うつ病の特徴と見た目はどんなものでしょうか

うつ病の特徴はどんなものでしょうか

うつ病の特徴としては、脳のエネルギーが欠乏した状態で、憂鬱な気分になったり、食欲、睡眠欲、性欲などの意欲が低下するんですね。

脳のエネルギーの欠乏により、脳のシステム全体にトラブルが起こってしまうんです。

生きていれば憂鬱な気分になることや、嫌なことがあれば意欲が落ちることもありますが、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって次第に元気になるんですよ。

しかし、時間が経過しても改善しない、ましてや悪化していく。

これがうつ病なんですね。

うつ病になると、仕事、家事、勉強などの社会的機能が働かなくなるんですね。

うつ病の特徴としては、何種類かの分類があるといわれ、メランコリー型、非定型、季節型、産後うつ、などに分けられているようです。

メランコリー型は典型的なうつ病といわれ、良いことがあっても気分が晴れない、明らかな食欲不振、体重減少、朝に気分が落ち込む、早朝に目が覚める、過度な罪悪感がある、などの症状があるようです。

非定型の特徴として、良いことには気分が良くなる、食欲は過食傾向で体重が増加する、過眠、ひどい倦怠感、他人の批判に過敏、などの症状があるようです。

季節型の特徴として、特定の季節にうつ病を発症し季節の移り変わりとともに回復するいう症状なんですね。

産後うつの特徴として、産後4週間以内にうつ病を発症するといわれているんです。

これはホルモンの変化や分娩の疲労、子育てに対する不安、授乳などによる睡眠不足が原因だといわれています。

スポンサードリンク

うつ病の周囲からの見た目はどんなものでしょうか

うつ病の人の周囲からの見た目について、表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着きがない、飲酒量が増えている、などのようです。

もし、このような症状がみられるなら、うつ病を疑う必要がありそうですよね。

また、うつ病の初期症状として挙げられるのは、朝早く目が覚めてその後眠れない、朝目が覚めても全てが面倒になる、集中できずやる気がどうしても出ない、すぐ疲れる、午後からは比較的調子が上がる、人と関わりたくなくなる、食欲がわかない、寝付けず寝ても必ず夜中に目覚める、などです。

こんな症状が2週間以上続くと、うつ病の可能性が高いといわれているんですね。

うつ病の原因とは何でしょうか

実は、うつ病の原因ははっきりとはわかっていないようなんですね。

脳の中で、感情をコントロールする神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことが一因だといわれているんです。

脳は無数の神経細胞で構成されていて、これらの神経細胞は神経伝達物質を介して、さまざまな情報を伝え合い、複雑な働きをしているんですね。

しかし、ストレスを抱えていたり、心と身体が疲れていたりすると、神経伝達物質の量や働きが十分でなくなってくるんですね。

うつ病に関係している神経伝達物質は3種類あるといわれています。

セロトニン、ノルアルドレナリン、ドパミンといわれる神経伝達物質なんですね。

これらがバランスよく働くことによって、脳の機能が健全に保たれているんですね。

過剰なストレスや過労は、これらの物質を減少させ、喜怒哀楽のコントロールができなくなるんですね。

神経伝達物質には、興奮型と抑制型の2つのタイプがあるといわれています。

興奮型は情報を受け取る側の受容体に働きかけ、神経細胞を興奮させる働きがあるんです。

抑制型はその反対の働きをしてくれるんですね。

セロトニンは抑制型、ノルアルドレナリン、ドパミンは興奮型なんです。

スポンサードリンク

セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンの働きとは

セロトニンの働きは、睡眠や体温調節、時差ボケの解消などの生理機能、歩行や咀嚼、呼吸などのリズム運動、消化管の運動などを促す働き、心のバランスをとってくれる、などといわれています。

セロトニンを増やすには、太陽の光を浴びたり、睡眠をとる、肉、牛乳、納豆などタンパク質(必須アミノ酸)摂ることが大切なようですね。

ドパミンの働きは、身体をスムーズに動かしたり、やる気、意欲を起こさせたり、目標を達成した時の満足感、興奮などを作り出す、などといわれています。

ノルアドレナリンの働きは、俊敏な運動を可能にする、気分を高揚させる、などといわれています。

うつ病の治療とは

うつ病は脳のエネルギーが欠乏して起こるため、使いすぎてしまった脳を十分に休ませることが大切だといわれているんですね。

うつ病になる人は生真面目な人が多いといわれていて、休むことに抵抗感や罪悪感を感じる人が多いようなんですね。

しかし、うつ病が病気であることを十分に理解して、休養することが大切なんですね。

また、うつ病の治療として、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などの薬物療法があるようです。

抗うつ薬は、脳の中のセロトニンやノルアドレナリンの働きを高め、抑うつ気分を取り除き、気分を高め、意欲を出させ、不安や焦燥感を取り除いてくれる効果があるようです。

抗不安薬は、不安を緩める働きがあり、不安や焦燥感が強い場合に抗うつ薬と一緒に飲むようです。

睡眠薬は、睡眠障害がある場合に処方されるようです。

いろいろうつ病について調べてみましたが、うつ病の症状などがある場合には、覚悟を決めて休養することが大切なようですね。

↓セロトニン不足を解消するには?↓