手のツポで目の疲れをとる

スマホやパソコンでの目の疲れにブルーベリーが効果がある

手のツポで目の疲れをとる

スマホやパソコンでの目の疲れにブルーベリーが効果がある>手のツポで目の疲れをとる

めぐりズム  蒸気でアイマスク  疲れ目シャキッと!

パソコン・スマホ用メガネ  ブルーライトカットメガネ

手のツポで目の疲れをとる

目の老化からくる疲れには、老眼点と養老という目の特効ツボの一帯を刺激するとよく効きます。

老眼点のツボは手のひらの小指の付け根の横じわの中央に、養老のツボは手の甲の手首の小指側にある丸く出っ張った骨の下のくぽんだ部分にあります。

これらのツボの一帯を押しもみします。

このツボ刺激は老眼が進んだり、そのために日が疲れやすい人にすばらしい効きめがあります。

老眼が進んだせいで目が疲れやすい人は、これらのゾーンを強く押してみると痛みを感じるはずです。

この痛みを感じる場所を毎晩10〜20回押してください。

疲れ目への効果は早くあらわれますが、老眼は簡単にはよくなりません。

けれどもこの刺激を毎日実行していると、白内障の予防にもなります。

スマホやパソコンによる目の疲れは、チカチカする画面を長い間凝視しているために起こるのももちろんですが、それ以外に静電気の作用で集まるゴミやホコリが、目の疲れを引き起こす大きな原因になることがあります。

そんな場合に最も効果的なのが、手の甲の眼点を中心としたゾーンです。

限点の正式な名称は大骨空といい、眼球表面の膜と密接な関係を持っています。

親指を曲げて山になった関節の中央のくぽんだ部分が眼点です。

ここを中心としたゾーンは、昔から目に異物が入って障害が起きたときによく効くゾーンとして使われていたそうです。

ですから、スマホやパソコンが原因で起こる目の痛み、充血には最適な治療ゾーンといえます。

目に疲れや痛みを感じたら、眼点から爪の生えぎわのゾーンをよくマッサージします。

特に痛いほうの目があれば、そちら側の親指を重点的に行ないます。

カテゴリ
疲れ目や目の奥の痛みや眼精疲労の症状とは
充血などから目の病気が起こる
手のツポで目の疲れをとる
疲れ目のときは目頭とこめかみを押す
目の周囲をマッサージして疲れ目を改善する
手の甲にあるツポにお灸をして眼精疲労を改善する
疲れ目の原因は歯の噛み合わせにもある
目の疲労の改善に耳を引っ張る
目の疲れの原因は疲労とストレスにもある
交感神経をリラックスさせ眼精疲労をとる
骨盤を刺激して疲れ目を解消する
まぶたを温めて眼精疲労をとる
カイロを目に当てて目の疲れをとる
目の周りの緊張をほぐすと目の疲れがとれる
仁丹をツポに貼り疲れ目を改善する
10円玉と1円玉で目の疲れをとる方法
目の周りを棒でツボを刺激して目の疲れをとる
疲れ目に効くドリンクとは
サフランにに含まれるクロセチンが目の疲れに効く
手の指の股を引っばると視力が改善する
視力回復のためにアキレス腱をマッサージする
リンク集
Copyright (C)スマホやパソコンでの目の疲れにブルーベリーが効果があるAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします