していた二重にならなかった場合など、必ずしもトラブルがないわけではないんですね。

そんなときにアフターケアが大切なんですね。

カウンセリングのときに、整形施術後の保証内容を確認しておくようにしておくんです。

カウンセリングの印象がよいところ、保証内容が充実しているところを選んでくださいね。

ところで、二重手術は切開しなくてできるんです。

皮膚を切らずに糸をまぶたに埋め込む手術を埋没法というんです。

メスを使わなくても短時間での手術が可能なんです。

まぶたの内側から糸を止めるので、傷跡も残らないんですね。

メスを使って行う手術を切開法というんです。

しっかりした二重ラインを作り、半永久的に形を保つことができるといわれているんです。

埋没法の平均費用は2万円~10万円で、糸で固定する箇所や止める箇所が増えると金額が変わるようですね。

切開法の平均費用は20万円~30万円のようです。

カウンセリングとアフターケアですからね。



男も二重まぶたにする?

100人の20代~30代の女性にアンケートをしたそうです。

男性の一重まぶたと二重まぶたのどちらが好きか、というアンケートで一重まぶたが好きと答えたのが32%、二重まぶたが好きと答えたのが68%だったようです。

二重まぶたの男性のほうが好まれる傾向があるようですね。

男性が二重まぶたにする場合、アイプチに抵抗があるかもしれませんね。

アイプチを使ったのがばれるのが、嫌だったりするんですね。

寝ている間に癖付けできるアイプチもあるので、これがいいかもしれませんね。

癖付けするので本当の二重まぶたを作ることができて、アイプチがばれることも少ないようです。

ですので、男性には夜用のアイプチがおすすめかもしれませんね。

アイプチは顔の中でも特に敏感な目の周りの皮膚に、直接塗り付けますよね。

人間のまぶたは非常に敏感な部位ですので、アイプチは使い捨てではなく毎日継続的に使うことになりそうですから、値段よりも質で選ぶことが大切かもしれませんね。

もし、アイプチを使ったと疑われたときは、「目のマッサージをするようになって、目のむくみがとれた」とでもいえばいいんです。

継続して使うことで癖付けをするので、一晩でくっきりと二重まぶたになるものではないので、それほどばれることを心配する必要もないんですよ。

早く癖付けしたい場合には日中も使ったほうがいいので、1日お休みの日や長期休暇中は日中も使うほうがよいかもしれませんね。

日中使った場合には、一度落としてから、また夜に塗り直すようにしてくださいね。

二重まぶたを作ることはそれほど難しいことではありませんので、参考にしてみてくださいね。