目の周りを棒でツボを刺激して目の疲れをとる

スマホやパソコンでの目の疲れにブルーベリーが効果がある

目の周りを棒でツボを刺激して目の疲れをとる

スマホやパソコンでの目の疲れにブルーベリーが効果がある>目の周りを棒でツボを刺激して目の疲れをとる

めぐりズム  蒸気でアイマスク  疲れ目シャキッと!

パソコン・スマホ用メガネ  ブルーライトカットメガネ

目の周りを棒でツボを刺激して目の疲れをとる

目の疲れが原因で起こる症状には、家庭にある菜箸で作ったツボ刺激棒で目の周りを押してやるとずいぶん楽になります。

菜箸の太いほうから9pくらいのところで切り落とし、切り落としたほうをサンドペーパーでこすって、なめらかにします。

10p四方に切ったストッキングで脱脂綿を球形状に丸めるようにして包み、てるてる坊主の頭を作る要領で菜箸の頭にのせて首の部分をたこ糸できつくしばり、形をととのえてでき上がりです。

このなめらかにした菜箸の先端部を使って、目の周りの骨に沿って押していきます。

目じりから目の下、目頭、目の上、そしてまた目じりへと円を描くように、骨の縁に沿って押していきます。

右目は右手で、左目は左手で押すのが原則です。

目じりの部分を押すときは菜箸を横に持ち、菜箸の側面が目じりに当たるようにして、後頭部に向かって力を入れる感じで押します。

菜箸を顔面に対して垂直に構えて押すと、眼球を傷つける心配があるので注意が必要です。

また、目の下の半円に相当する骨を押す場合は、菜箸を上から下に向かって当てて押し、反対に、目の上の半円部分に相当する骨は下から上に向かって押します。

最後に、目頭の部分は骨の上を押します。

この場合は菜箸を鼻筋に向かってやや斜めに持って押します。

目の周囲が終わったら、今度はこめかみと側頭部、そして後頭部で頭のてっぺんに近いところをゴリゴリと押します。

もし、痛みを感じるところがあれば、菜箸でこするように押します。

また、スマホやパソコンの使いすぎで目が充血するなど、眼精疲労に悩まされている人はたいへん多いものです。

現代生活にともなうストレスも、視神経に負担をかけています。

眼精疲労をやわらげるには、視神経と目の周囲の筋肉の緊張をほぐし、「気」(一種のエネルギー)の通りをよくすることがたいせつです。

そこで効果的なのが、左右のこめかみを低周波で刺激する療法です。

左右のこめかみのくぼんだところにある太陽穴というツボに低周波治療器を当てます。

低周波ツボ刺激を行うのは、寝る前の10分間、あおむけになり、目を閉じてリラックスした状態で行い、毎日つづけるようにします。

カテゴリ
疲れ目や目の奥の痛みや眼精疲労の症状とは
充血などから目の病気が起こる
手のツポで目の疲れをとる
疲れ目のときは目頭とこめかみを押す
目の周囲をマッサージして疲れ目を改善する
手の甲にあるツポにお灸をして眼精疲労を改善する
疲れ目の原因は歯の噛み合わせにもある
目の疲労の改善に耳を引っ張る
目の疲れの原因は疲労とストレスにもある
交感神経をリラックスさせ眼精疲労をとる
骨盤を刺激して疲れ目を解消する
まぶたを温めて眼精疲労をとる
カイロを目に当てて目の疲れをとる
目の周りの緊張をほぐすと目の疲れがとれる
仁丹をツポに貼り疲れ目を改善する
10円玉と1円玉で目の疲れをとる方法
目の周りを棒でツボを刺激して目の疲れをとる
疲れ目に効くドリンクとは
サフランにに含まれるクロセチンが目の疲れに効く
手の指の股を引っばると視力が改善する
視力回復のためにアキレス腱をマッサージする
リンク集
Copyright (C)スマホやパソコンでの目の疲れにブルーベリーが効果があるAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします