仕事のストレスを解消するセロトニンとは

仕事のストレスを解消するセロトニンとは

仕事のストレスを解消するセロトニンとは



仕事のストレスを解消するセロトニンとは

仕事でストレスを感じない人などほぼいません。

しかし、ストレスを感じる度合は人によって違い、たくさんのストレスを抱えていても上手に発散できる人もいれば、少しのストレスでも溜め込んでいっぱいいっぱいになっている人もいます。

ストレスを溜め込みすぎると心も体も壊れてきます。

このストレスは、実は脳内の神経物質のセロトニンが関係しているのです。

このセロトニンが、きちんと分泌されていると落ち着きや心地よさ、満足感などを感じることができると言われています。

反対にセロトニンが不足してしまうと、精神のバランスが崩れてしまい、イライラしやすくなったり、気持ちがモヤモヤしてしまったり、落ち込みやすくなったり、暴力的になったり、うつ病を引き起こしてしまうこともあります。

セロトニンの約90%は小腸に存在しており、約2%が脳内の中枢神経に存在しています。

この2%のセロトニンが人間の精神に影響を与えているのです。

そして、セロトニンを作り出すには、材料となる栄養が必要になります。

特に、トリプトファンビタミンB6という栄養が必要になります。

トリプトファンは、セロトニンの材料となり、ビタミンB6は、セロトニンの合成を助けます。

セロトニンを作り出すために必須な栄養素はこの2つになりますが、セロトニンの分泌を促す栄養素も必要になると考えると、2つの栄養素の不足を防ぎつつ、バランスの良い食事を摂ることが大切なのです。

トリプトファンビタミンB6を含む食べ物は次のものです。

トリプトファンを含む食べ物

ヨーグルト、プロセスチーズ、豆乳、納豆、赤身魚、ごま、そば、バナナ、白米、肉類などです。

ビタミンB6を含む食べ物

鶏ひき肉、牛肉、とうがらし、にんにく、ピスタチオ、きなこ、まぐろなどです。

また、他にもセロトニンを増やす方法はあります。

ストレスを取り除くには、セロトニンを活性化する生活習慣が大切です。

セロトニン神経を活性化する基本は、太陽の光を浴びることとリズム運動をすることです。

つまり、朝、太陽を浴びて、30分程度ウォーキング をすることです。

セロトニン神経を活性化するには、疲れない程度というのが大事で、その時間が30分なのです。

ですので、1時間歩くよりも、15分から30分、集中して歩くのがよいのです。

セロトニンを増やすコツとしては、いまウォーキングしていることに集中することです。

リラックスして風景を見ながらウォーキングしたりするのは、あまり効果がありません。

また、セロトニン神経を活性化するには継続が大切で、すぐには効果が出ないのです。

一時的にセロトニンが多く分泌されても、余分なセロトニンはセロトニン自己受容体というところの働きで抑えられてしまうのです。

また、セロトニンがある程度多い状態になっても、時間がたてば徐々に元に戻っていきます。

セロトニンを多い状態で維持するには、数日間セロトニン神経に刺激を与えるだけでは足りないのです。

継続的にセロトニン神経を活性化して、セロトニン自己受容体を繰り返し刺激し続ける必要があります。

すると、セロトニン自己受容体の数が減少していくのです。

セロトニンをある程度高いレベルに保つためには、セロトニン自己受容体の数が少ないほうがいいのです。

そのためには、ウォーキングなどのリズム運動などを短時間でも続けることが大切なのです。

できれば、最低3カ月は続ける必要があります。

セロトニン自己受容体を調節する遺伝子が変わるのに、3か月ぐらいはかかるからです。

効果が実感できるようになるのは、1〜2ヵ月程度してからです。

あまり効果が出ないからと、中断せずに続けることが大切なのです。

このセロトニンを増やすことによって、ストレスを取り除いていくのです。

仕事をしていれば、ストレスがなくなることありません。

ストレスがあれば、どうしても嫌な気分になったり、不安になったりするものです。

それが当り前なのです。

ただ、それが続くようだと病気がちになってしまいます。

人が生きる目的は楽しく生きることです。

毎日を楽しく生きるためには、セロトニンを増やしていくことなのかもしれませんね。

カテゴリ
ストレスとは
適度のストレスは大脳を働かせる
ストレスを脳の中でおさめる神経
ストレスで受ける脳や体の反応
依存症はドーパミンが出すぎ
脳内の暴走を止めるセロトニンとは
脳内のセロトニンの仕組み
ストレスの気持ちを切り替える脳
ストレスをためてしまう人とは
悲観的や暴力的な人の脳の仕組み
怒りがおさまらない人の脳
うつの原因はパソコン生活?
ストレスを受けたとき何が起こるか
ITがストレスに弱くなる脳を作る
うつ病の原因は自分ではわからない
認知症は相手の感情は理解している
認知症の進行を遅らせる介護とは
認知症は記憶障害でも自尊心はある
ストレスフリーな隠居がストレスになる
老後は外に出て刺激を受ける
老後の目標はドーパミンを活性化
老後の恋でドーパミンを活性化
2つのストレスと2つの幸せとは
豊かな生活でドーパミンの行き過ぎ
日本人は自然と共に暮らしてきた
日本人しかできない付加価値
日本人のもてなす心とは
ストレスを受け流す生活習慣
セロトニンを活性化するには継続
泣くことで感情がリセットできる
ストレスを目標に変えると
仕事と学習は脳の働きが違う
ストレスをコントロールする
深い睡眠を誘うメラトニン
家族の団らんはストレスを解消させる
女性の脳と母親の脳とは
心を安定させるオキシトシンとは
コミュニケーションでストレス解消
高齢者の孤独死を防ぐ
銭湯でストレスを解消
人間関係がうまくいっていると脳も元気
リンク集
Copyright (C)仕事のストレスを解消するセロトニンとはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします